演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

音楽

Route 0

今日は、昨日に引き続き、N響B定期の二日目本番。
明後日、横浜にて同じプログラムの公演があるので、まだ終わりではありません。ちゃんと忘れないようにしておかなきゃ。

さて、今日は(も?)リサイタル話。新曲「Route 0」についてです。
この曲、僕の作品を聴いたことがある方なら、必ず「あぁ、タケシマの曲だね〜。」とおっしゃるはず。自分でも「あぁ、やっぱりこうなるかぁ。」って感じです。(笑)
どちらかというと短調の曲が多くて、暗いわけじゃないけど、何かちょっと重ためな、でも前向き、みたいな。。。
なんでだろう。性格、暗いかなぁ。。。 。。。 。。
今回の為のマリンバソロの新曲は、計3曲ですが、どれもマリンバならではというより、ちょっとピアニスティックだったり、オーケストラちっくだったり、、、なんか、規模を大きく大きく書こうとしてしまいます。
心がけていることは、マリンバでマリンバの良さも伝えつつ、でも「マリンバ」というものが前面に出すぎず、「曲」や「メッセージ」がまっすぐ届くように、ということ。
マリンバの長所や短所も考えながら、何を伝えたいかを最優先に、いつも書いています。

「Route 0」のプログラムノートより。
人間はあらゆる路を使って、地球上の何処へでも行くことが出来るようになりました。何処へでも行くことが出来るなら、何処からでも帰ってくることが出来る。
「人生」という路以外は。

ね。え? よくある感じ?(笑)(泣)

Sound gardenという、自分のリサイタルシリーズを始めようとしている僕自身の未来の「路」を、表現できたらいいな、と思っています。
いや、未来の路を、そんなに暗く捉えてはいないんだけどね。(短調、重め、深刻系。笑)

みなさん、お楽しみに!!

Midnight Breeze

今日も一日終わろうとしています。
最近、はやいなぁ、、、時間が過ぎるのが。
あっという間に9月ですもんね。。。

さて、今日はリサイタルの話。新曲Midnight Breezeについて。
僕って、ホント夜が好きで、夜になると気分がよくなる。(笑)
いや、気持ちの良い朝も賑わう昼も好きだけど、
何だか夜って、僕にとっては特別。
昔っから、宵っ張りの朝寝坊だったんだよなぁ。
そんな夜好きな想いを、そのまま曲にしました。

友達と楽しく酒を呑み交わし、寝静まった街を独り歩く。
火照った心も身体も徐々に落ち着きを取り戻し、
安堵感と少しの虚脱感に浸りながら、夜の風に吹かれます。
(プログラムノートより)

夜というものをどう表現するかかなり悩んだんだけど、
「夜が好きなんすよね〜。」ってフレーズばかりが出てくるもんで、
「夜」「静か」「闇」「星」などという連想ゲームはほどほどに
一気に書き上げてしまいました。
ちょっとピアニスティックな、甘系。(恥)(笑)

でもさ、いつものことなんだけど、、、
弾いてみると、うわ、む、む、む、難しい!! (汗)
難しいものを汗だくになって弾いてたって、
こりゃ「夜」じゃないよな。

でも、ここで妥協せず(書き直したりはしない!!)、
さらってさらって(さらう=練習する)、涼やかな顔で弾けるように頑張ろう。
あ、本番、汗はかいちゃうかもだけど。。。
きっと、僕の夜好きがわかってもらえると思います。

みなさん、夜は好きですか?

充実。

今日、サイトウキネンフェスティバルで、僕が参加している一つの本番が終わりました。

武満徹メモリアルコンサートというもので、ギターのスペシャリスト鈴木大介さん、 チェロの上村昇さん、フルートの岩佐和弘さん、ヴィブラフォン竹島で、 鈴木大介さんアレンジの武満映画音楽作品を演奏しました。

この4人が集まるのは、今回が初めて。 一昨日、昨日と、短い時間ながらも、とても密度の高いリハーサルで 音合わせ心合わせをして、今日の最高の本番を迎えました。

もう、言葉に出来ないくらい、充実していました。 美しい音楽をありがとう。武満徹さま。。。。。

N響でも武満作品はよく演奏していたし(特に今年2月には、オケのソリスト、ね)、 とにかく、大好きな作曲家なので、今回また「初めまして」な素晴らしい メンバーと演奏できて、本当に幸せでした。

このコンサートには、やはりギターのスペシャリスト荘村清志さんや、 Brandon Rossさん、ツトム・タケイシさんも出演されており、 それぞれ素晴らしいセンスを発信していらっしゃいました。

僕って、感動屋で言葉知らずなので、 何と言っていいか、どんな言葉がいいのか、よくわかりませんが、

ホント、音楽やっててよかった。

十分十二分に栄養をいただきました。 あぁ、余韻で眠れないかも。。。

松山着

おぉっ、無事松山に着きました。
ホント、よく着いたな。よく飛行機に乗れたな。(汗)

前述の宅急便車検弁当も、得意の大汗かきながら全て無事クリア。よくやった!
飛行機の自分のシートにたどり着いて、ホーッと安心溜息をついてたら、あっという間に松山でした。
危ない、せっかく買った弁当、喰いそこなうとこだった!(笑)

ホテルに着いたら、早速繰り出さず、しこしこ譜面書き。
そう、旅に来ても、全然リサイタル準備です。(二ポンゴおかしい。汗)
また、ちょっと思い付いちゃってね〜。そういう時は、書いちゃわないと。

あ、飯喰ってない。弁当喰ったからいいか。。。(泣)

もしかしてもしかして、この旅は、旨いもん喰いまくりガハガハ楽しいな!にはならないかもなぁ。

でもね、全てにおいて頑張りますよ。頑張って、旨いもん喰います!(それカヨ。笑)

みんな、頑張るぞ〜!
と、巻き添えにしてみました。マル。

こんにゃろめ〜!!

060821_174345_ed_m

とことんトントコすっとことん、練習してきました。
ちょっと気分を変えるために、スタジオを借りてみました。
ん〜、やっぱり、いくら個人練習とはいっても、部屋の広さはそこそこ必要だよなぁ、と実感。
もちろん、耳の為にもそうだけど、精神的に全然違うんだなぁ。
今なんか、ただでさえ、追いつめられ感120%だのに!!
あぁ、はやく家建てたい。。。


リサイタルで演奏する、唯一の既成マリンバソロ「Velocities」。
ずっと前からやってみたかった曲だけど、、、
ずっと前の若〜い頃?に、一回やっておけば良かったなぁ。(笑)
今となっては、暗譜するのに一苦労二苦労。
まぁ、今の方が、自分なりのさらい方をわかっているから、
結果短時間では済むんだけどね。
この、暗譜という「身体に入れ込む」までの時間が
予想以上にかかりまして、、、

こんにゃろめ〜!!
楽譜ごと喰ってしまうぞぉ〜〜!! (ドラちゃんの暗記パン風)

で。
今日、やっとクリア。
よし、ここまで来たら、こっちのもん。
ここからが面白いんだからぁ!! どうやって料理していこうかな。
今回は、あそこをこうして、ここはああして、、、
っていうのが、音楽家のリハーサル段階における、
とても難しく、とても大変で、とてもとても楽しい作業の一つです。

さぁ、他の曲も頑張るぞ!!

ふぅっ。。。

まった明るくなってきおった。
歳重ねると、時間が経つのが速くなるなんて言うけど、
まさしくその通りだな。
時はどうして、そんなに急ぐのか。(プチぷちポエム)

曲書きの脳みそは、そろそろ停止。
ん〜、絞っちゃだめなんだな。
自然にしたたる雫だけを、、、じゃ無理なんだけど。 (ポエムにならず)

ようやく、リサイタルに関して、演奏のことだけに集中出来る
環境になってきたので、ずいぶん楽になりました。
ただ、8/23から長旅に出てしまうので、その前までに
いろんな目途をつけておかないと。
旅に出ちゃうと、羽伸ばすしかないからな。
だって、ホテルの部屋に3m近い楽器は持ち込めないし。

ん〜、頑張ろう。
明るくなってきたけど、ちゃんと午前中なうちに起きよう。

しばし充電。おやすみなさい。。。

かっきかき。

ちょい仕事終わり、ただいま家で汗かっきかき!!
リサイタルで演奏する自作曲、書っきかき!!

あぁ、はやく楽譜にしちゃわないと、
アイディアさんが、どっかにいっちゃうよ〜!!

こういうの、タイミングっすよね。
ちょっと、やっちゃいます。
しばし、ご歓談を。。。

落ち着いたら、また来ま〜す!!

Goldrush

昨日も書きましたが、今日は9/26のリサイタルで萱谷君(カヤ)と
演奏する、「Goldrush」のリハーサルでした。ち〜かれた!!

この曲は、J.T.フェルドフイスという作曲家が、デンマークの
激スゴ打楽器2人組 Safri duo の為に書いた傑作。
打楽器奏者2人で演奏しているとは思えないような、
壮大なサウンドが魅力で、純粋にかっこいい曲です。
打楽器奏者2人は、たっくさんの楽器を並べまくった中に
入り込んで、あっちこちを向いてあっちこちの楽器を
ひたすら叩く。バカスカもあれば、ゆったりもあったり。
どうしてもビジュアル的な面白さに目がいきますが、
そういった派手さだけではなく、そこから出てくる数々の
音楽が、またちゃんと面白い。僕の大好きな曲の一つです。

演奏技術から楽器選び、セッティングや身体の使い方に至るまで
とにかく、超がつく難曲の部類に入ると思うんだけど、、、
実は、カヤと一緒に10年前くらいから挑戦し続けているんです。
初体験(!!)は大学生の頃でしたが、その後も、お互い色々なシーンで
経験したことをどんどん盛り込んでいって、確実に「レパートリー」として
育っていっています。
毎回課題を決めて、2人で戦いに挑む。
うん、まさに戦っているっていう感じです。曲に勝負!! 己に勝負!!

9/26、絶対にかっこいい「Goldrush」をお届けします!!
お楽しみに!!

充実したリハーサルを終えて、頑張らなきゃ感が一層高まった
たけしまでした。今日は、ちょっとまじめでしょ? (いつも、も!!)