演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 2012年、最初で最後 | トップページ | 良いお年を!! »

合掌

ご無沙汰しております。
皆さま、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか?

2月23日、母が逝きました。
この件に際し、たくさんの方々からあたたかいお気持ちをいただき、
心から感謝し御礼申し上げます。ありがとうございました。
また、ご連絡を出来なかった方には、大変失礼いたしました。
申し訳ございませんでした。

母の癌との闘いは、5年強に及びました。
67歳になることが出来た矢先に逝きましたが、母得意の意地で、最期の最期まで頑張り続け、
自宅に居たいという望みどおり、最期自宅の布団から逝きました。

最期の1年は、父や兄夫婦、ケアサポートや訪問医の方々、時々僕、の看病のもと自宅で過ごし、ついに眠りました。
逝ってしまう瞬間、僕は30分のズレで立ち会えませんでしたが、母の寝顔は非常に穏やかでした。
逝く直前は大変だったらしいですが、闘い抜いて逝ったあと、あんなに穏やかな表情になれるのなら、やっぱり、望み通り自宅から逝けて良かったんだな、と思います。


僕個人として。母が死んだということに、少なからずともショックを受けましたが、
それよりも「ようやく苦しまなくて済むんだね、良かったね!!」と言葉をかけ続けています。
もう、痛くも痒くもなく、あちこち飛び回れるね、って。

生前、母は僕のコンサートに来ることが大好きだったし、闘病中も、何とかして行く!! とギリギリまで頑張っていました。

人間って、いつか死を迎えますよね。
どういう形かはわからない。
なるべくなら、自らという形じゃない方が良い。
でも、生を全うして死を全うする、ということを納得することが人間そのものなのかな、と思います。運命、でしょうか。
母は、僕が音楽をしていることが好きだったし、母には「親の死に目にも会えない職業なんだよ。」って言ってあったし、実質葬儀の期間以外、仕事をし続けました。
ほぼ、し続けなくてはならない状況=代わりがきかない状況でありました。
僕がその期間から今も尚、精神的に支障なく音楽出来たのは、母や身内の気持ちと、たくさんの方々の支えがあったからだと、心から感謝しています。

正直、母の前後一週間くらいずつは、出来る限り時間をそちらに当てたため、そのつけが廻ってきてか(笑)、いたくバッタバタな日々です。
さすがにちょっとくたびれかけてきて、でもデカイ仕事が目白押しだし、何かしら気分転換をと思い、久々の投稿をしてみました。
酒を嗜む程度の気分転換では、、、無理だぁ〜〜〜〜。。。。

あ〜ぁ、、、生きるって大変だよ、お母さん。
僕の分までゆっくり休んでね。


3/11東日本大震災の被災者の方々への気持ちも込め、
合掌

« 2012年、最初で最後 | トップページ | 良いお年を!! »

コメント

あまりのことに
言葉を失います。

それでもなお
震災にみまわれたみなさんへの気持ちをここに書いていることに
頭が下がる思いです。

これからも変わらない心で音楽をつむぎだしていくことが
しまができる
親孝行なんだろうなぁって。

心こらのご冥福をお祈りします。

 久々の投稿読ませて頂き、大変驚きました。

実はBtoCのリサイタル後、ほんの少しだけご両親を拝見しました時、あれが竹島君のお母さんなんだと思いました。

とても奥ゆかしくて、縁の下から支える暖かいお母様なのかなぁと思い、とても印象に残っています。

私は祖母を亡くした時も、肉体は滅びても、魂は私の中にいるような気がしてなりません。

私の演奏にも、必ずどこかで見ているような気がします。

竹島君のお母さんも、竹島くんの心の中に、ご家族の心の中に生きてますよ。

今はお辛いでしょうけど、どうぞ無理はなさらないで下さいね。

ご冥福を心よりお祈り致します。

This has nothing to do with what this post is about and I greatly apologize. I just can't find any other way to contact you. I love your composition of A Letter, I,II,III and I was wondering if there is any way I can get it. That would be so amazing. Please let me know, thank you so much.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2012年、最初で最後 | トップページ | 良いお年を!! »