演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2011年11月、終了。

すっかり寒くなりました。乾燥も甚だしい。
街中、クリスマスを迎える準備はOK過ぎるくらいOKな感じで。(笑)
商戦色々ありつつ、やっぱりちょっと早くね?と思う今日この頃ですが、、、
もう完全に冬ですね。皆さま、お元気でいらっしゃいますか?


11/1、B→Cという大舞台を無事に終え、数日間は抜け殻と化す「ことに」していました。
各方面の方々には申し訳なくも、な〜んにもしない!! っていうか、何にもできない!! (笑)みたいな数日間を過ごすと豪語していましたが、実際は。。。(泣 苦笑)
もちろん、N響業務もありますしね。


まず、11/1 B→Cが終了した時点で、僕本体の意識を特に合わせなきゃいけなかったのは、11/25 津田ホールで行われた、フルーティスト吉岡次郎さんソロリサイタル。疲れを癒す間もなく、それはそれは大きな更なる試練が立ちはだかっていました。
吉岡さんとはこれまでお会いしたことがなかったのですが、ご縁あって、フルートと打楽器が二大主役となるコンチェルトの打楽器係を仰せつかりました。
スイス生まれアメリカで活躍中の作曲家でありサキソフォン奏者であるダニエル・シュナイダーが書いた「フルートと打楽器と弦楽オーケストラの為のコンチェルト」、これがまたメチャクチャ難しい曲で、、、そう、B→Cが開けてからは、これの譜読みと練習でてんてこ舞いでした。
また、指揮者は置かず、自分達のアンサンブル(弦楽オケは、N響若手を中心とするメンバー)での演奏だったので、リハーサルという「準備期間」でいかにしっかりと作り上げるかが、最大焦点となりました。
Jazzyなテイストがあちこちから薫る、粋な作品。ソロを含めどのパートも活躍しますし、テクニック的にもアンサンブル的にも高度な感覚を要求される、良い意味でストレスフルな曲。
今公演は、もちろん「吉岡さんのソロリサイタル」でしたが、それに参加する僕がしっかりと頑張りぬくことで、吉岡さんをサポートしたり「フルートリサイタル」へ一味加味することが出来ればと思い、一生懸命でした。
とても意欲的なプログラミングと企画でしたし、吉岡さんの、フルートはもちろん音楽観が大いに溢れ出た素晴らしいリサイタルだったと思います。
大変だったけど、とても良い出会いとなりました。


その期間中、11/21は、福島県いわき市内2箇所で、久々にハープ早川りさこさんと演奏してきました。
地元の子供達やそのご両親にクラシックを聴いていただこうという企画。
企画してくれたのも、以前東京都交響楽団や我がNHK交響楽団でステージスタッフとして動いてくれていた舘岡吾弥くん。今回に向けて、事前から色々と打ち合わせをし、たくさんの子供達やご両親たちに、とにかく「音楽」を楽しんでいただこうと試行錯誤しました。
この準備期間があったからこそ、みなさんにお楽しみいただけたと思っています。
ガンバレ、東北!!


そして、今日。
11/29 なぎさブラスゾリステン第7回定期公演でした。
今回も、役割上あちこち舞台中を駆け回って演奏。一人何役?(笑)
そうかぁ、なぎさブラスも始まってから7年経ったんだね〜、というのが楽屋トーク。
まぁ、言うなれば、20代だった僕も今や30代折り返してるし、30代だった先輩方は40歳過ぎていたり、、、でも、相変わらず、いや、さらにより一層楽しくやっています。
ん〜、ここまで来て、かなり地力が固まって来ているなというのが、本音。
このメンバーだから出来ることや、わかること、任せられること、言いたい放題言えること、、、そこら辺、いわゆる「仲良く楽しくやろうぜ!!」から、少し先へ深まったかなと思いました。
もちろん、このメンバーじゃ出来ないことも正直たくさんあるけれど、このメンバーじゃなきゃ出来ないことがある限り、絶対理論としてここに居る意味があるなぁと、改めて思います。
なぎさブラスで、一人で何役ものたくさんの楽器を演奏するという事実に対しては、何のストレスも感じませんし、むしろ「何でもやりまっせ!!」な姿勢です。
これからも、どんどん面白い企画が生まれてくるでしょうが、しっかりとした準備を前提に自分に出来ることなら何でもやろうと思います。
今日の公演、お客様にもお楽しみいただけたかな? イベント目白押しでしたね。(爆)

というわけで。

11/1 B→C、11/21 いわき、11/25 吉岡氏リサイタル、11/29 なぎさブラス。
それに並行した、N響業務。

これ全て、何とか乗り切りました。
正直、、、ちょっと、くたびれました。(笑)
充実感を伴っているだけ、良いのかな。
でも、ど〜っと。
どわぁ〜〜〜〜〜〜っと。。。


今稼働しているN響業務は、降り番。
あぁ、、、今月は、、、すごかったので、、、
数日ぼ〜っと。。。
録り溜めたバレーボールのビデオも見なきゃだし。。。


。。。


いや、いかん。
いくつかの仕事に対して、
先夏からお待たせ状態になっている。。。


うわぁ〜〜〜〜。。。。
やっぱり、僕には、休みがない。

あ、オチがついたね。(笑)
笑っておきましょう。笑っていられるうちは。


ともあれ。
お疲れさまでした〜!!!!

今日は、寝るぞ!!

B→C、終了!!

昨日11/1、東京オペラシティ リサイタルシリーズ「B→C (ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」第136回公演【竹島悟史】を、無事終えました。

あんなに大きな拍手をいただけるとは、思ってもみませんでした。
本当に嬉しかったです。

今回は、自分にとって大きな挑戦となりましたが、
何とか頑張りきることが出来ました。
ちっぽけながらも、達成感に満たされています。
そして、たくさんの方々からいただいたあたたかい力も、
全て使い切りました。
やっぱり僕は、頑張っていたいです。
頑張り続けて、もっともっと大きな音楽家になりたい。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

竹島悟史

« 2011年10月 | トップページ | 2012年12月 »