演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

明日

いよいよ、明日に迫りました、B→C。

ものすごく充実した準備期間を過ごすことが出来ました。
この準備期間で作り上げたものを、明日全部出し切りたいと思います。

Sound gardenとは、全く違うステージを。。。
昨年のSound garden vol.3にご来場いただいた、今B→C企画スタッフの方からのお言葉が、僕の自分に対する新たな挑戦の着火剤となり、こういうプログラムを自分が演奏するんだぁ、と今改めて思うような構成となりました。初めて挑戦する曲が大半を占め、それらに対する0からの挑戦は正直きつかったですが、勉強の仕方や音楽の捉え方が確実に変わってきているなぁと、自分を確認出来る貴重な準備時間となりました。

2時間プログラム、全てソロ。
独り。
練習するの、寂しかったなぁ。(笑)
たっくさん、独り言をつぶやきながら。
でも、完全にマイペースで臨みました。やり過ぎるも、サボるも。(笑)

明日のステージには、独りで立ちます。
たくさんの方々からいただいた、大きな力を携えて。
本当にね、僕のまわりにはあったかい人がたくさんいてくれるんです。
この嬉しさは、言葉に出来ません。
たくさんのパワーを自分の中に集めて、独りでステージに立ちます。


Sound gardenは、3回とも「雨」が絡みました。
明日のB→Cは、、、今のところ、ピーカンに晴れそう。
おぉ? 雨男疑惑、返上?(笑)

明日、終演して、気絶から目が覚めた頃、また書き込みします。
ん、頑張ってみよう!!

寒くなって来て、空気も乾燥しています。
皆さまも、是非お身体にお気を付けて、美味しい秋を!!

タイトル、無し!!

東京は、昨日今日と気持ちいい秋晴れとなりました。
朝起きて「あぁ〜、布団干したいなぁ。」と思いつつ、帰宅が夜になるのはわかりきっているので断念。といった感じですね。


やっぱり、11/1 B→Cの準備にどっぷりです。
言うなれば、準備期間の大詰めを迎えようとしています。

今日は、リサイタルで演奏する曲全てを、プログラム順に初めて通してみました。
ん〜、、、キツイというのはわかっていたけど、キツイの種類が多種多様で。。。
その曲だけ練習している時には問題がない箇所で、問題が起きたり、
逆に、ヤバイと思っていたところが、すんなりいったり、
そろそろ「それぞれの曲々」ではなく、「B←Cステージ全体」を見据えて整えていく時期になったかなと、くったくたになりながら思いました。

集中力と体力。
このバランスを、どう保つか。


あぁ、やっぱり、音楽って手先のテクニックじゃないんだよ。

11/1、しっかりと居るために。
すべきことはわかっています。

B→Cチケットについて、再度ご連絡

10月も半ば、11/1のB→Cまであと2週間となりました。

B→Cのチケットについて、たくさんのお問い合わせをいただくので、再度こちらでご連絡させていただきます。(このブログに効力があるかどうかはハテナですが。。。)

チケットをお求めになれなかった方々、ごめんなさい。
既に完売してしまっています。
ホントにもう無いんです。。。(泣)
当日券が出るかどうかわかりませんが、、、当日券が出る場合には、当日10:00から売り出しとなるようなので、詳しくは「事前に」東京オペラシティチケットセンター03-5353-9999までお問い合わせください。よろしくお願いいたします。
今公演は「自主リサイタル」ではなく、客席数も今までのSound gardenに比べると少なめなので、何卒ご理解いただきたくお願い申し上げます。

本当にごめんなさい。

準備のテンションは、色んな意味で最高潮に達してきています。
今、頑張りどころです。
負けるな、俺!!

呑み友達

今日は、B→Cとはちょっと違った話題を。
たまには、空気を入れ換えないと、ね。(笑)


呑み友達の結婚披露パーティで、ちょっと演奏してきました。
いやぁ〜、、、楽しかったぁ。。。
素晴らしいパーティでした。

その呑み友達は、某雑誌の編集を仕事とし、大学生の頃にはサンバのサークルに参加していた、とても気の良い男。それこそ彼と僕が呑み屋で知り合ったきっかけも、例えば当たり障りのない仕事の話とか世間話とかではなく、何てことのない「音楽」の話題だったので、すぐに意気投合し、今では会えばいつもワイワイ楽しく呑んでいます。

その彼の結婚披露パーティ。
態としては、いわゆるな披露宴ではなく、立食形式でイベント中心に進むようなパーティ。
彼ら自身(新郎新婦)がホストとなり、まわりの友達が手助け盛り上げをするという、素晴らしいどんちゃん騒ぎでした。
彼の人徳あればこその、色々な人がたくさん関わる大々的なイベントパーティで、サンバサークルの後輩であちこちライブ活動を重ねているバンド演奏あり、映像制作を仕事とする友達が作った結婚ドキュメント映画あり、その他色々なイベントありつつ、全てのクオリティがとてもとても高く、ちょっとしたフェスティバルのような雰囲気でした。そして、それらを段取る取り仕切り役も、仕事柄そういったことをしっかりと出来る通称「社長」。(笑)
どれもこれも、言うなれば「プロ級なもの(変な言い方ですね。伝わりますか?)ばかり」で、とても内容が充実したあたたかい時間でした。

僕はと言えば、ラテン音楽をなどを中心に活躍されているパーカッショニスト福和誠司さんと、アフリカ人パーカッショニストでアフリカンバーをやってらっしゃるラッキーさんとの3人で、即興でのアンサンブルに挑戦。いつも使うものよりちょっと小さいマリンバを持ち込んで臨みましたが、、、いやぁ、楽しかった。ホント、頼りはアイコンタクトのみ。曲の、始まり方も進み方も変わり方も終わり方も。
今年1月に和太鼓奏者林英哲さんと演奏した際にも、こんな光景がありましたが、、、ん〜、ドッキドキするし、楽しすぎます。
マリンバを運ぶ都合上、車で動いていましたが、、、パーティがあまりに楽しすぎたので、帰りの運転は代行業者に委ねることにし、みんなと一緒になってワイワイ呑んできました。
未だ、余韻に浸っています。

ちなみに、参加していたバンドは下記の通り。是非ともどこかでご拝聴を!!
【コロリダス】
人間味溢れるあたたかい歌詞と歌声、やわらかいサウンドが非常に心地よく、「そうそう、そうだよなぁ〜!!」ってほんわかな気分になります。笑顔満載。生ビールをテーマにした曲は最高!!
【カンタス村田とサンバマシーンズ】
スタイリッシュなサウンドにサンバパーカッションの独特なグルーブが絡むクールなユニット。いやぁ、ありゃ盛り上がるわ。ガチッとしたアンサンブルは見物。身体が自然に動きます。

新郎新婦という、通常であれば「主賓扱い」な人たちがパーティのホストをし、パーティに来てくれた人達に楽しんでもらうべく、仲間と一緒に時間を企てる。
これって、僕の自主リサイタル「Sound garden」の考え方と全く一緒です。
だからなのかなぁ、、、いや、ホント心底楽しみました。
人の力って、すごい。
音楽の力って、ものすごい!!
良い呑み友達をたくさん持って、その呑み友達からまた新しい友達が出来て、、、幸せだなぁ、って思います。


B→Cに向けて、カンカンになっていますが、今日は良い意味で気分転換が出来ました。
気分転換? そう、それもそうなのですが、
カンカンになっていた頭とか身体とかを、ちょっと「元に戻す」ことができたのかな。
例えば、マッサージに行くより100倍効果があったような。
明日から、また一層頑張っていこう。

音楽って、スゴイなぁ。不思議だなぁ。

B→Cチケット完売!!

タイトル通り、11/1 B→Cリサイタルのチケットが、今日の夕方に完売となりました。

お求めいただいた方々、ありがとうございます。
お求めになれなかった方々、ごめんなさい。
当日券が出るかどうかわかりませんが、、、詳しくは、東京オペラシティチケットセンター03-5353-9999までお問い合わせください。


というわけで。

しっかり頑張ろう。
頑張れるだけ頑張ろう。

あと2週間ちょっと。
すっげ〜キツイっすけど、、、(笑)、、、今のところ、良い意味でギリギリのラインで準備作業を進めることが出来ていて、テンション高ぶる毎日です。

自主リサイタルシリーズ「Sound garden」とは全く違う「タケシマのステージ」を、ということを豪語してきましたが、だからこそ準備の方法にも違いがあるようで、、、それを最近ジワジワと感じ始めてきました。ん、これは違うわ。
どちらが良い悪いではなく、今、とても新鮮な気持ちで臨んでいます。

でも。
Sound gardenと違うのは、「僕の表現方法」だけです。
Sound gardenの時と同じくらい、今回も僕を助けてくれる方々がたくさんいます。
所属するN響打楽器メンバーや、Sound gardenを毎回サポートしてくれている音楽事務所1002のT氏を始め、たくさんの方のお力をいただいて、今回に臨めています。
しっかりと背負って、ステージに立ちます。


今日も、コテンパになるまでさらって(=練習して)、美味しいお寿司をいただいて帰宅。
美味しいものって、ホントに僕を癒してくれる〜。。。
そして、溜まりまくった洗濯物をちょっとでも減らすべく、夜な夜な洗濯機を回している最中です。ん、大丈夫、うるさいヤツじゃないから。(笑)

では。
頑張っていきます!!
みなさんも、頑張っていこうぞ!!

闘い

皆さま、いかがお過ごしですか?

東京の空気にも、かなりしっかりと「秋味」を感じるようになりましたね。
と言いつつ、僕は今日から11日まで、北海道旭川で仕事です。
日中は心地よくも、夜はもうしっかり寒い。防寒対策は万全にして来ましたが、ホテルなりホールなりコンビニなり何なり、とにかく建物という建物でこの時期に暖房がしっかり効いているのは、やっぱり東京人としては新鮮で、防寒対策の他、防乾対策も必要です。
何度となく参加している、SONY MUSIC FOUNDATION「0歳からのクラシック」と、近隣の中学校でのアウトリーチの仕事。子供達が喜んでくれるよう、しっかり頑張ります。


一昨日10/6は、NHKラジオ番組「FMリサイタル」の公開収録でした。
作曲家ピアニスト加羽沢美濃さんとNHKアナウンサー伊藤健三さんの司会の下、前半戦は僕、後半戦は日本を代表するサキソフォン奏者須川展也さんの、それぞれのソロリサイタルとなりました。
NHKラジオ番組の公開収録への参加は、今までも何度かの経験がありますが、、、
いやぁ、緊張しました〜。(笑)
でも、緊張した中で、精一杯頑張ってきました。
加羽沢さん、伊藤アナウンサーのあたたかいお人柄からのお話、須川さんのそれはそれはさすがなSaxと、その伴奏ピアノ小柳さんの美しい音色、、、に、ちょっとお邪魔させていただいた的な。(笑)
放送日時は、わかり次第こちらでお知らせしますね。たぶん。

さて。
さて?

ん〜、、、やっぱり基本的には「B→C」の準備に、身体も頭もどっぷりと浸かっております。
そこそこ、自分をいじめています。(笑)
まぁ、そのいじめは、プログラム決定の時点で始まっていたのですが。
でも、自分で自分を追い込み、それに負けまいと努力する作業は、嫌いではありません。
この場合、僕は、、、Sなのか?Mなのか?(笑)
いやいや、そういうネタは止めましょう。(汗)
でも、やっぱり自分が何か苦しい時に、「えいっ!!」って自分で自分を前に押し出す力は、出来る限りいつまでも持っていたいなと思います。
じゃないと、今のところ僕は前に進めないからね。
前だけでなく、どこにも。
自分で自分を動かす。
ん。

今まで、完全に独りで1ステージを受け持つリサイタルをしたことは、そう多くありません。Sound gardenでは、毎回必ずゲストをお呼びしてワイワイやってるし。
今B→Cも、実際の演奏の部分以外ではたくさんの方々のあたたかいご協力をいただいていて、感謝の気持ちに満ち溢れていますが、、、でも、「ステージ」に一緒に立ってくれる仲間はいません。

B→Cのステージに、完全に独りで立ち向かいます。
たくさんの方々の力を背負って、独りでステージに立ちます。
自分がどこまでやりきれるのか、、、闘いです。
B→Cという歴史あるリサイタルシリーズに参加することに対し、しかもSound gardenとは違うタケシマを出すということを掲げられたことに対し、挑戦という意味でしっかり闘っていきたいと思っています。


ね。
ホント、きっついんっすよぉ〜!! (笑)
でも、頑張ります。
頑張るとね、もっと頑張れるようになるんですよね。
頑張らないと、どんどん頑張らなくなるんですよね。
僕は、頑張る方が好きなんでしょうね〜。
頑張って、美味い酒を飲む!!!!

!!!!
以上!!!!


B→Cのチケット、たくさんの方々にお買い上げいただき、現時点ではまだ大丈夫ですが、残券が少なくなって来ました。ご興味をお持ちいただいた方は、お早めにご購入いただけたら幸いです。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »