演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

うわはぁ。。。

サイトウキネンの余韻もほどほどに、目の前に立ちはだかるN響業務やB→Cなどへ完全にスイッチチェンジしています。


B→C、キツイ!!
自分でプログラミングしておきながら、、、キツイ!!

挑戦しすぎたか?
いや、挑戦に限度はなく。

頑張ります。
ホント、ここ勝負です。

ここ勝負です。

帰国

昨晩、中国上海から無事帰国しました。
よって、僕の今年のサイトウキネンが終了しました。

サイトウキネンには今年で8回目の参加となりますが、フェスティバル全期間に参加出来たのは今年が初めてでした。今までは、N響のスケジュールと調整しながら、フェスティバルの前半後半どちらか半分だけ参加みたいな感じだったのですが、今回はスケジュールの調整がうまくいき(N響打楽器メンバーの理解あってこそ)、初めて全期間どっぷりと浸かれることになりました。


ここでもサイトウキネンの話題は何度となく出しているとは思いますが、、、
やっぱり、今年も、、、
本当に心の底から楽しく充実した音楽生活を送ることが出来ました。
今回は、オペラ公演、オーケストラ公演、室内楽公演、「小澤塾」という若手演奏家によるオーケストラの指導、、、と、色々たくさん関わるものがあり、この一ヶ月間のスケジュールは正直かなり厳しいものでした。その微々たる空き時間に、11月B→Cの個人練習もしました。
でも、、、何というか、、、ストレスが非常に少ない。
心身の疲れはもちろんあるのですが、ネガティブなストレスが、このスケジュールからすると、、、非常に少ない。

生活としては、
旅先だから解放される部分もあれば、
旅先だから制約が生まれる部分もあり、
音楽としては、
寄せ集めなメンバーだからウキウキ楽しんで音楽出来る部分もあれば、
寄せ集めなメンバーだから苦労する部分もあり、

でも、色々細かい云々はありつつも、真っ向からそこにある音楽にぶつかっていけばいいという空気がしっかりと軸に流れていて、そこに向かう出発点はそれぞれ違えど、同じ方向に向かって全神経を使い切っていくメンバーが集まっているのが、サイトウキネンだと思います。
それを、今回色々な公演に携わることで、毎度のことながらやっぱり再認識しました。

N響のような、既存のオーケストラの一長一短。
サイトウキネンのような、寄せ集めオーケストラの一長一短。
それぞれ良くも悪くも色々な事情があるのは、それこそ重々承知ですが、
正直僕は、サイトウキネンのようなパワーが、N響に宿ることを夢見ます。
それはたぶん、「歴史に基づいた方法論」よりも「純粋に、音楽の一瞬一瞬を楽しみ力を注ぐ精神論」に対し、僕が最終的に魅力を感じているからだと思います。

N響に居る僕がこんなことを言うのは、かなりタブーなことでしょうか。
でも、それくらいサイトウキネンは僕にとって素敵な音楽の場だし、普段在籍するN響もそうなって欲しいと、純粋に願うばかりです。


昨晩は、帰宅後すぐさま行きつけのお寿司屋さんに行きました。
いやぁ、正直中華料理に疲れてしまっていたし、美味い「日本のもの」を欲していたので、、、そして、しっかりどっぷり堪能。んまい!!
今日は一日洗濯祭です。まだ終わってないけど。。。
ちょいちょい飲み屋さんにお土産持って行ったりしながら、徐々に普段の生活ペースへ戻していっています。
言っても、8/10の松本入り以来、一ヶ月ぶりのギアチェンジですからね。


11/1のB→Cへの準備も、そろそろちゃんとしていかないとヤバめ。(汗)
N響業務もすぐ始まるので、余韻はそこそこに、しっかりと「生活」していこうと思います。

本当に充実した一ヶ月でした。
これを糧に、また頑張ります!!

上海より

サイトウキネン中国公演。

9/5に北京から上海に移動し、
9/7にオペラ公演、
9/8にオーケストラ公演、
そして今日、9/9に室内楽公演、、、つい先ほど終演。今ホテルに帰ったばかりです。
ここで、僕の今年のサイトウキネンが終了しました。
全ての公演、本当に楽しかったし、とても充実していました。
小澤征爾さんと中国でご一緒出来なかったのは、重ね重ね非常に残念ですが、素晴らしい演奏家や仲間と音楽を共に出来た、松本公演を含めた約一ヶ月間、とても幸せでした。

色々書きたいけど、ホントにたった今ホールからホテルの部屋に帰ったばかりで、まだ興奮状態。(笑)
これから、ちょっと街に繰り出そうかな。腹減ったし。(笑)

明日の夕方くらい羽田着の飛行機で帰国します。
そう、家に着くまでが遠足だからね。(←ってよく言われましたよね。)
気を抜きすぎずに、最後の晩を楽しみます。

では、とりあえず。
お疲れさまでした!! みんな、ブラボ!!

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »