演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 一時帰宅 | トップページ | 上海より »

北京より

皆様、いかがお過ごしでいらっしゃいますか?

僕は、サイトウキネン中国公演に参加するために、昨日8/30から北京に来ています。北京は僕にとって初めての地です。
気温自体は、東京とほとんど変わらない感じがしますが、、、正直、空気がとても汚れていて、もともと花粉症持ちの僕は、入国してまもなくアレルギー反応が出始めました。マスクは持参していましたが、薬も持ってくれば良かった。。。 この空気が白く濁っている原因が、黄砂なのか科学的なものなのか何なのかはさっぱりわかりませんが、8階のホテルの部屋の窓から景色を見ても、2kmくらい先がもう霞んで見えないくらい。
この地に、青空は存在するのでしょうか。
この地でオリンピックが行われた、、、選手達は大丈夫だったのでしょうか。
もちろん、国ごとに抱える環境問題の内容はそれぞれですし、対処方法もそれぞれなのかもしれませんが、もっともっとそれぞれの国が「地球」を中心に考えて動いていかないといけないんじゃないかなって、改めて思い知らされました。

マエストロ小澤征爾さんが、この中国公演を降板されました。
非常に非常に残念ですが、、、今はまだゆっくりとお休みになられることが大事だなと思っております。何事も、やっぱり無茶は禁物ですし。
元気に身体をいっぱい使って指揮をなさる姿がとても印象的な小澤さんなので、是非ともゆっくりしっかりと体調を整えていただいて、またその姿を拝見したい、ご一緒させていただきたいと心から思います。

オーケストラに関しては、ほとんどのメンバーが昨日入国。今日はオペラ公演の通し稽古をしました。オペラ公演とは言え、プログラムは、、、

「チャイコフスキー/弦楽セレナーデ」
  ステージ上でのいわゆる弦楽合奏。指揮無しで演奏。
「バルトーク/青ひげ公の城」
  松本でも上演した、小澤さん指揮予定だったオペラ。代役は、松本と同じピエール・ヴァレー氏。

となります。このプログラムの本番が、明日9/1。小澤さん76歳の誕生日となる日です。
松本で4回公演を行った青ひげ公ですが、やっぱり場所が変わると全く音楽環境も変わるもので、今日の通し稽古でもそういった意味での色々な状況の変化に対応していくのに苦労しましたが、ただただ明日良い演奏が出来るように、みんなで集中しています。
8/11に初めて一緒に音を出した今年のメンバーは、もう既にそれぞれ気心知れてきていて、横のつながり作りもかなり自然と出来るようになってきているので、明日の本番は、集中力から生まれる臨機応変な対応をそれぞれがしっかりとしあい、団結力のある良い演奏が出来たらいいなと思っています。

中国という国を批判するつもりは心底毛頭無くも、やっぱりこの空気の悪さには驚いていて、少しの空き時間に散歩してみようという気が、正直起きません。ホテルとホールのちょうど中間地点に天安門広場がありますが、これはホテルとホールを行き来するバスの中から拝見しました。テレビではよく目にしている「The 中国」な風景。観光客などで大いに賑わっています。みんなの鼻、強いんだなぁ〜。僕のが弱いのか。(笑)
なので、基本的にはホテルかホールかに籠もっていて、おかげさまで個人練習がはかどります。ここで頑張っておかないと、B→Cが。。。(汗)

では、取り急ぎご報告まで。
東京は、そのまま秋になっちゃったりしてるんですかね?

« 一時帰宅 | トップページ | 上海より »

コメント

 ハッピー北京!!いつも元気な竹島さんに,感動です。こちら日本は,台風12号で,全国的に大雨洪水です。四国,中国,紀伊では本当に水浸し。東北の被害報告がないのがせめてもです。30度前後ですが,蒸し暑くまだまだ,残暑です。花粉症を吹き飛ばし,中国公演から一気にB→Cに乗り込んでください。続報待ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一時帰宅 | トップページ | 上海より »