演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年8月 »

雑感+2011/11/01

大変ご無沙汰しております。
皆さま、お元気でいらっしゃいますでしょうか。

前日記が3/26。N響北米公演から帰ってきてすぐのものでした。
それから早4ヶ月。。。
世の中の動きについては、皆さまそれぞれが知り感じているような状況ですね。何をどう見るか、何をどう考えるか、何をどうするか、、、そして、何をどう知るか。
何となく、眉をひそめることの多い、日本の毎日である気がします。

僕はと言えば。。。
バタバタばたばた、あちこち駆け回っております。相も変わらず。
震災直後は、公演中止や共演者交代などのハプニングも少しありましたが、今現在は通常通り動いております。チャリティーの本番もいくつかありましたし、今後も予定があります。

僕自身、「今の日本」というものに対し、大それて大見得を切れる意見があるわけでは全くありませんが、やっぱり震災以降特にどことなく元気が無く、元気が生まれてもいつのまにかその火がくすぶってしまう、というような、ため息混じりの風が日本に吹き惑っていると感じています。

僕も、、、ここ最近何だかずっと天井が低〜い中で過ごしてきた感があります。
何だかなぁ〜、という。。。
色々考えたり、色々悩んだり、色々思ったり、、、色々していました。


今年2011年11月1日(火)、東京オペラシティ文化財団が主催する、歴史在るリサイタルシリーズ「B→C (ビートゥーシー) バッハからコンテンポラリーへ」の第136回公演で、ソロリサイタルをさせていただくことになっております。ソロ活動をする若手音楽家にとっては、登竜門的な存在とも言えるこのシリーズに、以前からお声掛けいただきながらも、ようやく今回参加出来ることになり、とても光栄に思っております。
「B→C (ビートゥーシー) バッハからコンテンポラリーへ」とは、、、(以下引用)

実力ある個性的な若手日本人演奏家による月1回(年10回)の定期演奏会シリーズで、それぞれのアーティストが、バッハ作品(B=Bach)と現代作品(C=Contemporary)を軸に組む自由で大胆なプログラムが注目を集め、毎回売切必至の人気シリーズとなっています。
14年目(131回〜140回)となる2011年度も選りすぐりの10人が出演。シリーズ初登場の楽器もあり、ますます目が離せません。個性とバラエティに富んだ楽器の魅力にご期待ください。

というもの。(笑)
それこそ僕のソロ活動には、2年に一度開催している自身のリサイタルシリーズ「竹島悟史 Sound garden」がありますが、その2年のちょうど間の今年に、これが入りました。なので、実は昨年今年来年?と続けざまに大きなソロ活動をする期間が続くわけで、、、おぉ〜、良い意味でキッツイなぁと思いながら、人生過ごしています。

今公演、ちょっと大きな挑戦をします。
いつも挑戦なんですけどね。今回はまたちょっと質の違う。。。
あくまでアカデミックな雰囲気を大いに持つ格調高いリサイタルシリーズなのですが、昨年のSound gardenを聞きにきてくださったB→Cスタッフの方から「Sound gardenと B→Cとで、全く違った表現をされてみてはいかがでしょうか?」とご提案いただき、話し合った結果、その方向で臨むことにしました。
Sound gardenのように、くだけたおしゃべりがあったり、笑いがあったり、お客様と一緒にパーティをしているようなほんわかな空気を作るということを大前提とするのではなく、
あくまで「打楽器奏者、竹島悟史」の打楽器演奏に対する執着を前面に、ある意味「(いわゆる)打楽器リサイタル」チックな空気の中で、勝負しようと思います。
ここら辺、ある意味ねらいというか、、、自分に対する試練です。

じゃ、僕らしさはどこで? ちょっと工夫してみました。
普段オーケストラで活動していますが、オーケストラ上の打楽器奏者というのは、一曲の内に1〜2種類、多くても5種類くらいの楽器しか担当しません。
逆に、打楽器ソロの曲というのは、もっとたくさんの楽器を並べまくって、一曲中であちこち叩きまくるというスタイルが多いのです。
僕は今回、「オーケストラ奏者である僕がソロを演奏する」というところに一つ主眼を置き、単一楽器の為に書かれたソロ曲を中心にプログラミングしました。
プログラム前半は5曲。なので、一曲一楽器で、5楽器。
各楽器の魅力がふんだんに溢れ出る曲をチョイスしました。
プログラム後半の1曲目に、上記5楽器などを集めたようなマルチパーカッション(たくさんの楽器を並べる)の曲を、唯一1曲。
あとは、マリンバ2曲。
ここら辺も、ある意味ねらいというか、、、自分に対する試練です。

そして、演奏は全〜部独りです。独りぼっち。共演者はいません。
オーケストラだと、60〜80人くらい一緒に居るのに。(笑)
ここら辺もまた、ある意味ねらいというか、、、自分に対する試練です。

上記、B→Cの説明で書きましたが、プログラムにバッハの作品を入れなくてはなりません。
バッハは、打楽器ソロの為の曲を書いてくれませんでした。
ヴァイオリンの為に書かれた大曲「シャコンヌ (ヴァイオリンの為のパリティータ第2番より)」を選びました。とても有名な曲ですし、既に多くのマリンバ奏者が演奏しています。
僕のまわりには、N響のたくさんの素晴らしいヴァイオリン奏者を始め、弦楽器管楽器打楽器の仲間がいます。色んなアドヴァイスを受けながら、勉強してみたいと思います。
ここら辺もまたまた、ある意味ねらいというか、、、自分に対する試練です。

少しだけ、僕の曲も織り交ぜてみました。
一曲は「Silverdrop (2006)」という、グロッケンシュピール(小さな鉄琴)の為に書いた小曲。
もう一曲は、、、「A Letter (2004)」です。
世界的マリンバ奏者神谷百子さんからの委嘱で書き上げたこの曲、百子さんが世界各国で演奏し続けてくださり、間もなくの出版も予定されていたりします。
僕がこの曲に込めた想いを、今回は特に震災に遭われた方々や震災を見守る方々、震災について考える方々、、、そう、「日本」に向け、自分の曲を自分で演奏したいと想っております。
これは、単に切なる想いです。


バタバタと過ごしながら、8/10からはサイトウ・キネン・フェスティバルに参加するため、松本に滞在。8月末に一日だけ帰宅した後、そのままサイトウキネン中国公演に出向きます。
B→Cまでの予定を組み立てていても、毎日予定表を塗りつぶし直すばかりです。
身体、こわれるなよ!!
いや、気持ちの方が心配だわ。。。(笑)

最後に余談。
家の狭い練習室には、エアコンがありませんでした。
正直、普段仕事で持ち出しまくっている楽器を、例えば1時間練習するために家に持ち込んでというのが、なかなかおっくうだったので、大枚叩いて業者のスタジオレンタルに頼っていたりしましたが、

B→Cのことを考えるとそうともいかず、老体に鞭打って、「家に搬入〜組み立て〜練習〜解体〜搬出〜車に積込〜仕事〜家に搬入〜組み立て〜練習〜解体〜搬出〜車に積込〜仕事〜・・・」と毎日続けていました。
汗かくのは好きなんだけど、さすがに練習にならん。。。
なので、思い切ってエアコンを付けようかと。あぁ〜、また出費か。(笑)
スケジュール上、この日のこの時間!!っていうところしか、時間が見付かりません。
エアコン屋さん、取り付け業者さん、何とかして〜!!って、明日の朝、予約するつもりです。(爆)

今、練習室の網戸に、カナブンがずっと止まってます。寝てんの?
でも、引っ越す前の実家(神奈川、今の実家の近く)の網戸には、夜になると色んな虫がひっついてたよなぁ、とちょっと微笑ましかったり。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年8月 »