演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« もろもろ | トップページ | 無題 »

こころいき

今日もまた寒かったですね〜。
都心ビル街、夏の暑さも冬の寒さも、やっぱりどことなく特異な感があり、冬の寒さは心の底まで凍ってしまいそうな冷たさがあります。大自然に囲まれるマイナス何十度という世界vsこの都心、どちらが「寒い」のか、「冷たい」のか、、、色々な意味で考えてしまいます。

本格的な寒さが続く今日この頃ですが、、、
さて、昨日のコンサート。
「東京オペラシティ ニューイヤー・ジャズ・コンサート2011」無事終了!!
日本を代表する、いや、世界的ジャズピアニスト山下洋輔さんプロデュースによる、新春コンサートです。もう何年もの間、色々な形で毎年行われる東京オペラシティ新春行事。
数年前に一度、洋輔さんと親交の深いN響オーボエ奏者茂木大輔さんからお声掛けいただき、このイベントに初参加させていただいていましたが、喜ばしく嬉しくも今回またお邪魔させていただけることとなり、とてもとてもワクワクしていました。
今回は、こちらも世界的和太鼓奏者林英哲さんをフィーチャリング。英哲さんのソロあり、英哲さんと弦管楽器の面々とのアンサンブルあり、洋輔さんと英哲さんのデュオあり、、、という中、英哲さん洋輔さん弦管楽器と、もう一つ打楽器パートがあったらなぁという曲に、参加させていただきました。僕の出番は決して多くはありませんでしたが、やっぱり「自分が参加するからこそ」というところに、しっかりと意識を置いて臨みました。これは「自分が最前面で目立ちたい」という意識ではなく、自分がアンサンブルに参加することによって、その音楽や会場全体がより一層あたたまることを想い願うまでだという方向であることを、先に述べさせていただきます。

林英哲さんという、和太鼓奏者。
山下洋輔さんという、ジャズピアニスト。
弦楽器管楽器で参加した、主にオーケストラで活躍する敏腕メンバー。

ここに自分がいる意味をよく考えて臨みました。
自分が参加する曲の自分のパートに書かれた音符をしっかりと演奏することは、もちろん大前提。でも、もうちょっと何か面白いことが出来ないかな。。。 色んな意味でバリアフリーなシーンであるからこそ、僕にも何か出来ることがあるんじゃないかな。。。 そして、面白くなっちゃったら、洋輔さんや英哲さんは「うっひゃ〜!!」ってなるよなぁ〜、ってリハーサルからにらんでました。(笑)
本番、演奏しながら交わす洋輔さん英哲さんとのアイコンタクトは常にあたたかく、、、何ていうのかな、「おっ!!」と思うと「あっ!!」と目が合い、「ほらよっ!!」と来ると「はいよっ!!」と返す、そんなコミュニケーションを無我夢中で楽しみ、ピッチピチに活きた音楽が生まれ、結果あんなにものあたたかい拍手喝采をいただけたのではないかと、勝手に思っております。もちろん、僕が参加していない曲の成功があったからこそですが。
自分の立場とかジャンルとか何とか、そういう定義は全く必要ない。ただ人と人とが会話する。その会話を楽しもうぜ!!という心意気が一番の最前列にある。とてもとても嬉しい瞬間です。
ご来場いただいた皆さま、お楽しみいただけましたでしょうか。。。(笑)

今回は、自分で使う楽器を自力で搬入搬出運搬することとなりましたが、英哲さんのお弟子さんや、ステージスタッフの方々が快くお手伝いくださり、本当に助かりました。とてもとてもあったかかかったです。特に、英哲さんのお弟子さんたち、、、あぁ、すごいなぁ、色んな事をしっかりと教わっているんだなぁ。一生懸命師匠に食らい付いて頑張っているその心意気は、英哲さんのあたたかさと同じもので、僕の搬入楠出まで快く手伝ってくれたその動きに全てが現れていました。すごい。。。

終演後にオフィシャルなレセプションがあり、その後はコアなメンバーで近くの居酒屋へ。
今回は、リハーサルから本番までの間、ほとんど「音楽」という言葉でしか会話できなかった洋輔さん英哲さん、アレンジャー狭間さんと、色んなことを色々ワイワイ話し倒しました。音楽家同士としての話もあり、それぞれの世代観点から生まれる下世話な話もあり、、、ん、先述の通り、人間同士としてワイワイ呑みました。ものすごく楽しかったのはもちろんのこと、洋輔さん英哲さんという「常に色んなことに挑戦されている」という意味でもの大先輩方の面白くあたたかいお話は、今の僕にど〜んと深く突き刺さりました。その内容も話す仕草も、本番中と同じくらいの「心意気」を感じ、圧倒されながら非常に充実した時でした。

打ち上げ後の運搬は、運転代行業者にしっかりお願いして。(笑)
無事に帰宅し。
余韻に浸りました。
昨日という日は、とてもとてもあたたかな一日でした。
世界で活躍する日本人の音楽家もたくさんたくさんいらっしゃいますが、洋輔さん英哲さんと一緒に音楽からお酒まで楽しむことが出来た昨日までの期間、僕が感じて得たものをしっかり大切にし、素晴らしい心意気を見習って、また頑張っていこうと思っています。

さぁ、明日からは、またN響です。
寒いけど、ちゃんと起きて(笑)、頑張っていきましょう。

« もろもろ | トップページ | 無題 »

コメント

昨日の足利定期公演では帰り際にもかかわらず,お会いできお話をいただきありがとうございました。竹島さんとの再会で演奏の感動がより深く,暖かく残っています。ブラームスがこんなに身近に感じられたのは,大きな収穫でした。ハンガリー舞曲でのスラブの風が爽やかに感じられたのは,あのトライアングルの溶け込む音色。シェーベルク編曲のピアノ四重奏曲での躍動感はあの小太鼓の響き。開演前の竹島さんの入念な天反,会場の奥行きを意識したトライアングルと小太鼓のチェックを目の当たりにして「がってん」でした。マエストロの体調不良による降板にもかかわらずコンマスのもとでの熱演には,N響(N強)の底力と団結力を再確認です。
思い出に残る公演でした。今年もますます楽しみです。また客席からお会いをします。

きむらさま、

浦島太郎的お返事、申し訳ございません。
いつもありがとうございます。きむらさまの視点、かなりコアな部分に照準が合っていて、ドキッとさせられます。(笑)
N響北米公演からも、何とか無事に帰ってきました。詳しくは新記事をご覧ください。
これからもよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もろもろ | トップページ | 無題 »