演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

終〜わりっ!!!!

竹島悟史 Sound garden vol.3 "Reunion"から、早くも5日経ちました。

この5日間、教える仕事などがちょろちょろありつつも、基本的には休養期間とさせていただいていました。
最初の内は、肉体疲労と充実感と虚脱感が相まって、でもとても幸せな気持ちに浸っていられたのですが、どんどん虚脱感が勝っていき、何だかものすごく落ちました。(笑) ほら、また最近は、暗くなるのが早いじゃないですか。夜が長いからね、何とな〜く気分が。。。
きっと、ん、完全燃焼出来たからだと思います。「出し切り過ぎて、何にも無くなったぁ。」という感ですかね。人と会って呑みたいのか、独り籠もって感慨に耽りたいのか、何がしたいんだかよくわからず、といった感じ。で、結局何もしなかった、みたいな、、、これが「休養」なんですかね? 休み下手なので、よくわかりません。(笑)
あ、でも、リサイタルのビデオはたくさん見ました。色々想いながら。

今日は、仕事のついでに、車に積まれたリサイタル楽器たちを完全に片付けました。楽器たちをしまうべきところにしまう、当たり前の事ですが、、、リサイタルなどの大きなイベントの前は、練習場所にずっとセットしたままにさせてもらったり、もしくは車の中での保管を余儀なくされたりするので、その楽器たちに「お疲れさん。」と声を掛けながら片付け作業をすると、楽器たちは本当にホッとしているような気がしますし、コチラも色んな想いに溢れます。
そして、夜早めに帰ってきて、空っぽになった冷蔵庫を埋め、料理しまくって冷凍庫のストックも増やしたり、わんさかグチャグチャになっていた机の上を整理したりしました。
リサイタルでいただいたたくさんのお花も、綺麗な見頃が終わってきたし、、、ようやっと、僕の身の回りから「リサイタル」が片付けられてきました。
そうしていると、僕自身も、整理されていきます。
余韻はほどほどに消えてゆき、でも、たくさんの想いは、想い出やこれからの音楽人生の栄養分となって僕のあちこちに染みこんでいくのだろうと。

明日から、また全開でいかなきゃね。
はい!! 次!!
年内もまだまだ色々ありますし、年明けには林英哲さん山下洋輔さんたちとのコンサートが控えています。N響含め全ての音楽に、やっぱり真っ向から一生懸命立ち向かっていって、たくさんの「楽しみ」や「幸せ」をドンドン得るべく、頑張っていこうと思います。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!!!!

"Reunion"、終了。

現在、12月9日13:00過ぎ。
昨日は、ど〜っと押し寄せる肉体疲労と、大きな充実感、同じくらいの虚脱感に見舞われ、ただただぼ〜っと抜け殻状態になっていました。今日は、少し元気です。

竹島悟史 Sound garden vol.3 "Reunion"、無事終了しました。
ご来場いただいたたくさんのお客様、ご声援いただいたたくさんの皆さま、本当にありがとうございました。
自分の演奏に関しては、まだまだ課題がたくさんありますが、ゲスト浦壁信二さん、森浩司くんと3人で一生懸命作り上げた音楽はしっかりと会場中に充満し、良い空気が出来上がっていたと自負しています。
最近ここに書き続けてきた「準備」、しっかりと実を結びました。3人ともが「よし!! 大丈夫!!」と全てを納得した状態でステージに上がれたので、何の不安もなくただただ楽しむことだけを考えて演奏出来ました。心の底から楽しかったです。
やんややんや大盛り上がりの拍手喝采を浴び、今回はしっかりと「大成功」という言葉を自分に与えたいと思います。

次回は、また2年後ですね、きっと。
次はどうしようかなぁ。。。
また、楽しみたいなぁ。。。

参加が決まった来年11月1日の「東京オペラシティリサイタルシリーズ B→C(ビートゥーシー)」では、このSound gardenとはまたちょっと違った雰囲気のコンサートになると思いますが、これに関しては早急に動き出さなくてはいけないので、次回Sound gerdenについては、ちょっと置いとかないとですね。

ともあれ、"Reunion"の余韻にもう少しだけどっぷり浸かります。
本当に、本当にありがとうございました。

竹島悟史

行ってきます!!

すか〜んと晴天ではありませんが。(笑)

よっし!!
行ってきます!!

あとは、本番。

リサイタル前「最後のリハーサル」、終了しました。
何だか、とても感動しています。
あとは、明日しっかり頑張って、楽しみたいと思います。

チケットですが、、、
本当に本当に完売なんです。。。(泣)
今もお問い合わせのお電話やメールを続々といただくのですが、、、
ごめんなさい!!!!!!
当日券が数枚出るかどうか、本当に出るのかどうか何とも言えないのですが、詳しくは当日、ホールにお問い合わせくださいませ。

それでは。ぐっすり寝れるといいな。

すいっち

昨日今日のN響本番を無事に終え。

今日舞台から降りて、みんなで「お疲れさま〜!!」と言い合った瞬間、ようやく「あと、12月7日までは、リサイタルのことだけを考えて生きよう」というスイッチが、完全に入りました。
オーケストラにいながら色んな仕事をし、自主活動もあるという、自分の欲張りな性格をもろに露呈する生き方ですが、自らこういった活動を心から望み、どれも手を抜かずチャレンジし続けてきて、山ほどの「大変なこと」の量を上回る「感動」や「喜び」があったからこそ、続けてきていられるのだと思います。
リサイタルの直前までN響仕事があるというのは、もちろん大変ではありますが、N響打楽器奏者の僕にとっては当然のことであるわけで、その状況に対し真っ向から立ち向かって乗り越えた先にある、それぞれから得る喜びを充分に感じることが出来るからこそ、両方ともしっかり頑張れます。
オーケストラにいながら、ソロ活動をするというのは、スケジュール面では少々苦労したりしますが、音楽的には良いことづくめだと思っています。僕は、オーケストラで得たことをソロに生かし、ソロで感じたことをオーケストラに生かしています。80人超えの音楽の場と、1人の音楽の場。環境は全く違いますが、言ったって所詮音楽。やるのが「音楽」なのなら、環境は関係ないかなと。

あ、ちょっと真面目な話になっちゃいましたね。(笑)

明日、最後のリハーサルです。
ステージスタッフにも参加してもらい、公演中の楽器セッティングなどのことも含め、段取りをしっかり打ち合わせします。もちろん、音楽的な「詰め」もしっかりとね。
そして、リハーサルが終わったら、たくさんの楽器たちを車へ積み込みます。
そしたら、もうあとは本番当日に会場に行くのみ。
明日、積み込みをしながら、きっとまた感慨深くなるんだろうな。

さぁ、しっかり寝て、「最後のリハーサル」となる明日に備えましょう。

とろ火で煮込むパワー

12月3日ももう終わり、リサイタル当日まで、あと四日となりました。

いやぁ、本番までの日数的に、これくらいの時期にいっぱいいっぱいになっていることは、毎度変わりありませんが、そのいっぱいいっぱいに立ち向かい対処する方法は、変わってきているような気がしないでもありません。
今回は、、、何というか、今までに比べると、静かにテンションを上げているようです。
歩く速さから話す速さまで、ぎゃっはぁ〜!!と上がってしまう今までのこの時期とはちょっと違い、何というか、、、「落ち着いている」というのはまた違うので、、、ん、「静かにふつふつと」がしっくりくる言葉なのかな、ぐつぐつ煮込むようなテンションの上がり方をしています。
歳を重ねたから? 3回目だから?
良い意味でそうであるのなら、、、やっぱり「継続の力」というものが存在するのかな、と思ったりします。
もちろん、今まで同様会場中があたたかく楽しい空気に包まれることを願って、ワクワクしながら全力で真剣に準備を進めていることは、言うまでもありません。

明日明後日はN響定期公演の本番。
明明後日、一日かけて最後のリハーサルをします。
そしたら、もう本番当日です。

9月下旬から始めた数多きリハーサルも、明明後日で終わり。
前回のリサイタルの時にも書いたと思いますが、、、どんな音楽の場でも、尊敬し合う音楽家たちと一緒に色々ああだこうだ言いながら音楽を作り上げていく「リハーサル」が、僕は本当に大好きなんです。初めてご一緒する音楽家と、音を作り上げていく作業。気心知れた音楽家と、新しい何かを探していく作業。「【いつも通り】でいこうよ。」っていうのが実はあまり好きではなく(笑)、常に何か見つけたいんですね。
そして、その見付かることは、何も斬新なアイディアだけじゃなくていいんです。やっぱり昔の人ってすごいよね〜って、「いつも通り」を「再認識」するでも良い。再認識するためにも、色々冒険したい。

明日明後日、N響本番の合間を縫って個人練習をし、明明後日には僕の大好きな「リハーサル」の「最終日」を迎えます。ここでしっかり作り上がっていればこそ、「本番はさ、もう楽しんじゃおうよ!!」とテンション振りきることが出来る。そして、本番ならではという「スパイス」が入る。
今の静かなぐつぐつ煮込みは、きっと美味しい味わいを出してくれると信じて。
たくさんのお客様と、僕ら出演者やスタッフ、「竹島悟史 Sound garden vol.3 "Reunion"」に関わる全員が楽しい時間を過ごせるよう、ホストとしてあともう一踏ん張りです。
ぐつぐつ煮込みますよ〜!!!!

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »