演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« チームプレー | トップページ | あ? 祭日?(笑) »

はい。

この季節感、もう完全に晩秋ですね。
体調管理こそ仕事の大半を占めるので(おおげさ? いやいや)、もはやヒートテックフル活用+軽めのダウンジャケット+乾燥予防用マスクを着用する、ぱっと見「?」なオジサンです。
日中ちょっと暖かいと、汗かいてたりするし。(笑)
もうちょっとスマートなコーディネートは無いのであろうか?(泣)


リサイタルに向けて、事務的な作業はほぼ終わりました。
あとは、しっかりと練習して、音楽家としての準備に没頭するのみ。
あぁ〜、、、ホッとするわ。(笑)
0から100まで全て自分で作り上げるのが「自主リサイタル」であり、演奏以外の作業も数え切れないくらいあるわけですし、お金の面を含め色々いろいろ大変ですが、何もかも自分の責任でやりたいことだけをすることが出来るというのは、とても幸せなのです。
そして、諸々の作業をほぼ終えて、ようやっと頭の中のリサイタル用スペースを「演奏」という作業にのみ使うことが出来る今。
そう、ホッとしてます。
あぁもう、ずっとずっと練習して、美味しい酒でプハ〜って出来る!! (笑)
ま、N響業務の合間を縫って、ですが。。。

自分が関わる演奏の場では、特に打楽器奏者の僕という観点から言うと、事前準備の段取りをしっかり組んでおくことが、自分にとっての安心材料になり、土台となります。
例えば、このリハーサルに向けて、この日に楽器を車に積み込み、この日に搬入をしておく、とか。
この仕事とこの仕事が重なって動いているということは、どれがああなって、あれがそうなって、だからこれはこうすると、ここに時間を作ることが出来るな、とか。(笑)
もちろん、段取りだけで全てを組み立てようとすると、気持ちを無視してしまう可能性もあるので、それすらも含めてプロデュースする。これって、きっと打楽器奏者は特にですが、気に掛けたい部分だったりします。ほら、家の掃除洗濯炊事も、同じですよね? 

だからでしょうか。
呑み会とかの幹事、任されることが多いですよ〜!!(笑)
なんだ、結局みんな段取りしっかりしたいんじゃん。段取りしっかり気持ちいいんじゃん。(愚痴ではないですよ、全然愚痴ってないですよ〜。)

やっぱり、物事全てに対してしっかりとした「準備」をしたい。
これは揺るぎないですね。その必要性をここまで感じたのは、打楽器を勉強し始めてから。これは、人間タケシマにとってものすごく良かったなって思います。
準備をしまくってしまくってしっかり土台を作った上で、それでも楽しく起こり得るポジティブなハプニングを楽しみたい。

先ほども書きましたが、リサイタルに向け、ようやっと「演奏」部門の超特訓期間に入りました。
色んな事をイメージしながら、リサイタルの2時間という貴重な時間をあったかく出来るよう、楽しく頑張ります。

« チームプレー | トップページ | あ? 祭日?(笑) »

コメント

こんにちは。
12月のリサイタル、スケジュールの都合がついたので、おじゃましますhappy01
メールを送りたいと思ったのですが、
こちらのブログにはメール送信欄がないのねsweat01
1月のN響足利公演も、客として行く予定です。
また会場で会えると良いですね。
リサイタル楽しみにしていますnotes 

民恵さま

久しぶりです。
なんと、リサイタルに来てくれると!! 遠いところありがとね。嬉しいです。詳しくは、こちらからメールするね。
1月足利も伺います。

では、取り急ぎ!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チームプレー | トップページ | あ? 祭日?(笑) »