演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 日記 | トップページ | はい。 »

チームプレー

世界バレー2010、全日本女子銅メダル獲得!!!!

いやぁ〜、、、凄いなぁ〜。。。

僕がバレーボール好きだということを知っている人は、あまりいないかもしれませんね。
本格的に好きになったのは、高校生くらいだったかと。藝大生のころは、大学職員さんがお昼休みに楽しむバレーに混ぜてもらって、見様見真似でありながらも、そこそこ頑張って楽しんでましたね。試合にも出たりして。
この世界バレー(世界選手権)で、全日本女子がメダルを取るのは32年ぶりとのこと。世界中のバレーが変わってきた中で、ようやく日本も日本でなければ出来ない形を見つけたんだと思います。今年のチームは、何だかとてもまとまりがあって、それぞれが良いコミュニケーションを取れていたように見受けられました。やっぱり、技術だけでは無いのでしょう、何事も。
全日本女子にはまだまだこれからも、そして全日本男子にも、どんどん頑張ってもらいたいものです。男子も結構良い感じになってきているんですよね。次回オリンピックに向けて、面白くなってきそうです。

今日は、N響定期2日目。17:00に本番を終えた後リサイタルの練習をし、帰宅して夕飯を食べながらバレーのビデオを見ました。
N響本番は、とても充実したいいものだった分、しっかりくたびれて、その後の練習をし終えてからの観戦だったので、、、今日勝って銅メダル!!という試合ぶりに、ただただ感動。おぉ〜、僕ももっと頑張らなきゃ。

バレー、オーケストラ、アンサンブル、、、複数の人が集まり何かに向かうとき、「個」と「和」のバランスが非常に重要になってくると思います。
「個」の技術や意識だけでは「和」としてまとまることが出来ず、「和」の気持ちだけでは「個」の役割やキャラクターが生きてこない。
「個」を生かすために「和」を作り、「和」となるための「個」を意識する。
今一緒にいる人たちと何か「一つ」のものを作る為には、絶対に必要不可欠なことであると思うし、そのバランスを絶妙にとっていくことが、より良い何かを作るための基本であるんじゃないかと、今日の試合や今大会の試合を見て、改めて思いました。
僕がここに何度も書いている「コミュニケーションの大切さ」を、やっぱりこれからも自分の真ん中に置いて、生きていきたいなと。
N響でも、毎回そういった意識がもっともっと生まれるといいなと思うし、リサイタルでもそう。
明日、N響の休日を使って、一日中リサイタルのためのリハーサルをします。3人でなきゃ生まれない、3人だからこそ生まれる、充実した音楽を作るべく、しっかり頑張ってきます。

あぁ〜、、、でも、ホント、良かった!!
心身の疲れが吹っ飛びました!!
全日本女子、おめでとう!!
そして、ありがとう!!

« 日記 | トップページ | はい。 »

コメント

チームプレイ。この響きからすぐに竹島さんの顔が浮かんできます。私も,心から同感です。演奏を聴いていて目頭が熱くなる時,まさにその真骨頂なのですよね。至福の時というのでしょうね。N響は残念ながら足利公演までお預けですが,リサイタルはぴったりな席を選び楽しみたいと思います。

竹島さん、こんばんは。

バレーボール、お好きなんですね。。チームプレイの諸々のことを、和を意識してできるというのは、本当にすばらしいと思います。音楽も仕事もスポーツも「自分がしてほしいように、同じように人にもしなければいけない」(by聖書)ですから。

でもスポーツに関しては私はなかなかダメです。負けず嫌いで、出来ない→負ける→泣く→負けるの嫌だからやらない、の繰り返し?多分2,3歳のころから(笑)楽しんでやればいいのに、そんなに泣かなくても…、と今考えるとおかしいです。

最近は自分さえ良ければいいっていう自己中心的な人たちが多いですが、竹島さんのように何人か集って音楽を作ろうと思ったら、やはり自己中では成り立ちません。利他的な人間でないと。私も少しでも周りの人たちとそういった良い関係を築き上げていきたいなと、思います。まずは「家族」ですね。

ちなみに、私の父親は若かりしころバレーボールの実業団チームにいました。「あと身長が10センチ高くて190あれば、全日本にはいってた!」が、口癖です。どうだか・・・(笑)

では。
いい演奏会になりますように。

女子バレー、メダルおめでとうございます。アッパレです。高校生から全日本の木村さん、ここ数年エースの栗原さんも好きですが、私はなんといっても小柄ですがプレーが大きくなくてはならない竹下さんが好きですね。次回オリンピック期待ですね。

マーラー交響曲第2番「復活」聴かせて頂きました。第1楽章と第2楽章間のパウゼをはじめ、第3楽章~第5楽章切れ目なく演奏したり、こうして欲しいというところを満遍なく実現して下さった演奏で大満足でした。竹島さんのシンバルは相変わらず格好よくてこれも大満足でした。終演後は早速来年2月のマーラー第3番のチケットを購入して帰りました。

きむらさま

いつもありがとうございます。
僕も音楽に感動することは多々ありますが、そのきっかけはきっと、素晴らしい技術や演奏のもう一つ向こうにある「心」や「気」にあるのだと、常々思っています。
来年初めのN響@足利、ごめんなさい、降り番なんです。。。 リサイタルをほんわかじんわりお楽しみいただけるよう、頑張ります!!


かおりさま

先日は、西条市でありがとう!!
なんと、お父様が実業団バレーボール選手だったと!!
すごいなぁ、なんだか色々マニアックな話をさせていただきたいところです。(笑)
12月、ニアミス残念ですが、ともあれ気をつけていらしてください。


横尾さま

「復活」ご来場、ありがとうございました。
ん〜、僕、あの曲大好きなんですよ〜。指揮者の意向で色々面白い部分もありましたね。色んな解釈があることは、悪いことでは無いですよね。今度の3番、どんな感じになるのかなぁ、楽しみです。
バレーボール、、、僕はやっぱり、真鍋監督、竹下選手、木村選手に注目しています。音楽家を見る目に近いのかもしれませんが、3人の技術や戦術がすごいのはもちろんのこと、にじみ出る「人間力」にとても惹かれます。だからこそ、今回の銅メダルは、何だかものすごく感動しました。これからがもっともっと楽しみですよね!!

きむらさま

先ほどのコメント内、間違いがありました。
来年1月の足利公演、乗り番でした。(笑) しっかり伺います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日記 | トップページ | はい。 »