演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 気ままにクラシック | トップページ | チームプレー »

日記

あっという間に、ちゃんと秋になっていますね。
秋晴れは心地よいものの、空気の乾燥が激しくなってきていて、風邪などには充分気をつけたい今日この頃です。


さて。
12/7のリサイタルまで、あと一ヶ月を切りました。
準備の方は、、、そうですね、相変わらずのテンパリ癖がちょいちょい顔を出しつつも、今回は浮き足立たずしっかり踏ん張っていこうと心に決めているので、「支え」みたいなものを認識しつつ頑張って進めています。

今回は、全7曲のプログラム構成となりました。
その内、3曲がマリンバや打楽器と二台ピアノ(二人のピアニスト)での演奏。1曲はマリンバとピアノ一台(一人のピアニスト)。2曲がマリンバソロで、あとの1曲は「お楽しみコーナー」。(笑)
二人のピアニストの多大なるご協力のもと、しっかりとしたリハーサルを既に始めています。

その二人のピアニストが、今回のゲストとなる浦壁信二さんと森浩司くん。二人についての諸々は、以前ここにも触れましたが(カテゴリー「リサイタル第三弾!!」のリンクをご参照ください)、彼らとのリハーサルを思い切り楽しんでいます。
特に、二人の二台ピアノにお手伝いいただく3曲
「竹島悟史/SKY HIGH for Wind Orchestra and Solo Marimba」
「A.ジョリヴェ/打楽器協奏曲」
「竹島悟史/Another sea for Orchestra and Solo Marimba」
は、今回のリサイタルの為に二台ピアノ伴奏版アレンジを上げたので、その譜面でどんな音がするのだろうか、と音探しをしていくところから始めなくてはならず、かなり根を詰めたリハーサルが続いています。
ある一人の、ピアニスト以外の楽器演奏家のリサイタル(今回の場合、僕ですね)で、二台ピアノでの伴奏という形を選ぶということは、あまり無いように思います。たいてい、楽器一人と伴奏ピアノ一人。
ピアノという楽器が、やはりものすごく優れた楽器で、楽器一人の伴奏をするのであればピアノ一台で充分にまかなえるであろう(良い意味で)という、大昔の音楽家たちが考えた形式は、確かにスマートで美しいです。
ただ、僕は、もっともっと音に満たされたい。例えば、生きていくために水と少々の食べ物があれば良い、という考え方には未熟な故まだまだ行き着かず、溢れんばかり満ちあふれる豊かな音がたくさん欲しいを思ってしまうため、今回は敢えて二台ピアノとのアンサンブルという方法を選びました。
そして、三人でのリハーサルで、そういったサウンドに仕立てるべく、頑張っています。

「P.クレストン/マリンバ小協奏曲」は、僕のマリンバと、浦壁さんのピアノでお届け。
これは、二人にとってかなり懐かしい曲であり、僕個人的にも思い入れがある曲なので、その懐かしい形式のままにしました。

マリンバソロは、、、ん、自分がしっかり頑張って準備しましょう。

そして。
「お楽しみコーナー」。(笑)
このリサイタルシリーズで、必ず差し込むコーナーなのですが、、、いつコーナー化したっけ?、、、お楽しみって言っても、まずは「舞台上の僕らが楽しんでいるコーナー」です。でも、毎回ここで、より一層ホットな空気が会場中に生まれるので、、、さて、今回は?(笑)
いやいや、大爆笑しながら、真剣にリハーサルしてますよ〜!!


と、演奏の準備もさることながら、事務的な作業も並行して進めています。このリサイタルシリーズのサポートをお願いしている音楽事務所「株式会社1002(イチマルマルニ)」の専属マネージャーT氏から、散々尻を叩かれ、ムチを打たれ、熱湯を、、、で、苦手な「締め切り」というものに立ち向かっています。(笑)
今ちょうど、本番当日にお客様へお配りする「プログラム」の印刷へ向け、最終調整に入っていて、文章や言葉の誤植確認、デザインの細部調整など、ミクロ単位の作業に明け暮れています。(←8割がたマネージャーT氏が。)
どうやら、僕はこだわり過ぎなようです。もっと簡潔化したら色々イロイロ楽なのに。(爆)
いやいや、僕にとっては2年に1回のお祭りですからね。という想いに、マネージャーT氏はしっかりぴったり着いてきてくれて、そして3回目ともなると、僕という人間にも慣れてきたのか、見定めてドカンと刺す、凄腕マッサージ師のようなツボの付き方をしてくださいます。ありがとう。(笑)(泣)


というわけで。というわけで?
普段のN響業務もこの時期ならでは的に忙しくしながら、合間を縫って準備を進めています。
昔、ここにも書いたかもしれませんが、僕は「晩夏から秋、秋から初冬」という季節が、きっと好きなんですね。好きという言葉が正しいかはわからないのですが、人間の竹島悟史が、音楽についてに限らず色んなことを想ったり考えたり感じたりすることが多い季節であることは、間違いありません。ん、確かに。

リサイタル第一回は、2006年9月26日火曜日。
第二回は、2008年10月7日火曜日。
そして今回第三回は、2010年12月7日火曜日。

えっと、火曜日フェチじゃないですよ。
数字の「7」にはまり始めたとかも、全く無いし。
でも、特別な理由は無く、やっぱり毎回の開催が「その時期」なんですね。
芸術の秋という言い回しがどうやって生まれたのか、詳しくは知りませんが、「秋に想うなにか」というのは、人間共通にあるものなのですかね?

今回は12月開催。晩秋か初冬か。
前々回、前回は、日にち的に近かったのですが、今回はかなり年の瀬に近付いていて、これによりお客様皆さまのご都合具合がどう違ってくるのかが、心配というかなんというか。しっかり「師走」ですしね。
なるべくたくさんのお客様にお越しいただきたいと思っていますので、少しでもご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非とも遊びにいらしてください。色んな味の音楽鍋をご用意して、お待ちしております。


さ。それでは。
明日は、N響定期本番初日です。
こちらもしっかり頑張らないと!!

« 気ままにクラシック | トップページ | チームプレー »

コメント

リサイタルの準備お疲れ様です。もう一ヶ月ないんですね。今週のN響「復活」を聴かせて頂く予定でおります。

横尾さま

おぉ〜、「復活」にご来場ですか!!
良い曲ですよね〜。僕の大好きな曲の一つです。どんな演奏になるか、楽しみです。
今日の定期にあった、ガーシュイン作曲ピアノ協奏曲へ調や、プロコフィエフ作曲交響曲第5番も、大好きな曲。好きな曲を演奏出来るのって、本当に楽しいです。
では、お気を付けていらしてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 気ままにクラシック | トップページ | チームプレー »