演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« ホッとして寝ましょう。 | トップページ | 「頑張る」って、悪くない »

次!!

N響ボレロ、無事終了。

今日のN響コンサートは、毎年行われるNTT東日本主催の公演。東京初台にある東京オペラシティでの本番でした。
プログラムは、下記の通り。
・チャイコフスキー作曲 組曲「くるみ割り人形」
・ラヴェル作曲 「ピアノ協奏曲ト長調」
・ラヴェル作曲 組曲「マ・メール・ロワ」
・ラヴェル作曲 「ボレロ」
お客様にとっても聴きやすいであろうし、僕らやる側にとっても気持ちよくやりがいのある、なかなかバランスの良いプログラムだったかと思います。

ラヴェル作曲、ボレロ。
これは、オーケストラの打楽器奏者が、色々な意味で想いを寄せる曲です。
15分ほどの間、小太鼓で同じリズムをずっと叩き続ける。曲の冒頭はしっかりとした弱音で、曲の進行と共に徐々に音量を増していき、最後に頂点を迎えます。その、極々単純で、だからこそ非常に難易度高いパートがあるが故、オーケストラの打楽器奏者にとっては、特に何らかの意識を持つ曲です。
また、その間にオーケストラに流れる旋律は「2つ」だけ。そのAとBと(としましょうか)が、オーケストラ中の色々な楽器により奏でられていき、やがてみんなが重なり合って、頂点のクライマックスを迎えるという、シンプル極まりなくも色々なドラマが存在する、名曲中の名曲です。

今日は、その小太鼓を担当しました。
N響では初めてです。
前述の通り、打楽器奏者のこの曲に対する意識の仕方は千差万別ですが、僕ももちろんこの曲の小太鼓パートへの想いをしっかり持っていたので、「あぁ、ついにN響でこの曲の小太鼓を演奏するんだ。」と、やっぱり何か特別な気持ちで臨みました。
今回に関しては、昨日のリハーサル、今日昼過ぎのステージリハーサル、そして夜本番、、、この曲に与えられた準備の時間は2つです。オーケストラ全員が曲を熟知しているからこその配分で、その間にどんどん音を作っていきました。

昨日のリハーサルはN響練習場で行ったので、今日昼過ぎのステージリハーサルで、ようやっと今回のメンバーのボレロが東京オペラシティのステージに乗ります。
そのステージリハーサルにて、指揮者高関さんのタクトが降り、弱音の中曲が始まり、10秒もせずストップ。

オーケストラに対し、
「ちょっと大きいですかね?」

僕は天を仰ぎ。
オーケストラは、大爆笑。

僕も、ちょっと大きいかな、っていう感じもすごくわかったし、あぁ〜やっぱりだよな〜、って。
リハーサルって、そのバランスをとったりするためにある時間だからね。高関さんが作ってくれようとしているボレロはやっぱりそうかと、他意は全くなく、おっし、わかりました!!です。
東京オペラシティは、フルオーケストラが乗って大音量を曲目を演奏するには、ちょっとだけ大きさに欠ける感じがしないでもないステージなので、音がしっかり凝縮される分、弱音すらしっかりと「鳴って」しまうのかもしれませんね。(←言い訳がましくすいません。言い訳ですから。笑)

で。
何よりも、オーケストラから「笑い」が起こったことが、僕にとっての大きな助けとなりました。

やっぱり、オケのみんなにこの曲の最初の弱音の意識がしっかりあって、緊張感を持ってくれているからこそ、柔和な笑顔の高関さんの「ちょっと大きいですかね?」に、あはは、うひゃひゃ、となったかと。
「ほれ、もっとちっちゃくしてみろや。」でもいいし、
「おぉ〜、頑張れよ〜。」でもいいし、
とにかく、その「笑い」が、僕がさらにチャレンジしにいく上での大きな支えとなりました。

本番、ボレロの最中に、何を考えていたか。
色々考えていました。
でも、小太鼓がすごい曲じゃなくて、オーケストラのカッコイイ曲!!として、N響から発信できることを願い、その一員であり一員でしかない自分のパートを全うすべく、向かっていました。
かっこつけて言っているつもりはありません。本心です。
課題はまだまだ色々ありますが、一つの形として、今回しっかりと演奏出来たと思います。
ともあれ、よかったな、って思っています。


リサイタルを目前に、かなりタフな仕事でした。
リサイタルまで、あとほぼ1週間。
実は、リサイタルまでにもう一つN響仕事があるのですが、心身ともにがたつかないよう、頑張り続けたいと思います。

では。しっかり寝て、明日からまた頑張ります。

« ホッとして寝ましょう。 | トップページ | 「頑張る」って、悪くない »

コメント

更新待っていました。
ホントにたくさんの思いがあるボレロだったと思います♪
リサイタル一週間前にパソコンが壊れたりボレロがあったりf^_^;
いろいろ重なりますね(^^)
でもひとつひとつが始まって→終わる♪そして→次(^0^)/ですね♪
深呼吸して→次へ向かってください(^^)
次も楽しみにしています♪

竹島さんのボレロ、小太鼓聴きたかった。ボレロで主役は小太鼓です。聴衆の立場ではそう思います。最初の出だしでテンポ決まってしまいますし。リサイタルの前に定期演奏会ですね。テレビで拝見することになりますが、素晴らしい演奏を祈っております。

みゆきさま

ふぅ〜っ、、、ボレロ終わりました〜!!
またいつかN響でボレロのスネアを担当することがあるならば、その際には是非ご主人と共に「最初」を味わいたいなと。(笑)
僕は、基本的に「最高潮のテンション」と「針振りきれてあえなく終了」との紙一重な狭間を泳ぎながら生きているようです。何かに追われながら、ぐぐ〜っと踏ん張り何かとせめぎ合いながら、そこで生まれる「汗だらけの賜物」に、美学を感じている気が、今改めてしています。そして、自分の追い込んでいるのは、正真正銘自分で、、、果たして一体自分はSなのかMなのか。。。(爆)
昨日ボレロを終え、今日は一日リサイタルの合わせでした。明日からまたN響ですね。自分に対する追い込み脅し絶好調。(笑) でも、頑張った先にどんな幸せが待っているかを知って、それを一番のご褒美にして生きてきたので、ここもしっかり頑張っちゃおうかと。
もう12月ですね。勘弁して欲しいわ。(笑)


横尾さま

ボレロ、終わりました〜!!
そうですね、お客様にとっては、あの小太鼓は注目せざるを得ないポイントになりますよね。よくわかります。
そこで僕は、あの小太鼓がしっかり音楽の核になっていることをもちろん認識し、その役割を全うしながらも、実は音楽的立ち位置としては一番奥とか下とかに存在し、オーケストラの先頭に立って誘導するのではなく、一番奥とか下とかからみんなを押し出していくような形を理想としているのかもしれません。そして、そういった姿を注目していただくことで、「オーケストラのカッコイイ曲」と成り立つのではないかと思っています。
ん、、、もんのすごく深いところに存在する主役、というか。
サイトウキネンのようなオーケストラで、ボレロのスネアが出来たなら、これはまた面白いでしょうね。
さぁ、N響12月はマエストロ デュトワの登場です。面白いプログラム目白押しですね!! (←やる方は大変。。。笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホッとして寝ましょう。 | トップページ | 「頑張る」って、悪くない »