演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 愛媛より | トップページ | 日記 »

気ままにクラシック

NHK-FM「気ままにクラシック」公開収録 in 愛媛県西条市、終わりました〜!!
(詳しくは、昨日の書き込みへ)

楽しく打ち上がり、ようやっとホテルの部屋でほっと一息ついています。
いやぁ〜、、、おぉ〜、、、というのが今の気持ち。
充実感、虚脱感、喜びもあり自己反省もあり、何とも言えない気持ちにあふれ、ぼ〜っとしていますが、今日という日がしっかり終わって「今」を迎えていることに、まずはほっとしています。

色んなことは、また近日中に。
おやすみなさい。
10/22 27:30

« 愛媛より | トップページ | 日記 »

コメント

竹島さん。

コメント遅くなりました。2年ぶり位?ですかね、お会いするのは。。演奏は本当に「おぉ~~」でしたよ。帰りに母と話していたのですが、35年位前に母が聴いたマリンバの演奏は「超絶技巧オンリー」って感じの演奏だったそうで、竹島さんの演奏はいいね、優しいね、多分竹島さん自身が優しくてあったかい人なんだろうね~。と申しておりました。二人でファミレスで大盛り上がりでした(笑)

14曲中13曲に登場、大変お疲れだったと思います。収録は3時間くらいありましたし…。でも、私は竹島さんのおかげで幸せな3時間でした。久しぶりに顔見て話して、お元気なのも確認できましたし。

あと、12月A定期、無事にチケット取れました。バカなので日にちを間違えてしまって、4日のチケットも取ってしまってキャンセルできないのでどうしようかと思っています。でも取れないよりは良かったです。
12月はちゃんとお土産持参しますので7日のコンサートの祝杯にしてくださいね(笑)

かおりより

竹島さん、こんにちは。ご案内頂戴しありがとうございます。リサイタル、もし東京にいれば是非聴かせて頂きたいと思います。また「気ままにクラシック」平日なので全部は聴けませんが、出勤途中に聴かせて頂きたいと思います。体調気をつけて頂きご活躍を!

 ディア竹島さん。気ままに(タケシマ)クラシック,休んで(公休)聞きました。ラストにブラヴォーが会場に響き渡りましたが,そのとおり素晴らしい2時間,リサイタルでした。スペシャルコーナーでの3曲でホールにマリンバの音がが吸い込まれていく様子が手に取るように分かりました。やさしい響きですよね。「ディア」,心にしみました。シンバルの話ではアイーダ公演のシンバルをTの字で奏でるオケとのあの微妙な音色が耳に戻ってきましたよ。年末にかけての活躍楽しみにしています。

はじめまして、
マリンバが好きでよく弾いています。
公開録音を聞いたものです。

とくにDearはとても自分の琴線に響き、感動いたしました。


こちらは出版などしているのでしょうか?

出社途中にちょうどアベマリアの前後を聴くことができました。竹島さんのマリンバは一言で「暖か」です。他の楽器を優しく包んでいるような感じですね。また小宇宙というイメージもあるのですが、マリンバの響きは無限の様でもあります。

竹島様

本日はNHK音楽祭お疲れ様でした。後半の第3楽章のみのご登場だったかと思いますが、良い味を出していましたね。最近は定期演奏会にお邪魔できていなかったので、久々にお元気な姿を拝見して、安心しました。お体に気を付けて、これからもがんばってください。

かおりさま

気ままにクラシック公開収録では、久々にお会いできて嬉しかったです。今は、N響業務の合間を縫ってリサイタルの準備に追われまくる毎日なので、かなり遠い昔のことのように。。。 ラジオ、聞き逃しちゃったし。(苦笑)
12月N響定期にいらっしゃるのですね。ありがとう。どうぞお気を付けて。そして、どうぞお気遣い無く。

横尾さま

僕のマリンバがあたたか、、、とても嬉しいお言葉、ありがとうございます。僕自身、ラジオを聞き逃してしまいましたが、自分の演奏は良く覚えていますし、反省点もしっかり認識しています。もちろん、まだまだ精進するべく、より一層頑張るまでです。
またいつか、聴いてくださいね。

きむらさま

忙しさに追われ、ラジオを聞き逃してしまいましたが、お楽しみいただいたようで何よりです。
あぁ、もう、バッタバタしています。(笑)
N響もリサイタルもその他も、全てにしっかりと向き合って、頑張っていきます。この年末は、かなりの正念場となるのはわかっているので、自分がパンクしないように、しっかり踏ん張っていこうと思います。

きみひろさま

初めまして。コメントありがとうございます。
気ままにクラシックをお聴きいただいたようで、、、ありがとうございます。
お楽しみいただいたDear...が含まれる"A Letter"という組曲は、現時点ではまだ出版されておりません。ただ、前々から出版のご要望を多数いただいており、近い将来、出版出来たらいいのかもしれないなと思っております。実現した際には、コチラでもご報告させていただきますので、お手に取っていただけたら幸いです。
今後とも、よろしくお願いいたします。

岩崎さま

NHK音楽祭にお越しいただいたとのこと、ありがとうございました。
そうですね、出番はちょろっとでした。(笑) あのトライアングルは、もう何度演奏したことか、、、でも、本当に難しくて、とてもやりがいがあり、大好きです。
どんどん頑張っていきますので、今後ともN響をよろしくお願いいたします!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛媛より | トップページ | 日記 »