演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 人間タケシマ、か? | トップページ | 北海道 »

準備

今日は、一日中バタバタしていました〜。

夜は、10月6日に本番予定の「なぎさブラスゾリステンコンサート」の初リハーサル。
最近「タケちゃんのパートはお任せするよ〜!! 何かやって!!(ハート)」という方法論になる曲が増えてきていて、、、うぅ〜、、、まぁ、わかるけどね。任された方が良いのかもしれないし。ただ、今日のようなリハーサルの初日に初めて目にする楽譜の曲の練習なんかは、完全に置いてけぼりを喰います。数少ないリハーサルの一回がこういう感じになると、非常に焦りますね。何事も準備って大切です。
もちろん、本番までにはしっかり熟考し、ちゃんとした演奏が出来るよう頑張るのみ。ある程度覚悟してたけど、リサイタル前にデッカイ用事が出来てしまいました。(笑) 頑張りましょう。

そして。明日から北海道に行ってきます。
ここ数年、よく参加させていただいている「Concert for kids 〜0歳からのクラシック〜」の旭川公演と美深町公演に出演します。そして、その合間に、旭川にある中学校でアウトリーチをします。
今回のConcert for kidsは、歌、ヴァイオリン、ピアノ、僕という布陣。「僕」というところがね、、、最近の僕が参加するCFKではおなじみですが、ピアノの連弾に参加したりもします。上記なぎさブラスでもそうですが、僕のパートは「打楽器」とか「マリンバ」とかでくくれない!!(笑) 良いか悪いかは別として、、、僕はこの状況を喜んでいるし、僕の出来ることを一生懸命やるまでです。
使用する打楽器はたくさんありますが、業者からお借りしたり私物楽器を送ったりして、既に調整済み。明日の午前中にしっかり届いていることを願って。ただ、スティックやマレットといったバチ関係は、今日までの仕事の都合上送ることが出来なかったので、わんさか持参。飛行場の手荷物検査場で「これは一体何ですか?」と聞かれるのは慣れています。(笑)
中学校でのアウトリーチでは、授業のコマでいう2時間、演奏やら音楽にまつわるお話やらを披露します。伴奏はピアニスト松川儒にお願いして、中学生相手にワイワイやります。これは楽しみだなぁ。レパートリー的にも色々ネタを仕込んで、しっかり準備しました。準備がしっかり出来ていると、演奏にもしっかり集中出来るし、それにより演奏も良くなるはず。いや、「はず」じゃないな。今から楽しみです。
そしてそして。
北海道って、特に旭川って、もう寒いくらいなんですね。最高気温が十度台、最低気温は一桁台まで落ちる日もあるみたい。うわぁ〜、、、長袖ナガソデ。ジャケットも持って行こう。長袖が必要な旅って、どうにも荷物が嵩張りますね〜。ただでさえ、バチもたくさん持って行かなきゃいけないのに。でも、体調崩さないように、準備準備。

リサイタルに関しての準備も、相変わらず地道に頑張って進めています。
演奏面に於いては、とりあえず心強き共演者お二人に、ほとんどの譜面をお渡しすることが出来たので、その曲々については自分も練習モードにしっかり切り替わりました。リサイタルは、演奏以外にも色々とやらなきゃいけないこと、考えなきゃいけないことが山のようにありますが、やっぱり僕も音楽家なのかな、練習している時や作編曲をしている時が、一番楽しいし嬉しいです。(笑)
今月末から、共演者お二人とのリハーサルも始まるので、まずそれに向けた準備をし、そして共演者+僕の三人でリサイタルに向けた準備をし、12月7日にしっかり楽しい時間を作りたいと思います。

準備するということは、何もカチコチのレールを引くということでは無いと思います。「遊び」という部分や、敢えて「準備しない」という部分も、絶対に必要だと思っています。
ただ、僕は、遊びやハプニングというものは、しっかりとした準備(この場合、準備することによって生まれる「土台」とも言うのかな)があった上で楽しめるんだと思うので、、、これは「演奏上のテクニック」という分野でも全く一緒、、、バタバタしまくりな自分の音楽生活や日常生活の中から「準備」というキーワードが薄れていかないよう、努力していきたいです。

さぁ。
明日から、北海道に行ってきます!!

« 人間タケシマ、か? | トップページ | 北海道 »

コメント

 心に迫る「準備論」ですよ。グーッときました。竹島スタイルの根底は,ここにあるのですね。ステージ上で胸を張り常時息を抜くことのない真剣そのものの姿が,目に浮かびます。が,故に演奏終了後の竹島スマイルがより印象を深めてくれるのでしょうね。旭川の子供たちにもこの音楽会の感動が記憶に刻み込まれることでしょう。リサイタル,私も先日ブルーローズの下見(準備)に行ってきました。本当に。田舎もんですからね。12月7日は,1列目を確保します。絶対に。さて,いってらっしゃいー。

キムラさま

なんだか、自分の書いた記事を読み返してみると、かなり偉そうに語ってしまってますね!!(笑) 失礼しました。
リサイタルのお席についてですが、、、一番前だと、かぶりつきになりすぎて、かなり見上げる状況になるかと。首が痛くなってしまうし、打面も姿も見えなくなってしまうかなぁ。。。
近くでご覧になりたいというお気持ちは、嬉しく頂戴します。是非、バランスの良いお席をお選びくださいね!!
旭川は、もうしっかりと「寒い」です。朝夜なんて、重ね着重ね着。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人間タケシマ、か? | トップページ | 北海道 »