演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 感動刺激雨あられ | トップページ | オペラ「サロメ」本番2回目 »

オペラ「サロメ」本番初日

サイトウキネンオペラ「サロメ」の本番初日。

やっと迎えた初めての本番。オーケストラピット(オペラのオーケストラは、ステージの「下」に潜り込むような形になることが多いですね。=オーケストラピット)内の空気は、ぴり〜っとした緊張感に包まれていました。ん、ようやく本番だ!!

リハーサルは、その演奏をより良くするための「準備」。
そのリハーサルで色々考えたり話し合ったりして決めていく事々を、しっかり認識して本番に臨むことが大前提ですが、例えば、その決め合ったことを「アンパイ(言葉が悪いかな?)」的にとらえ、リハーサルという準備の場で上手くいったその方法論だけを死守したり、それだけを頼りにおさまってしまうと、本番という何ともエキサイティングな瞬間が、完全たる「守り」になってしまいます。
本番だからこそ生まれるテンションは多々あるわけで、それ故、リハーサルはこうだったけど、本番になったらこうなってしまったという色々は、決して端から否定できることではありません。リハーサルで確認し合あうことというのは、あくまで「最低限」今回はこういう方向に向かって演奏しようという道筋を確かめ合うことだと思っています。

普段オーケストラにいて、そういったリハーサル作業、本番ならではのアンテナの巡らし合い、というものをとても大切にしていますが、オペラは演奏(=上演)に関わる人数が大幅に増えるので、オーケストラコンサートの時よりも、より一層の連帯感を信じていられると、本番ならではの色々も暴走しすぎることなく全て結びつきながら良い演奏へつながっていくんだなぁ、と感じました。あちこちアンテナを張って、時には臨機応変に音を作っていくのって、本当に面白いし、やりがい200%です。

今日の演奏は、そういった意味で、非常にスリリングではありました。オーケストラ内でのアンサンブルも難しい箇所がたくさんあるし、僕らには見えない(目で認識できない)僕らの頭上で演じている歌手達との連帯感も必要だし、指揮者の持つ若さあふれる勢いやパワーが本番どれだけどうなるかは未知だし。
オーケストラピット内で、全ての決め事が全て上手くいき、完全に合致して動けたかというと、よっしゃ!!の場所と、そうではなかった場所と色々あるかもしれませんが、一つの形としてしっかりと成り立った演奏になりました。あとは細部の確認。次も頑張ろう!!

終演後、フェスティバルのオープニングパーティがありました。少しずつ色々な本番が始まったことで、フェスティバルに参加する演奏家もどんどん集まって来て、オペラという大きな本番の初日を終えた夜に、やっとオープニングパーティ。マエストロ小澤征爾さんも、ご存じの大病と闘われた後、今は大病前からあった腰痛に立ち向かいつつ、フェスティバル内のコンサートに備えていらっしゃいますが、少しの時間パーティに参加され、お得意?のMCで会場に笑いと安心をもたらされました。全快全開を目指し、焦らずにしっかりご療養いただきたく。

そして、パーティ後に仲間とちょっと飲んで、帰って来ました。
僕がバレーボール好きだということをご存じの方がどれだけいらっしゃるかわかりませんが(笑)、ちょうどワールドグランプリ予選の中継があったので、応援しながらじっくり見ながら分析して、、、そろそろ寝ましょうね。

ん、お疲れさまでした。

« 感動刺激雨あられ | トップページ | オペラ「サロメ」本番2回目 »

コメント

う~ん!!いつの間にこんなに書き込みが??私がびわ湖で遊んでるうちに。充実のサイトウキネンですね。今年もいけませんでしたが,ブログから竹島さんのバチさばきが手に取るようです。ヤッパリ,オケピットとはそんな心地になるんでしょうね。納得!私はせいぜいN響アワーとクラシック倶楽部を見ながら応援します。リフレッシュして,充電して帰ってきてください。待ってます。

キムラさま

いきなりの「波」到来で、更新を進めてしまいました。(笑)
いつも応援してくださり、ありがとうございます。刺激的な毎日を送っています。充電するというよりかは、毎日瞬間瞬間に新陳代謝を繰り返し、活性化200%な生活かな。
今の生活がまた、東京に帰ってからの生活の諸々に自ら影響していけるよう、あと一週間くらい頑張って楽しみたいと思います。
これからもよろしくお願いいたします!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 感動刺激雨あられ | トップページ | オペラ「サロメ」本番2回目 »