演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年8月 »

リサイタル第三弾!!!!!!!!!!

皆さま、またまたご無沙汰しております。お元気でいらっしゃいますか?


久々の書き込みながら、ついに!!のご報告です。

ついに!!
自主リサイタルの第三弾、開催します!!!!

竹島悟史 Sound garden vol.3 "Reunion"
2010年12月7日(火) 19:00開演
サントリーホール ブルーローズ(小ホール)

2006年、30歳になったことをきっかけに始めたリサイタルシリーズ「竹島悟史 Sound garden」。二年に一度くらいの割合で続けていこうと、2006年に第1回を、2008年に第2回を開催してきました。
そして、今年2010年。
昨年あたりから、今回第3回に向けて企画内容を考えてみたりしていたのですが、昨年中は個人的に何だかちょっと色々大変な時期で、なかなかアイディアが生まれて来ず、悩んでいました。あらら、延期?とかね。
でも、今年の春、いきなりわ〜っとアイディアが浮かんできました。面白いもので、個人的な何だか色々大変だったモヤモヤが、ぱぁ〜っと晴れてきた時期だったんです。
あぁ、今の自分はこれをやりたいな、ということがしっかり見えてきたので、すぐさまスタートを切りました。そして今、12月7日の開催に向け、せっせと準備しているところ。毎回お世話になっている音楽事務所株式会社1002[イチマルマルニ]に、もちろん今回もサポートをお願いし、バンバン尻を叩いていただいています。(笑)


では、まず、ゲストのご紹介。
今回のゲストは、ピアニスト2名。浦壁信二さんと森浩司くんです。
この二人と僕は、、、幼い頃通っていた「ヤマハ音楽教室」でつながります。

まず、浦壁さん。僕が初めて自作曲で国内での大きなコンサートに出演したのが8歳の頃でしたが、その時に一緒に出演されていた「お兄ちゃん」で、旅公演となると、迷子にならないよう手をつないで歩いてくれたり、本当にお世話になりっぱなしでした。11歳でアメリカ公演に参加したときもご一緒させていただきましたが、お兄ちゃんは既にフランスへ留学中で、フランスから参加。ホテルが同部屋だったこともあり、はたまたお世話になりまくりでした。
時は経ち、僕が芸大打楽器科に入学し、翌年行われた第13回管打楽器コンクールの本選で、コンチェルトの伴奏をお願いしたのも浦壁さん。第2位をいただきましたが、審査員の先生方からは伴奏者(浦壁さん)を大絶賛するお声ばかりいただき、あぁ僕の腕に浦壁さんの伴奏だなんて、身の程知らずだったか、なんて思ったりもしました。(笑)
そんな浦壁さんは、Sound gardenに2回ともご来場いただいていて、いつもあたたかいご感想とアドヴァイスをくださる、やっぱり良い「お兄ちゃん」です。
その浦壁さんと、今回「Reunion」です。

次に森くん。
森くんとは、ヤマハ音楽教室でのグループレッスンで同じグループでした。何年も一緒に肩を並べて勉強していましたね。そしてレッスンが終わると、すぐさま他の空き部屋に移動して、何時間もピアノやエレクトーンの遊び弾きをしていました。自分たちや友達が作った曲やら、勉強したクラシックの曲やら、いつまで経っても終わらない遊び弾きで、でも即興でちゃんとアンサンブルに仕立てて楽しんでいました。「音楽で遊ぶ」という感覚は、確実にこの頃に養われたもので、僕の一番の財産だと思っています。
15歳、僕がヤマハで最後に作曲したのは、エレクトーン2台と打楽器4パートという曲でしたが、その曲の演奏の機会をいただく度に、プロの打楽器奏者の方々に混ざって、何と森くんも打楽器のパートを担当してくれました。僕がエレクトーンを弾いて、森くんは打楽器を。
ヤマハ音楽教室が終わり、しばらく会っていなかったのですが、森くんが東京音大ピアノ科に進み、その後、色々な打楽器奏者の伴奏をしていると知ったのが、4〜5年前。本当にビックリしましたし、あぁ、いつかまた一緒に音楽を出来るだろうなと確信しました。
そんな森くんと、今回「Reunion」です。

そんな2人に、2台ピアノで伴奏をしていただきます。自作コンチェルト2曲、既成コンチェルト2曲を含むプログラムを企画しました。このコンチェルトの数々にも、色々な「Reunion」が刻まれています。
今までのSound gardenのように、いつも通り、あたたかく楽しい空気が生まれることを目標に、しっかり頑張っていこうと思います。昔、ヤマハ音楽教室で教わった「音楽を楽しむ」ということを、最大限に発揮できる場として、自分もワクワク楽しみにしています。


Reunion・・・再会。
皆さまと、楽しく再会出来ることを。
もちろん、初めてお越しいただく皆さまとも、笑顔でお会いできることを楽しみにしています。
是非ぜひ、お気軽に遊びにいらしてくださいね。
チケット発売は8月1日からですが、このブログ上から僕へご連絡いただけるような態勢も整えたいと思っておりますので、もう少々お待ちください。
また、準備段階のご報告など、こちらでアップしていこうと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

酷暑酷暑の毎日ですが、お身体にお気を付けて、一緒に頑張りましょう!!

« 2010年4月 | トップページ | 2010年8月 »