演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« あけましておめでとう!! | トップページ | 2/23の夜中です »

改装!!

ちょっと、改装してみました。
以前ここにお越しいただいた方は、ビックリされたかな?
気分転換です。今までのショボめな手作り背景は卒業。プロバイダーが提供してくれているテンプレートから選びました。
ここにお越しの際は、是非お酒を片手に。(僕がそうだったりする=夜多し)

コメントいただいた方に、お返事のコメントを書こうとしたら、どうにもこうにも投稿できず。何か不具合が起こっているようです。ごめんなさい。

元旦から普通に仕事していましたが、明日からN響仕事もスタートです。今年のプログラムには、打楽器がある曲が多く含まれていて、よってマラソンになる期間も多くなりそうですが、息切れしないようしっかり頑張っていくつもりです。明日から始まるリハーサルは、1/10,11本番のN響1月A定期のためのもの。新年初定期ということで?、ワルツポルカ満載の華やかなプログラムです。

間近に迫りましたが、1/11に楽しいアンサンブルの演奏会をします。
今までに何度も一緒に演奏してきた仲間、ソプラノ佐竹由美(なおみ)、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥、各氏と4人でのステージ。僕がSound garden vol.2の時に書いた曲「crossing」を含む、これまで4人で演奏してきた曲目からプログラムを構成しましたが、一曲委嘱作品があります。
新曲を書いてくださったのは、、、なんと!! 池辺晋一郎氏です!!
NHK教育で毎週放送されている「N響アワー」に、以前、コメンテーター、ナビゲーター、、、何とお呼びしていいのかわからないけれど、視聴者の方々にクラシック音楽を面白くご紹介してくださるお立場としてご出演されていた方で、それよりも、日本を代表する作曲家であることは言うまでもありません。
色々なご縁あって、池辺先生が僕たちの為に曲を書いてくださいました。
ユーモアセンス抜群、必ずシャレが効いてくるトークで、視聴者の方々にも、また日常生活における僕たちにも、笑いをもたらしてくれる楽しいお方ですが、、、今回の曲もまた、ニヒヒ!!と笑いが出るような、お洒落な曲となっています。この曲が、今公演で世界初演となります。
ご都合よろしかったら、是非遊びにいらしてください。
詳細は、左にある演奏会のご案内へ。

暖冬だと言われていますが、夜はそこそこ寒くなりますよね。
みなさん、お身体にはお気を付けて。

« あけましておめでとう!! | トップページ | 2/23の夜中です »

コメント

竹島さん。

お久しぶりです。。
N響アワーの映像だけを頼りに、良かった、竹島さん元気にしてる!とか思ってました。

1月11日の演奏会、由美さんも、夏に会ったときにりさこさんも「また4人でやるから~」と言ってくれたのですが、今回は残念ですが・・・。

がんばってくださいね。いい演奏会になりますように!

今年に入って、私も新しく楽器をはじめました。
何を初めたかって??
ヒミツです(笑)

便りの無いのは元気な証拠って言うけど・・・竹島さんからは繊細さが常に見え隠れするのでチョッと心配しちゃいました。でも、大笑いのなぎさブラスのチラシのお写真や某音楽大学の打楽器の祭典のプログラムのコメントを見てニヤニヤ致しておりました。これからもあてにしないで楽しみに更新をお待ち致して居ります。smile

竹島さま

先日の「至福の時コンサート」を聞かせて頂きました。マリンバの音がこんなに美しいって初めて知りましたheart04

竹島さん作曲の曲も、初めて聞く感じの不思議&楽しい音楽で、新鮮な驚きでしたshine

竹島さんのマリンバがもっと聴ける演奏会にぜひ参加してみたいです。このたびは、本当にありがとうございました。


まだ至福の時です。crossing,素晴らしい。その一言です。チェロもハープもパーカッションもあんな演奏ができるのですね。眼と息の合った演奏,これがたまらないのです。もっともっと聞きたいし,またまた,期待しています。ありがとうございました。

昨日のN響定期、行きました。
スラヴ行進曲のスネア、くるみ割りのタンバリンなど、どれもピシっと決まってましたね!

見習いたい、アマチュアオケで打楽器やってる小生です。

かおりさま

あけましておめでとうございます!!
お元気でいらっしゃいますか?
11日の演奏会、無事終わりました。お客様には大変喜んでいただいて、出演者4人でホッとしています。僕らもかなり楽しんで演奏できたので、◎ということで。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします!!


ダヴィデヒデさま

お疲れさまです!! (笑)
11日、楽しい演奏会でしたね。由美さんにはホント感動させられっぱなしです。ダヴィデヒデさまとあまりお話し出来なかったのが残念でしたが、、、こちらもバタバタしていてごめんなさい。4月、どうぞよろしくお願いいたします。楽しみですね!!!!


えばらさま

初めまして。コメントありがとうございます。
11日、お越しいただいたのですね。寒空の中ありがとうございました。マリンバって、本当に色んな音が出るんです。その色んな音をたくさんたくさん導き出すために、日々頑張っています。
また、あの4人のアンサンブルで、マリンバが異色に浮くことなく混じり合っているのは、他3人のおかげであることは言うまでもありません。マリンバの音をしっかりとアンサンブルの中に溶け込ませてくれているんですね。なので、あの4人でしか生まれないサウンドが出来上がるんだと、自負しています。
僕自身、あちこちで演奏活動していますので、是非また遊びにいらしてくださいね。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。


宇都宮の木村さま

度々。(笑)
11日は、遠いところお越しいただき本当にありがとうございました。寒かったですよね〜。
あの4人のアンサンブル、池辺先生がおっしゃっていた通り、あり得ないような特殊な編成ですよね。でも、ああやって一つになることが出来るんです。言葉の違う各国の子供達が、何かきっかけを見つけるとすぐに意気投合して楽しく遊ぶことが出来る、っていうのと似ているかも知れません。結局方法論じゃないんですよね。4人とも、活動方法も得意分野も違うけれど、色々面白がってチャレンジしてみようよ、っていう「一緒になりたい」気持ちがすごく溢れているので、不思議と音が混じり合うんだと思います。
そんな至福な思いを感じながら書いたのが、crossingでした。リハーサルをする度、本番を迎える度、どんどん成長していくのは、3人がこの曲を愛し、もっともっととアイディアをどんどん採り入れてくれるからです。
演奏がとんでもなく上手な演奏家は、この世の中たっくさんいます。それはそれで、素晴らしいことです。ホントに。
ただ、僕は、その先にある(ホントは最初にある)「音楽は心から」という大事なことを一番に信じていきたいし、それを共有できる色んな音楽家と、楽しく生きていきたいなと思っています。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。また色々遊びにいらしてくださいね!!


ひでちゃまさま

初めまして。コメントありがとうございます。
N響1月C定期にお越しいただき、ありがとうございました。
わぁ、スラブのスネア、胡桃のタンバリン、、、しっかりとご覧になられているのですね。。。(汗)(笑)
オーケストラで打楽器を演奏している時、極論最終的には、自分のことより60人なり80人なり100人で生まれる1つの音(音楽)のことを考えています。タンバリンをちゃんと演奏しなきゃいけないということは、大前提も大前提ですが、そのことばかりそのことだけに意識が行ってしまうと、「タンバリンがうまくいっただけ」という音になります。タンバリンがうまくいくことだけに集中した音というのは、ものすごく独りよがりな自分勝手な音色になることが多いですね。周りを見ずに自分のことだけ、みたいな。でも、何かしら他の楽器とアンサンブルしている以上、その相手楽器と混ざり合って「良い音」「良い演奏」にならなければ、全く意味がない。その為にどうしたらいいか、これは僕自身も常日頃考え悩み続けていることであり、その作業こそ「アンサンブルの醍醐味」だと思っています。
アマチュアオーケストラで演奏されているとのこと、是非とも「自分はこんな難しいことが出来た」ではなく「この音(音楽)を仲間と一緒に作れた」ということを目指して、楽しく音楽してください。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

竹島様
早速のレス、ありがとうございます。
そう! そうなんです!!
私が在籍しているアマオケは、オーディションをやっていることもあり、一人ひとりの技術や能力は高いと思います。
しかしながら、よくトレーナーの先生方によく指摘されるのが、「あなたがたは、音楽を楽しんでない。それぞれが自己満足に浸っているだけ。もっと指揮棒に合わせるだけでなく、お互い聴きあってみて。」ということ。
打楽器セクションもそうです。タテが揃わない、音色のキャラがバラバラなんてことも。個性が強いんです、それぞれが。
まあ半ば愚痴になってしまいましたが、本当の意味で最近、音楽を楽しんでないな~と思います。
大学時代まで入ってた吹奏楽が懐かしいくらい。
かつて東京佼成WOを振っていた今は亡きフレデリック・フェネル氏(彼も打楽器出身の指揮者です)はよく口癖のように「Listen(聴いて)!」と言っていたそうです。
そうです、各プレーヤーが阿吽の呼吸で聴きあって、見合って、いいアンサンブルを醸成させる。これこそ醍醐味ですよね!

竹島さま
 早速,ありがとうございます。本当に「音楽は心から」ですよね。演奏を終えた時の4人の見合わせる笑顔,まさに至福の世界ですよね。演奏の鬼から天使に戻る,これがまた,客席にはたまらない一瞬です。これからも,至福の時を求めておうかがいしたいと思っています。足利定期にも行きます。何てったって,竹島さんとの遭遇1周年ですから。乗り番でなければ,またの機会を。
 それから,返信,無理しないでください(ほんとは大喜び)。まず演奏,作曲ですから。

お誕生日おめでとうございます。
これからもお体に気をつけて、すてきな演奏を聴かせてください。
よい年になりますように。

 竹島さま
 度々,度々。すみません。足利定期,プロコフィエフ7番。感動でした。よそよそしい軽妙さの中に,不安に追い込む竹島小太鼓の連打。作曲者の苦悩を想い,今を思う。素知らぬ振りをして踊る広上さんの指揮と対照的な竹島さんとその前の早川さんの深刻なお顔。生の音楽は,いいですねぇ。まだ,胸に迫ってきます,あの連打。また,続きを楽しみにしています。ありがとうございました。

ひでちゃまさま

例えば、長縄飛びをみんなで楽しんでいる時って、飛んでいるみんなは息を合わせて一緒に飛び続けようとするし、縄を回す二人も飛びやすいように回したりしますよね。
飛んでいるみんなが、前の人に合わせようとして、前の人が飛んだのを見てから飛んでいたら、遅いんです。縄の回転の形から、前の人や後ろの人は高く飛んだりしなきゃいけないかもしれませんが、でも、それは「どう飛ぶか」であって、とにかく一緒に飛んでいるということが大事ですよね。
縄を飛ぶために、脚力や持久力やリズム感をつけたりすることは、いわゆる個人練習の域であって、それを準備し合ったあと、初めてみんなで一緒に飛ぶことの喜びを感じあえると思います。
日常生活のあちこちに、アンサンブルの楽しさや喜びを知る要素が散らばっています。是非日常生活から音楽の楽しみを見つけてみてください。
一人で長縄飛びが上手になっても、みんなで飛べなきゃ、ですよね? 楽しく頑張ってくださいね。


宇都宮の木村さま

今回は、帰りの電車でお会いできませんでした。(笑)
たくさん聴きにいらしていただき、本当にありがとうございます。楽しんでいただいているようで、何より嬉しい限りです。
僕はN響で打楽器を担当していますが、僕の役割のほとんどは、そこにある音楽に加わるスパイスだと思っています。そのスパイスをどう効かせるか、わからないように効かせるか、ちょっと主張気味に効かせるか、でも立ち位置はどうであれ、存在意義はあるわけで、そのスパイスを生き生き存在させる方法を色々と考えています。
これからも、是非たくさん遊びにいらしてください。ありがとうございます。


まなもさま

初めまして。コメントありがとうございます。
と言いつつ、僕の誕生日をお知りいただいているようで。(笑)
あれ? もしかして以前コメントをいただいていたりしたら、ごめんなさい。
はい、34歳になりました。年上な呑み仲間からは「まだアラサーだね。」って言われたけど、アラサーとかアラフォーとかって、四捨五入的なことですか?(笑)
自分は、あんまり(今のところ?)年齢というものに何かネガティブ方向なことを感じたことはなく、、、いや、身体とか心とか確実に年を重ねてきている感はあるけど、、、今の自分をしっかり認識出来ていれば、33歳は33歳で、34歳は34歳だ、と。
今のところ、変わらず音楽漬けで楽しみながら頑張る毎日です。これからもよろしくお願いします。

すっかり出遅れました!ビックリしましたhappy02
(前の背景もショボくなかったのに・・・)
(職場でこっそり見てますが、気分はお酒でbleah

テレビのN響や、なぎさブラスのCDジャケット写真で
お元気かな、とおもってました。

先日おわったクラリネットアンサンブルで、
作曲&編曲してくださった梶谷修さんが、
子どもの頃の竹島さん(JOCの頃??)、
あの子はいい子だった~!とおっしゃってました。

今年もよろしくお願い致しますlovely

Kl.くま子さま

ご無沙汰しております。お元気ですか?
ご家族やお友達もお変わりないですか?
そして、遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

ん〜、なかなか更新できない日々がやっぱり続いておりますが、とりあえず元気にあちこち飛び回っています。いっそがしいです。(笑)
でも、それを楽しんでいるので、ね。

梶谷先生のお名前が、こんなところで!!
世の中、狭いものですね。。。
梶谷先生には、子供の頃本当にお世話になりました。僕に、音楽の色々はもちろん、人間としての色々や、男としての色々(決して変な意味ではなく。笑)を教えてくれた、大きな存在でしたし、今も尚尊敬し続けています。
そうですか、梶谷先生と一緒に音楽されたのですね。羨ましい限りです。僕も大人になった今、梶谷先生とまたお会いしたりご一緒させていただいたりしたいです。(今は年始のご挨拶のみとなってしまっているので。。。)

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

竹島様


本日はAプログラム、お疲れ様でした。前半のショスタコーヴィチ、後半のストラヴィンスキー共に、かなり竹島様の出番が多かったようですね。外は寒かったですが、熱い演奏をありがとうございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あけましておめでとう!! | トップページ | 2/23の夜中です »