演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 明日は高松 | トップページ | 好調!! »

サンレンチャン

バッタバタしたまま、11月中旬。

今は、とにもかくにも「なぎさブラス2008年11月の陣」の準備でてんやわんや。
俺って、いっつもてんやわんやだなぁ。。。(汗)

11/18札幌、11/20逗子、11/24南足柄という、多忙なメンバーが集まるなぎさブラスゾリステンにとっては奇跡の演奏会ラッシュ。まぁ、よくも予定が合ったもんだ。これは大変貴重な経験になりそうで、しっかり準備せねばなりません。
2つのプログラムを持って回るので、音楽的な準備ももちろん大変なのですが、、、俺個人的には「使用する楽器の手配」が大変。なぎさブラスのタケシマパートは、自分でも信じられないくらいの楽器の量を要します。これをね、4〜5人で演奏するというのならわかるんだけどね、っていう勢い。
逗子と南足柄には、我がポスティマと大きなレンタカーとに満載で臨みますが、札幌に関しては空輸となるので、楽器より重いようなガッチリしたハードケースが必要だとなると、いつもの私物楽器全てを送るわけにいかない。私物の中から送れるものをチョイスしたり、あちこちの打楽器メーカーさまにご協力をお願いしたりして、何とか取りそろえ。ん〜、現地に行って初めて「楽器と『初めまして』」をするって、ソロのコンサートじゃない分ちょっと不安ですが、信じるのみ。
まぁ、あとは、なぎさブラスの編曲を手掛けるトランペット高橋敦くんが、どんどんとスケールの大きなオーケストラ曲を手掛けてくださるので、使う打楽器もどんどん増えていき、、、ん、でも喜んで楽器購入にガンガン投資。あれ? ゼロいくつ?(笑) 
いや、楽器を買うって本当にドキドキワクワクするし楽しいことなので、いくらでもつぎ込みますが、より一層良い楽器をなるべく早く見つけたいとなると、結構大変なんですよね。楽器って、「1億出すから好みに合う最高のモノをちょうだい」って言っても、「無いものは無い」ですからね〜。打楽器奏者のようにたくさんの楽器を扱う者にとって、それぞれ良い楽器を得るというのは、ものすごく大変です。合間を縫って、あっちこっち走り回り。(笑)
でもね、良い楽器が揃って来たんだぁ!! 吟味に吟味を重ね、たっくさんの友達や店員さんにアドバイスを受けて、、、ジャジャ〜ンと持ち物増えましたぁ!! これらニューアイテムと早く仲良くなって、良い本番を踏みたいと思います。

先月は、「佐竹由美、早川りさこ、銅銀久弥、竹島悟史アンサンブルの怒濤の月間」でした。10/7リサイタル〜徳島本番〜高松本番と、こちらも1ヶ月三連チャン。もんのすごく貴重な体験でした。より一層結束が確実に深まり、色々な「あ・うん」のポイントが増えました。何回本番をしたか、もそうですが、それらに向けてどんな準備をしたかということが、ものを言うのではと思っています。高松公演は、すごくすごい想い出になりました。
こんな経験があるからこそ、今月のなぎさ祭りも実りあるものにしたい。
喜んでてんやわんやしましょう。(笑)

いきなり、寒くなりましたね〜。
いきなり、日の入りが早くなりましたね〜。
もう、冬に一歩足を踏み入れているのかな?
皆さま、健康に気をつけて。
元気に冬を。美味しく冬を。

« 明日は高松 | トップページ | 好調!! »

コメント

18日のキタラ公演を聴きに行きました。
とっても楽しく、幸せな時間を過ごせました。

特に「Another Sea」、感動しました!
普段あまり耳にすることのない音域の広いマリンバの音色、テクニック、音楽性、本当に素晴らしかったです。

ぜひまた札幌にいらしてください!

ナカムラさま

初めまして。
コメントありがとうございます。

11/18 なぎさブラス in 札幌kitaraホールにご来場いただいたとのこと、本当にありがとうございます。お楽しみいただけましたでしょうか?
僕たちメンバーは、札幌公演を心から楽しみ、詳細諸々はともあれ現時点での最高の演奏が出来たと思っております。終演後は、素晴らしいジンギスカンで、ワイワイ盛り上がりました。(笑)

「Another sea」は、誕生してから3回目の演奏となりました。回を重ねるごとに、どんどん変わっていきます。書いた本人としてとてつもなくうれしいことであり、一緒に演奏する本人としては「わ、みんなドンドンすごい音を出してくる!!」と良い意味で煽られっぱなしで。
11人で構成されるなぎさブラスのために書いたこの曲の、僕以外の10パートの音符は、全て名指しで紡ぎました。要するに、僕が知っているメンバーそれぞれに対し、「この人にはこの音符を吹いてほしい!!」と切願して書いているわけですね。
メンバーは、それを充二分に知ってくれているので、自分ならではのパートを精一杯頑張ってくれるし、自分のパートの音符に対してドンドン色々なアイディアを加味して演奏してくれるんです。自分のパートだから、自分が責任を持って、自分の音を出そうとしてくれているのですね。
これは、書き手にとって、とてつもなく嬉しく贅沢なことであります。あの曲は、僕がマリンバを披露する曲ではなく、なぎさブラスのチームワークを表現する曲だと、何の邪念もなく思っています。
もし、あの曲を楽しんでいただけたなら、そのお気持ちがメンバー全員への糧をなることは、言うまでもありません。

是非とも、また札幌に伺いたいです。
僕が伺ったのは、、、2何前?3年前?、、、N響がPMFに参加した最後の年でした。
それ以来の札幌を、今回存分に満喫しました。
きっと、またお目にかかれることを願って。

ありがとうございました。

11月18日の札幌kitaraコンサートホールのコンサートに行きました。
とても素晴らしい演奏で、思わずネットで検索してここにたどり着き、コメントさせていただきました。
私は楽器は全くの素人で、娘がエレクトーンを習っているので、本物の音楽を聴かせたく娘とコンサートに行かせていただきました。
金管楽器のコンサートということで、全然イメージができなかったのですが、皆さんとても素晴らしく感動しました。娘もどこかなじみのある音楽で、とても楽しかったと言っております。
マリンバがセンターに出てきたときに、マリンバ?と正直思ったのですが、演奏が始まるとあの温かい音色に引き込まれました。実はマリンバが大好きです。下の娘の幼稚園の保護者コンサートの際にマリンバを弾いたことがありました。その時からとてもマリンバが好きになり、このコンサートで素晴らしい演奏が聴けるとは思っていなかったです。
一夜にして親子ですっかりなぎさ・ブラスのファンになりました。あの軽快なMCもよかったです。
ぜひ、また札幌にきてください。その時にはまた行きたいと思っています。
昨晩もコメントを入れたような気になっていたのですが、見あたらないのでもう一度コメントしました。もし、重複していたごめんなさい。

こんばんは。私も先日の札幌のリサイタルを聴きに行きました。素晴らしい演奏会でしたね~~。
実は、私は金管楽器のアンサンブルの演奏会を聴きに行ったのは今回が初めてでした。それが、演奏の素晴らしさ、ステージの楽しさ・・あっと言うまに終わってしまったという感じです。
竹島さんが演奏されていたたくさんの楽器たち、どれもすばらしかったです。金管楽器のアンサンブル、ということを忘れてしまうほど・・。

座席が前の方でしたので、マリンバの演奏もすぐそばで聴いていたのですが、独奏マリンバの演奏もさることながら、アンサンブルの素晴らしさにドキドキしました。
曲も美しくて・・ぜひまた聴きたいです。
2日経った今は曲の細かいところはもう思い出せなくてさびしいですが、聴いたときの感動だけははっきり覚えています。あの編成でしか演奏されないのですか??

11月7日、めぐろパーシモンホールでの「トリオの夕べ」を聴かせていただき、竹島さんの「LAND」に魅了されファンになったものです。竹島さんのマリンバが演奏されたとたん、不思議に涙がでてきました。そして、世界で起きた悲劇 あらゆる情景が次々と浮かんできました。胸をぐ~っとつかまれた気がしました。自分でも驚きの体験でした。
 それから何日もたっていますが、あのマリンバの音色がまた聴きたくてしょうがありません。
実家は東京ですが、住まいは沖縄です。ぜひ、沖縄にも演奏しにきてください(^^)

なれなれしいコメントを申し訳ありません。
とにかく、素敵な音色に感謝したくコメントしました

ちいさん さま

初めまして。コメントありがとうございます。
kitaraでのコンサートにご来場いただき、ありがとうございました。
金管楽器って、本当にかっこいいですよね。僕も、実のところなぎさブラスのファンだったりします。(笑)
あのかっこいい金管楽器奏者たちの音楽を、ぶち壊すことないよう、またより一層盛り上げたいと、彼らの後ろで汗をかきまくっています。
Another seaだけはね、彼らの前に立たせてもらっていますが、彼らのあたたかく力強い音たちに支えられて、とてもとても気分良くマリンバを弾かせてもらってます。あの曲は、本当に「この11人だから演奏できる」という曲です。仲間たちは、僕が欲しい音をちゃんとわかってくれていて、そこに大いなる力量と気持ちを乗っけて演奏してくれるので、この曲を演奏するときは特に「音楽ってすごい。仲間ってすごい!!」と感動してしまいます。
今度なぎさブラスが、いつ札幌にお邪魔できるかはわかりませんが、もし実現したらまた是非遊びにいらしてください。ありがとうございました。


I.K. さま

初めまして。コメントありがとうございます。
kitaraでのコンサートにご来場いただき、ありがとうございました。
なぎさブラス、すごいでしょう?(笑) メンバー自体がなぎさブラスを心から楽しんでいるので、その空気がお客様へも伝わり楽しい空気が生まれているんだと、自負しています。
トランペット高橋くんが、オーケストラの曲をなぎさブラス用に編曲してくれていますが、例えばオーケストラ(原曲)では5〜6人の打楽器奏者で演奏するようなものを、なぎさブラスでは僕一人でこなしています。だから、あんなにたくさんの楽器を並べまくっているんですね。
実を言うと、もっと減らして楽に演奏してもいいのですが、彼らがあんなにかっこよくサウンドを作っていると、僕もなるべく5〜6人分の打楽器の音を全て鳴らしたくなる。その為に、色んな工夫をして、両手両足&口(くち)を使って、頑張っています。大変ですが、面白いですよ〜!!
なぎさブラスのアンサンブルは、「一緒に音を出そう」ということだけではなく、「一緒に空気を感じよう」ということが念頭にあるように思います。だからこそドキドキしていただけたのでは、と思います。そして、その良いドキドキは、僕らも同時に感じています。
Another seaはなぎさブラスの為に書いた曲なので、今のところは申し訳なくも、あのメンバーで演奏する、ということしかあり得ません。またいつか、お楽しみいただけたらと思います。
また是非遊びにいらしてください。ありがとうございました。


かよ さま

初めまして。コメントありがとうございます。
11/7 山形由美さんのコンサートにご来場いただいたんですね。ありがとうございます。
由美さんが「せっかくだから、マリンバの音をお客様に届けてください。」とおっしゃってくださったので、コンサートの主旨から「村松崇継作曲 LAND」を選びました。本当に素晴らしい曲ですね。彼が曲に込めた想いに、僕の解釈と気持ちを乗せて演奏しました。あの曲は、色々なマリンバ奏者が演奏しています。CDを出している演奏家もいるんじゃないかな? 是非色々な「LAND」をお楽しみください。
沖縄、、、行きたいなぁ。行ったことがないんですよ〜。是非いつか、お邪魔したいと思っています。そして、それがプライベートなバカンス旅行ではなく、演奏会をする為にお邪魔できることを、こちらこそ心から願っております。
ありがとうございました。

お疲れ様です~。
レスありがとうございました。

打ち上げで皆さんが揃ったのが札幌の夜が初めて、だったのですね。驚きました・・。やっぱりスペシャルなメンバーの集まりだったのですね。
皆さんがいらっしゃるタイミングを狙ったかのように寒くなってしまって風邪などひかれませんでしたか??
「Another sea」、他の編成での演奏の予定はないとのこと残念ですが納得の演奏でした。はい。今後大きな編成を伴奏に演奏できる曲も考えてみていただきたいなどと勝手に期待をふくらませます(笑)

ところで、竹島さんの作品や演奏はCDなどには収録されていないのでしょうか?他の作品ももっと聴いてみたいと思いまして・・。

I.K.さま

そうですね、「札幌公演終演後は、どうしたって帰京できないよ!!」という事実があったからこそ、実現した全員打ち上げでした。
やっぱり、極限の体力と精神力とを必要とする職種なので、どんなに楽しくおめでたかった演奏会の後にでも、すぐさま帰宅して翌日からの仕事の準備をするということが、割と頻繁にあります。でも、演奏家としてもちろん、その本番も全力で、翌日の仕事も全力で、となると、打ち上げをあきらめるしかないんですね。なぎさブラスのメンバーは、みんな忙しくしているので、上記の理由から全員打ち上げの機会を持てなかったんです。でも、初めての全員打ち上げを札幌という美味しい街で出来たことで、テンション倍増!! ものすごい打ち上げでした。(笑)
札幌、寒かったですね〜。でも、みんなちゃんと必要以上の防寒装備をしてきていたので、問題なしです。
Another sea、、、そうですね〜、あの曲はやっぱりあの編成であのメンバーで演奏したいので、近い将来CDなどを作れたらいいなと思っています。
そして、僕個人のCDというのは、まだ作ったことが無くて、、、作りたい作りたいとは数百年思い続けているのですが、、、実現した際には、是非ご拝聴いただきたく。また、僕がちょろっと演奏したり、編曲などを手掛けたりしているCDはほんの少しですが存在します。スタイルはあれこれですが。近いうちに、このブログ上にお知らせスペースを作りますね。
ご声援ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日は高松 | トップページ | 好調!! »