演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 好調!! | トップページ | 楽しく頑張って、さ。 »

2008なぎさの陣、終了!!

「2008年11月なぎさブラスゾリステン三連チャン」ついに終了しました!!

いやぁ、本当に最高でした。楽しかった〜!!
あ〜ぁ、ホント楽しかった。。。
なぎさブラスは、結成して早4年。そもそも、神奈川県逗子市の逗子文化プラザ(含なぎさホール)の開館を記念して逗子在住のトランペッター神代修さんのお声掛けにより集合した面々、それが集合なのか起ち上がりなのか、その後の明確な長期的活動プランも想定できてはいませんでしたが、そうやってある意味打ち上げ花火的に集まったアンサンブルが、結成以来コンスタントに活動を続けここまで来れているのは、たっくさんの方のご協力やご支援ご声援があったからこそであり、同時にメンバー全員が「なぎさブラス」に対して「おっしゃ!!」という気持ちを持ったからこそだと思います。
そして、たっくさんの本番を重ねる毎に、確実になぎさブラスの結束は固くなっていきます。それぞれの役割からキャラクターまでがガンガン引き立ってきて、「このメンバーじゃなきゃ!!」という気持ちが完全に存在し、だからこそ、それぞれが自分を120%発揮できる場となってきています。これは、すごいことです。
なぎさブラスが、例えば都心の著名なホールでバンバン本番をすることは色んな意味で難しいですが、、、これからも逗子を中心に、ドンドンガンガン活動していきますので、ご声援の程よろしくお願いいたします。

今日は、三連チャンの最終日。南足柄公演でした。
なぎさブラスを大好きでいてくださる方のご尽力で、実現しました。
三連チャンの最終日ということで、「三連チャン、ここまで来たね。」という計り知れない達成感と、「最後までガンガン行こうぜ!!」という高揚感と、気持ち溢れるステージになりました。
個人的に、これは思いも寄らぬですが、最初の曲が始まった途端、何だかぞわぁ〜っと感動してしまい、正直ビックリしました。終演後までその感動はおさまらず、、、あぁ、俺もなぎさブラスのファンなんだなぁ、と。(笑)
開演時間くらいから冷たい雨が降り始め、終演後の怒濤の搬出&積込作業では、スタッフと一緒にずぶ濡れになりましたが、、、充実感が風邪なんぞ吹っ飛ばしてくれているようです。今のところ? いや、大丈夫でしょう。

良い演奏会を終えた後、余韻を含む充実感と自分の演奏に対する反省点や新たなる欲がどんどん湧き上がります。その思いに耽りながら、今日は休みます。
なぎさブラスにご来場いただいたみなさま、ありがとうございました!!
ご来場いただけなかったみなさま、次回は是非遊びに来てください!!

ちょっとだけ呑んで、、、おやすみなさい。

« 好調!! | トップページ | 楽しく頑張って、さ。 »

コメント

サンレンチャンお疲れ様でした。

昨年の東京公演に続き、昨日の南足柄におじゃましました。
いや~素晴らしかったです。
技術や音楽性に優れているのは当然かもしれませんが、あの「空気」を創れるのは皆さんの気持ちが一つになっているからだと思います。

とかくブラスアンサンブルのコンサートは、自らも楽器を演奏する学生さん等が中心の客層になりがちだと感じていましたが(それはそれで素晴らしいことですが)、昨日は地元の音楽好きの方々が中心に集まっていて、心から「なブゾリ」?を楽しんでいる姿が印象的でした。

帰り際に比較的高齢のご夫婦が「文化会館の企画では今までで一番良かったね」「レベルが違ったね」と会話されていました。

都内から伺ったのでチケット代より交通費の方が高くつきましたが(笑)大満足の一日でした!

これからの更なる活動に期待をしております。


たけしまさん

お疲れ様でした。

何というか、言葉では言いようがないんだけど、
最初のモーツァルトを聴いた瞬間に、初めて聴くアンサンブルなのになつかしい、まるで私の原点を見つけたような、そんな気持ちに襲われ涙が止まらなかったのでした。

前よりもずっと近くで竹島さんの演奏を聴けたのですが、凄い!本当に凄い!マリンバも、聴いてみたかった竹島さんのピアノも、ドラムも。

今井さんにしてもそうなんですが、私はまず「人」から入って、それからその人を知るにつれて、演奏の素晴らしさも知ってゆく。そういうことが多いです。
竹島さんの音楽家としての素晴らしさ、まだまだほんの少しですが知る事ができて嬉しいです。もっともっと聴かせて下さい。

ありがとうございました。

あと色々心配してくれてありがとう。
一度も迷わず、無事に旅を終えることができました。楽しかった~!
かおり

南足柄市民ではないですが(東京よりは近いです)、
24日の公演にうかがいました。
コンサート開始1秒後に、来て良かった!と思いました。
前後左右に大活躍の竹島さんがいらっしゃることで、
金管アンサンブルの響きや魅力が倍増しているように感じました。

演奏と同じぐらい楽しみにしていたトークも、
大ブラボーなアンコールも、
全てが、ものすごく楽しかったです。

「なつかしの・・・」中のほとんどの曲を高校時代に吹いた(懐メロとして、ではなかったような??)ことに、
時の流れを感じたりもしながら、
冷たい雨の中、明るい気分で帰宅しました。
なブゾリ最高っ!

mayariku さま

初めまして。コメントありがとうございます。
なぎさブラスをたくさんお聴きいただいているんですね。ありがとうございます。
そうですね、金管楽器10人とも超が100個くらいスゴイ人たちですが、そんな人たちがしっかり気持ちを合わせ、全ての意味で「楽しむ」ということを大前提に臨んでいるので、お客様にそれをお感じいただけるからこそ、あのような空気が生まれるんだろうなと思っています。
もっともっと色々なところで、なぎさブラスをしたいですね〜。是非あちこちお出かけください!!(笑)
「なゾブリ」って、、、僕らも本番ステージ上で初めて聞いたんですが、、、あんまりイケてないですよね。(爆)
これからもよろしくお願いいたします。


かおりさま

わざわざ遠いところ、またあいにくの天気の中、ご来場ありがとうございました。
まず「人」を知って、その後「その人の演奏」を知る、というのも、楽しいことですね。今度は、そういった色んな意味での「先入観」もなく、耳を始めとする全ての感覚で音楽を味わってみてください。きっと、そこで「良いな。スゴイな。」と思った音楽家と初めて対面した時、新たな発見があるかも知れません。
音楽の楽しみ方って、ホント色々です。限りなく多様に存在する色々な音楽に、どんどん接してみてくださいね。
ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。


pan さま

お久しぶりです!! で、お間違いないですか?
以前、書き込みいただいたような。。。
24日のコンサート、お楽しみいただけたようで何よりです。とてつもなくスゴイ金管楽器の仲間達の音楽に、少しでも花やスパイスを添えられたら、と思い、ガンガン頑張っています。なぎさブラスの仲間は、なぎさブラスのことを「打楽器も入っている金管十重奏」だとは思わずにいてくれるので、僕が一か八かの線で(!!)5〜6人分の音をなるべく良い形で出そうとしていることをちゃんと察知してくれて、だからこそお互い共鳴し合いドンドン上向きな音が出ていっているんだと思います。
正直、なかなか味わえない「音楽家の真の楽しさや嬉しさ」を、存分に味わえています。最高ですよ!!
なぎさブラス12番目のメンバー作曲家和田薫さんが、なぎさブラスの為に手掛けてくれた編曲「湘南ヒットソングメドレー」「懐かしの映画音楽メドレー」は、あくまで和田さんがご自身の年代目線(!!)で選曲されたどこか懐かしいナンバーがずらり。でも、、、そう、僕らメンバーだって、それぞれいわゆる「青春時代」に色々な形でリアルタイムで体感しているものばかりです。そうですね、時の流れ、かぁ。。。(笑)
それにしても「なゾブリ」って、どうですか? 僕らだって、本番ステージ上で初めて聞いたんですよ!! ビックリしたわ、もう。
まぁ、、、「なぎさ」か「なぎさブラス」でいきましょうか。(笑)
是非また遊びに来てください!!

竹島様

こんにちは、11月24日の南足柄市の公演にお伺いしました。

親子3人で目が点、口がポカンと開いて拍手をするのも忘れてしまうぐらい、驚き、感動しました。

今年の春から中学校の吹奏楽部に入った子供の影響を受けて、音楽に興味を持ち始めた私達親子は、たくさんのいろんな演奏を聴こうと「なゾブリ」(笑)にお伺いしました。

何も知らなかった(ごめんなさい)私達親子は、ビックリしました。中学校でアルトサックスを担当している息子は、「サックスが無いからつまんないかも..」なんて言っていたのに、「スゴイ!スゴイ!」と隣で興奮していました。

「Another sea」は、物凄かったです!鳥肌が立ちました!本当に、本当に素敵でした。

まだまだ、音楽に初心者な親子で、竹島様にお便りするなんて失礼かと思ったのですが、10日経ってもまだ興奮して、あの時の演奏が忘れられないので、思い切ってお便りしました。

素晴らしい演奏をありがとうございました。

また、きっとお伺いします。(サインをいただけなかったので、次は絶対に!!!)

これからもお体に気をつけて頑張って下さい。

応援しています。

竹島さん、お元気ですか?今週と来週の土曜日のN響定期聴かせて頂く予定です。両方乗られますか?多分りさこさんが乗る時は竹島さんも乗られていますよねえ?ハープがある曲は、パーカッションも多彩かと思います。

nojo さま

初めまして。コメントありがとうございます。
11/24足柄公演、ご来場いただいたとのこと、冷たい雨の中ありがとうございました。お楽しみいただけたようで何よりです。
お嬢さんがサックスを演奏されるとのこと。「サックスを好きでいる気持ち」と「音楽を好きでいる気持ち」が、どんどん寄り合って合致する日が来たら、それはそれは素晴らしいことですし、もっともっと色んな音楽を楽しめるようになると思います。なぎさブラスの面々も、それぞれ自分が担当する楽器を心から愛していますが、その楽器という音楽に携わるために選んだ手段を通して、音楽を楽しんでいます。ね、池上さんのMCも、倉田さんのテノールも、全て「音楽を楽しむためなら、出来ることを何でもしようぜ!!」という気持ちがあってこそだから、単なる「出し物」でなくなるんだと思います。
Another seaも喜んでいただけたようで、光栄です。あの曲は、なぎさブラスでしか演奏されませんが、演奏するときは僕こそいつも鳥肌を立てています。(笑)
また是非遊びに来てくださいね。楽しい演奏会、いっぱいありますから!! そして、こちらにもどんどんコメントお寄せください!!
ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。


横尾さま

お久しぶりです。お元気でいらっしゃいますか?
N響の今回も次回も、もちろん乗り番です。
そうか、りさちゃんがいる時は僕もいる、、、考えたことも無かったですが、そういうことが少なくないかもしれませんね。すれ違いなこともしばしばありますけどね。
どうぞお楽しみくださいませ!!

 こんにちは!
 A定期、C定期とも竹島さんのスネアが聴けて幸せでした!!
 12日はNHKホールに向かう途中 チェロケースを抱えた銅銀さんとすれ違い、スタバの袋を持った竹島さんに追い越され(後姿でそう思ったのですが人違いでしょうか?)、休憩時間にロビーでサッカーのトルシエ監督をお見かけし、帰りはコブクロの路上ライブに遭遇するというHappy Surpriseの連続でした。
 ところで、12月に入り宗教音楽を聞く機会が増え、以前からの疑問が膨らんでしまいました。 竹島さんはどのようにお考えでしょうか。
 音楽は宗教とともに始まったのでしょうか。 仏教は悟りを啓くことを目的としますが、西洋の宗教は神を信じることが絶対条件になると思います。 しかし、日々の暮らしの中ではその神の存在を信じ、神の教えに従うことはたやすいことではない。 たとえば、人を憎むなと言われても愛する人を傷つけた人間を憎まずにはいられないと思います。 そんな「日常」から神の存在する世界に「超越」させる為に音楽は生まれたのではないかとバロック以前の宗教音楽を聞くと考えてしまいます。 そして、それ以降の音楽家は宗教だけでなく「己の世界」へ観衆を「超越」させるために、音楽を創ってきたのではないかと。 アーノンクール(だったと思いますが間違っているかもしれません)の言葉に「音楽は哲学である」と言うものがあったと思います。 日常から思想世界への超越の手段と考えれば、まさに音楽とは哲学であると思うのです。 そして、それは書物を読むよりも、言葉で伝えるよりも有効な手段であると。 竹島さんのリサイタルの日、あのホールの中にいる人を憎む事はとてもできないと思うほど温かい雰囲気がありました。 それは、まさに竹島さんの世界に日常から超越した時だったと思います。 それを創った竹島さんには多くの苦悩やご苦労があったと思います。 そして、それが「音楽と言う哲学」なのではないでしょうか。 こう考えるとモーツアルトは違うという気がします。 彼は神の使者であり、より神に近い存在だったのでしょうか。 竹島さんには、人の側で音楽を創っていただきたいと願ってしまうのですが。
 音楽については素人以下のド素人で、特に宗教心も持たないものが、なんとおこがましい事を書いているのかと恥ずかしく思います。 意味不明とお思いでしたら、またご不快にお思いでしたらお捨て置きください。
 まだまだ、お忙しい日々が続くことと思いますが、どうかお体大切になさって下さいませ。 また、演奏会でお目にかかれることを楽しみにしております。(B定期もご出演ですか?)

YuYuさま

わぁ、ものすごくものすごいコメントを、ありがとうございます。お返事が遅くなり、ごめんなさい。

まず、ん、きっとスタバの紙袋を持った怪しいおじさんは、僕であるかと思われます。トルシエ氏ご来場の本番日であるならば、きっと間違いございません。追い越し禁止の道路標示が目に入らず、大変失礼いたしました!!(笑)

音楽と宗教の諸々について。
難しいですね〜、ものすごく。あまりに難しすぎて、口から泡を100回吹いてしまいました。色々事細かなお返事をと試してみましたが、どうやら10000ページの百科事典を書いてしまいそうな勢いなので、ここでは自粛させていただきます。
ここまで深くお考えになるYuYuさまが「音楽については素人以下のド素人で」とおっしゃっているのが、何ともあわわ。。。
コメントを拝見しお答えできる箇所を探すならば、、、
僕タケシマとしては、まず自分のために音楽をしています。そして、今一緒に生きている人たちと、その音楽を共感できるなら嬉しいですし、もし万が一自分が死んだ後、自分の音楽が残っていくなら一層嬉しいですし、というスタンスです。
自分が存在し、表現する一手段として音楽を選び、自分がしゃべるように音楽を奏でる。そのように心掛けています。
僕も、宗教に関して特別な心を全く持たずにいますが(良いのか悪いのかは別として)、、、あ、明日晴れますように!!とかはします、、、少なくとも、宗教があったからこそ音楽が生まれたとは、全く思いません。
ここから先は、ここでの表現を控えさせていただきます。

お返事になっていないかもしれませんね。だとしたら、申し訳ございません。
僕は、現代に生き、今自分がしたいこととして音楽を選び、それと共に一生懸命生きているまでです。それをするためには、学びもします。また、嬉しくも僕の音楽を聞いてくださる方々がいらっしゃり、その方々の笑顔を拝見できたら、僕は幸せです。これが、僕の哲学?でしょうか?


奥深いコメントをありがとうございました。
何だか、色々すっごく考えました。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 好調!! | トップページ | 楽しく頑張って、さ。 »