演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

明日は高松

羽田のホテルより。

明日、リサイタルの4人メンバーで高松に行き、夜本番。
ソプラノ佐竹由美(さたけ「なおみ」)さんの故郷が高松なんですね。なので、凱旋公演とも言うのかな。
このメンバーで高松に伺うのは2回目。もちろん、他の仕事でも何度か高松には訪れていますが、何だかすごく親しく感じます。楽しみだなぁ。
前回もそうでしたが、夜本番をし、打ち上がって休んだ後、翌日朝から飛行機の時間(14:35)前ギリギリまで「由美さんうどんツアー」があります。これがね〜、最高なのよ。っていうか、歌い手として前夜ガンガンに体力使った由美さんが、ニッコニコの笑顔で「さぁ、行くわよ〜!!」ってあちこち連れ回してくれるなんて、、、どんなパワーをお持ちで?(笑) ホントどこも美味しくて、ペロッと入っちゃうんですよね。あんなにスレンダーなハープりさちゃんだって、平気で3玉ペロッといきますからね〜。うわぁ、ヨダレ出てきた。
うどんツアーを楽しみに、明日の本番しっかり頑張ります。リサイタルのために書いた「crossing」も早速プログラミングされているしね。リサイタルでは僕のステージへ3人に来ていただき、明日は由美さんのステージに僕ら3人がお邪魔する、、、何だかすごく良い関係です。

今月も、もう終わりますね。
リサイタルというドでかいイベントもあり、その後は何だか泊まり仕事が多かったなぁ。あんまり家にいなかった気がする。いつもゴロゴロ鞄を引きずって動いてた気がするなぁ。ホント、家のこと放ったらかしだわ。
そして、明朝早い飛行機に乗るので、今日も自主的に羽田泊まり。
そろそろ必要に迫られる「掃除」の事でも考えて、少しでものんびり休みます。

さよならイプ

8年ちょっと付き合った愛車イプことイプサムと、今日お別れをしました。

中古で買ったイプサム、まさかこんなにもの重労働をさせられるとは思ってもみなかったでしょう。
僕が少しずつ色んなこと(=音楽)をやり出して、仕事も多種多様に増え始め、私物楽器もどんどん増えていき、打楽器奏者という自分が色々な楽器を「持ち歩いて」音楽をするという活動が必須となったころ、色々な意味でピッタリくるのがイプでした。
当時、丸っこくてほどよいサイズのファミリーカーとして大人気で、CMでもさんざん「イプ〜!!」と叫ばれていましたね。運転免許を取ろうかなと思ったころから「最初は絶対にイプサムの紺に乗る!!」と決めていて、本当に心底愛していました。
もちろん、荷物運搬用に作られた車に比べると積載量は劣るかもしれませんが、いやいや、でも想像を遙かに超える働きをしてくれました。何というか、うまい具合に隙間があって、こりゃ無理でしょってものがにゅるっと入ったりする。いつも積み込みをする際には

タケ:イプ、これ入る?
イプ:任せときな!!

という会話があり、そして何とかしっかり受け入れてくれる、不思議な力を持つイプでした。そして、僕の音楽仲間たちはみんなイプのことを可愛がってくれて、「タケシマ=傷だらけで楽器満載のイプ」と、代名詞にまでなっていました。

でもね、ここ1年半くらい、やっぱりイプもくたびれてきていて、あちこち具合が悪くなってきていたんですね。例えば、ある箇所の交換必須オイルが交換できなくなっていたり、エアコンを使うのに毎回ガムテープが必要だったり、その他諸々ガタピシ言い始めました。それでも色々ガンガン修理して、大好きなイプと一生懸命頑張ってきましたが、、、

イプ:そろそろ疲れたよ。誰か元気なヤツにお願いしよう。
タケ:そうかぁ。。。

という会話をし始め、お互い合意のもと買い換えを決意。

イプとの想い出は、書き始めたら100年かかりますが、、、僕の音楽的人間的経緯を全て知っているイプは、最後まで笑顔でした。「くったびれたぁ。」って笑いながら。
そう、あの時代のイプって「ニコ!!」って笑ってるんだよね。今でもジャンジャン走ってますよね。人気あるんだなぁ。
お別れは、意外にも?涙無く、笑顔で「ありがとう!!」でした。


ありがとう、イプ。
死んでも忘れないよ。


N響の先輩が、これまた素晴らしく素晴らしいトヨタの方を紹介してくださり、すっげ〜!!な新車をあたたかく気持ちよく購入。またまた「ちから」の偉大さに嬉しくなる瞬間でした。
そうですね、実は、というか当然か、夏頃から新車購入に向けて動き出していたわけで、、、リサイタルのことで心身共に「まわらない」状況でしたが、僕の活動上、車が無いと話にならんことはわかっていたので、必死で両立、、、そのトヨタの方の的確な判断と「あなた音楽家ですか?」と疑いそうになるくらい親身になって想ってくださる人間性により、スムーズに事が運びました。

これからの僕の相棒は、エスティマハイブリッド。ん、やっぱ、トヨタ好き。
でも、熟考に熟考、試しに試し(積み込み系ね)を重ねた結果です。
イプよりもっとたくさん積めるし、いわゆる運搬車風ではなくカッコイイし、エコだし。こいつが、どれくらいの想い出を作ってくれるか、どんな付き合いになるのか、すっごく楽しみです。
よろしく頼むぜ!! ポスティマ!!
(たぶん、これが良い命名かと。UNZARIでの僕の名ポカとエスティマと組み合わせ)


今日は長文ですね。お許しを。(笑)
・一昨日、N響@大阪公演。東京のN響練習場にイプを置いて。大阪へ。
・昨日、大阪から帰京。上記イプで東京仕事にまわり、夜逗子(神奈川県)入り。
・今日、逗子仕事本番の後、トヨタ営業所でついにイプ〜ポスティマへ。
というスケジュールだったため、イプには楽器満載。楽器満載のイプで営業所に行くということは、、、そう、新車も新車にいきなりガンガン楽器を積むと言うことであって。
ん、まぁ、良い感じ。もう、ポスティマくんには、すぐさま生活環境に慣れ親しんでいただくというか。もちろん、全然楽勝積載。よっし!!
トヨタ営業スタッフさんの「おいおい、いきなり新車にガシガシ荷物満載カヨ」っていうお顔が、ちょっと微笑ましい。


今、家の駐車場には、ポスティマがどっしりと座っています。
もう、イプじゃない。イプは想い出として残るのみ。。。

これからの僕の人生、これまたちょっと一層楽しみです。

まるで浦島さん

光陰矢の如し。
もう、リサイタルから2週間近く経ちました。

リサイタル翌日からN響通常業務他いつもの忙しさに戻ったので、どっぷり余韻に浸かることも出来ず、逆にすぐさま社会復帰が出来ている(笑)と言うのかもしれません。今の自分を最大限に使いまくる(=表現する)リサイタルで、本当は1週間くらい何もせず、ぼ〜っと余韻に浸りながら、想いに耽ったり、反省したり、そして今の自分を再度確認したり、、、という時間を取りたいんですけどね。(笑)

リサイタル直後のN響業務の後、仙台でハープりさちゃん(早川りさこさん)とデュオをして、大学の弟子達のおさらい会でちょろっと弾いたりしながら、ほんの一日だけあった完全なるオフは寝て終わり(笑)、今日はこれまたリサイタルと同じメンバーで徳島に行き、別なプログラムでコンサートをしてきました。明日からはまたN響です。

リサイタル後、本当にたくさんのお言葉、メールやこちらへのコメントなどをいただきました。
「あたたかい時間をありがとう」というたくさんのお言葉、、、お客様に「ありがとう」と言っていただけるほど嬉しいことはありません。そう、こちらとしては「お忙しい中、お越しいただきありがとう」ですし。。。
Sound gardenの主旨は、僕の家の庭でのパーティにみなさんをお呼びし、ワイワイ楽しく過ごしたい、というところです。僕や共演の仲間が事前に準備した料理や飲み物などという「企画」に加え、お客様が持ち寄ってくださるお土産という名の「チケット」によって、その場がワイワイ沸き立っていく、、、例えがあまり巧くないですね、、、ただ、そんな雰囲気を目指しています。
今回、個人的には演奏面で「卵焼き、ちょっとこがしちゃった!!」みたいなところもあってしまったのが正直なところですが、何とも皆様のあったかい拍手に助けられました。

ありもしなかった楽器編成(ソプラノ、ハープ、チェロ、マリンバ&打楽器)で、ここまで活動を繰り広げられているということについて、「タケちゃんの編曲のおかげだよ〜。」ってメンバーは言うけれど、絶対にそれだけじゃない。みんなが、一般論で言う「その楽器の出来ること、すべきこと」という範疇から一歩踏み出て、自分の愛すべき楽器で遊んでみようとするから、そこに幅が生まれ、新しい音楽と言うよりも、僕らでしか作れないサウンドを生み出せているんだと思います。
今回は、このアンサンブルの書き担当をしている僕のステージだから、という特権を使って(笑)、みんなに色々と「普通であれば無茶なこと」をお願いしました。でも、みんな普通じゃないから、どんどん面白がってトライしてくれました。その共同作業は、一生の宝物です。

そう、今日その4人は徳島で演奏してきましたが、今までと格段に違う「何か」が生まれていて、、、僕らアンサンブルは演奏家として必要なことをしっかりと踏みしめて歩けているんだな、とつくづく感じました。今後、ますます楽しみです。偶然にも、今月末10/31には、ソプラノ佐竹由美さんの故郷高松での演奏会も予定されていて、4人で嬉しい悲鳴を上げながら、しっかりと楽しみたいと思っています。

先ほど徳島から帰宅して、何だかふと歩きたくなり、1時間ほど散歩してきました。日曜の夜って静かですね〜。特に家の近所は、都心からの距離からするとかなり静かな方ですが、のんびり考え事をしながら歩くにはもってこいの雰囲気でした。

さぁ、明日からも頑張りましょう。
まだまだ気は抜けません。

ありがとう。

竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing"
本日、終了。


ご来場いただいた皆さま、
ご声援を送ってくださった皆さま、
あたかかくサポートしてくれた音楽事務所1002の皆さま、
今日一日僕のために力を貸してくれた仲間たち、
共演の由美さん、りさちゃん、銅銀さん、
みんなみんな、本当にありがとうございました。感無量です。
いただいた全ての「あったかいちから」を忘れません。


ホールを出たあと、少しお茶をして帰宅。
ざっとシャワーを浴びて、ようやく一息です。
はぁ〜、、、色んな意味でのため息。
何度もいただいた、あたたかい拍手が耳を離れません。
そして、自分の「前回から今回までの2年間」に関する膨大な色々いろいろが、ジワジワとよみがえってきて、、、何とも言えない気分です。

しばし、ボ〜ッと想いにふけてみようかと思います。
本当にありがとう。

よし!!

晴れた!!

行ってまいります!!

ちから

リサイタル準備期間、終了。
明日、本番かぁ。

今日は、共演者とのリハーサルをみっちりしっかりやって、確認作業はもちろんのこと、新たに発見する色んなことを追求しながら、充実した時間を過ごしました。そして、みんなと別れた後、最後の個人練習。そして、帰宅後は事務作業。今日になってチケットがガンガン売れて、担当してくれている音楽事務所(株)1002の「ちゅうさん」と嬉しい悲鳴を上げております。当日券枠、作れるかなぁ。。。

今、前夜にして、ものすごく色んなことを考えたり思ったりしています。
明日についての諸々現実的な詳細でもあり、前回からの2年間のことでもあり。
そのことについて色々書いてみようかと今試してみたけど、何ともうまく言葉にできないし、やっぱり明日が終わってから書き改めることにしよう。ただひとつ、タイトルにキーワードを。

今回、共演してくれるメンバーは、ここに何度も何度も書いている通りの、ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥各氏という、気心知れた大先輩な方々。本当にすさまじく巨大なお力を、この僕のリサイタルに惜しみなく注いでくださっています。もう、おんぶにだっこです。
大先輩お三方を「仲間」呼ばわりする僕も、相当どうかしているかと思いますが、そういうことに何の隔たりもないこの4人の音楽を、明日しっかり楽しみたいと思います。そして、その楽しんでいる姿を、お客様にお楽しみいただきたいと思っています。

あ、アンサンブルばかりじゃないんだ。ソロもあるんだった。(汗)
ソロは、、、今回数少ないですが、結構難関。頑張ります。

ん、何がともあれ、明日だ。
今の自分で、精一杯頑張る所存。
ん。よしっ!!

雨だ。

雨が降っています。

前回のリサイタル、2年前の9月26日は、その前後からは予想も出来ないような大雨ジャンジャン降りでした。お越しくださった方は覚えていらっしゃるでしょうか? どうしたの?っていう怒濤の豪雨で、交通機関にも多少の影響が出ていたんじゃないかな。にもかかわらず、本当にたくさんのお客様が遊びに来てくれて、感激でした。
で、仲間内では、今回のリサイタルでも雨が降ったらタケシマ雨男決定、ともっぱら。
えぇ? それだけは勘弁。。。
今のところ、今日明日降って、明後日は晴れるらしいけど。
うぅ、、、晴れてくれ。。。

そう、明後日に迫り、結構ナーバスになってきました。
心を落ち着かせるために、冷静に考えてみると、やっぱり2回目っていうところが僕にとって大きいみたい。ん〜、頑張れ頑張れ。

一日中練習しまくり汗かきまくりで、何度も何度も着替えをして、、、気をつけているのに、この冷たい雨は酷です。あったかくして寝ましょう。
さぁ、明日一日!!

秋、か。

秋晴れ。
すっげ〜気持ちいい気候なのに、心という部分には「何とも言えぬ何か」が染みこむ感じ。この季節が好きなんだということは、ここをさかのぼるとあちこち書いてるかな?
ホント「切ない」ってこれなんだよな。

今日は、特に個人練習三昧の一日でした。
休憩で表へ出る度、秋の昼間、秋の夕方、秋の夜、と空気が変わっていて、、、でも、紛れもなく、どれも「秋」のそれ。ん、今年は少し早めみたいだけどね。
練習しまくって汗っかきだと、尚更気をつけなきゃいけない気候だけど、ものすごく魅力的な空気になってることは確かだなぁ。あぁ。今年も来たかぁ、って。

焼き魚と、ちょいちょいお鍋とかと、美味しいお酒と、、、
ってのは、リサイタル終わってからに取っておきましょう。(笑)

注) リサイタル翌日からも、ガンガン仕事。(←誰への注釈?>そりゃぁ、俺への!!)

Shake hands!!

10月になりました。
うわぁ、あと1週間弱だぁ。。。
もう、何が何だか、な毎日です。(笑)
リサイタルの準備に明け暮れてはいますが、それでも仕事関係の諸々はちゃんと諸々あったりして、ん〜、頑張れ頑張れといったところ。

今回のリサイタルでは、素晴らしい共演者の方々との様々なアンサンブルがメインとなるため、ソロを弾くことがかなり少ないですが、その中でも「いらっしゃいませ!!」の気持ちを込めた「Shake hands!!」は、リサイタルのトップバッターとなるマリンバソロ。
人の心がつながろうとした時、自然と前に出る手と手。そこに伝わるぬくもりを感じ、これから起きるであろうきっと楽しい何かを期待し、元気な気持ちになりますよね。そんなことを思い浮かべながら書きましたが、、、何だか、ニヒニヒ笑っちゃうような感じに仕上がりました。(笑)
そして、あったかな気持ちを感じる間もないくらい、、、む、む、難しい!!(笑) まぁ、自分の曲なんだから、弾ける範囲で書けばいいわけだけど、それじゃつまらない。自分のテクニックを上げるためにもね、ちょっと頑張り気味くらいの方が良いのですよ。(汗) ラテンというかジャズというか、まぁ、ニヒニヒな感じのテイストで、それをちゃんとニヒニヒ弾けるように頑張ります。テンパらずにいけるといいなぁ。
ん? ニヒニヒって? ん〜、、、ニヒニヒ。(笑)

この他の曲に関しても、何とか順調に仕上がってきています。
ホント、もうすぐだね。
楽しんでいきましょう!!

チケット、僅かながらまだ残っています!!
ご都合よろしい方、是非遊びにいらしてくださいね!!

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »