演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« ホント。 | トップページ | さよなら8月 »

嬉しいな。

相変わらず、雨雨じとじと。でも、雷は無いかな、ここらでは。

有楽町の東京国際フォーラムで開催中の東京JAZZという大イベントに、N響が参加。今日はその本番でした。Pianoハンク・ジョーンズ、Bassロン・カーターという、大御所中の大御所との共演。JAZZの世界は全く詳しくないけれど、ホントに大御所なんだなぁ、、、って、演奏しながら感じました。そこに存在しているというだけで、ものすごいオーラと味が出すぎ。うわぁ、人間ってすごいなぁ。
まず、N響だけでの「ガーシュイン作曲キューバ序曲」があり、その後JAZZのスタンダードナンバーをドン・セベスキーが今回用にアレンジした4曲を演奏。正味1時間弱のステージでしたが、非常に貴重な体験をしました。楽しかったぁ〜。

そしてそして、これこそ今日の嬉しかったこと。
日本が産んだJAZZ界の若手トッププレーヤーと言っても過言ではないかな、上原ひろみちゃんとの再会!! 今日のプログラム上、ひろみちゃんがタップダンサーとのコラボで熱演した後、ハンク・ジョーンズらのステージがあり、その後僕らが参加という形になっていたので、、、ん〜、ニアミスではあるけれど(共演は出来ないけれど)、楽屋サイドでひろみちゃんと会えるかもしれない!!と思っていました。
ひろみちゃんとは、やっぱりヤマハ音楽教室時代仲良くしていて、彼女が書いた曲の打楽器を演奏したこともありました。とにかく、今日は「うっわぁ〜。会えたね〜!! 元気だった〜?」と12年ぶりの友達同士的再会。
腕があるからこそだけど、どんどん有名になっていき、ライブ活動はもちろんCDもガンガン、それらの写真ではかなり大人っぽく映っているものが多く、あぁきっとひろみちゃんも変わったんだろうなぁ (良い意味で)って想像していたんだけど、、、全然変わっていなかった!! もちろん、僕が言うのは恐れ多いけど、人間的音楽的成長は必ずあるはずで、でも根底にある「ひろみちゃん」は「ひろみちゃん」のままでした。まっすぐ前を見る眼差しと、ちょっととっぽくしゃべる口調と(笑)。。。
以前、クラシック界の若手ピアニストに君臨する上原彩子ちゃんがN響に来てくれた時の再会も、かなり感動的でした。それに並ぶ嬉しさ。ん、やっぱり「今や大活躍している昔の友達」と再会し、会った瞬間に昔の気持ち(姿は無理だよね。笑)で自然に話が出来るって、本当に嬉しいです。
そう、ここにも何度か書いてますね。昔のヤマハ時代の友達と、今やっぱり音楽上で最高の再会をする。言葉に出来ないくらい嬉しいことであり、僕の最大の糧となります。
ひろみちゃんと会ったのは、彼女のステージが終わった直後。その後僕らのステージがあり、彼女は夜にも別のステージがあって、「あとで写真撮ろうよ!!」って別れたきりになってしまいました。
ん、またきっと会おう。会えるように、僕も頑張らなきゃね。

8月下旬も下旬になって、何だか色々嬉しいことがいくつか重なり、、、ん〜、感じれるようになり、なのかな、、、そのおかげで、矢印が上向きになってきています。正直困憊していた昨年暮れくらいからのトンネルから、ようやく抜け出せそうな予感が。戻ってこい戻ってこ〜い!!(笑)

« ホント。 | トップページ | さよなら8月 »

コメント

こんばんは。
上向き、なんですね。嬉しいことを嬉しいと感じる事ができるのは、やはり自分の心の調子がいいってこと。調子悪いといいことがあっても嬉しくないですから。私はそうです。私の最近のいいことは、楽しかった演奏会などの記憶が薄らいできて、テンション下がってきた頃に、このブログにたどり着いたこと!ちょっと、元気になりました(笑)
「ヤマハ音楽教室」なつかしい響きです。と言っても私がいたのは幼児教室?ぷらいまりーをするクラスですが…。4歳だったから24年前?それ以後は個人の先生に習っていました。その先生が厳しかったのと、大変なお金持ちで象牙の鍵盤のセミコンサートピアノでレッスンだったことが鮮烈に記憶に残っています。

あっ、そうだ、早川りさこさんのHPで見たのですが、10月に四国に来られるんですか?メンバーから推測するとサントリーでするのと同じプログラムでしょうか?
香川の方は行けるかもしれません。行きたい!
いいことプラス一個です。。

かおりさま

コメントありがとう。
あ、そうか!! 四国に行きますね!! (笑)
そう、僕のリサイタルと同じメンバーですが、あれはどちらかというと、ソプラノ佐竹由美さん中心のコンサートとなるので、プログラムは若干変わるかなぁ。でも、ホンワカ楽しいことに違いありません。金管楽器のような痺れるほどのガンガンなパワーはありませんが、何だかホンワカ心地よいなぁ〜っていうテンションでお楽しみいただけるはずです。よかったら、是非遊びにいらしてくださいね!!

嬉しいことを嬉しいと感じられるのは、本当に嬉しいことです。
どんな世の中でも、そういったことを忘れずに上向きに楽しく生きたいなって、つくづく思いますね。

これからもよろしくです!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホント。 | トップページ | さよなら8月 »