演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

さよなら8月

8月、終わっちゃいましたね。あ〜ぁ。
色々間にあっているのか? ん〜、ギリギリスレスレのあたりでしょうか。(笑)
ほらほら、頑張れ頑張れ!!

こう、何というか、気温が上がらないのにジメジメしてるっていうのは、ホント嫌な感じですね。もんのすごい汗っかきな俺としては、かなり気をつけどころ。ほら、汗はガンガンかくのに、Tシャツの襟の部分とかが冷たくなったりするからね。外出するときは、着替えと長袖一枚を必ず持って歩いてます。折りたたみ傘も必要だし、何だか大荷物になるけど、、、しょうがないよね。
洗濯も困るなぁ。最近ゲリラ雨が怖くて、洗濯物を外に干して外出できない!! 乾燥機に頼ると、縮んだりシワになったりするしね〜。結局キッチンの扉にハンガー引っかけて室内干しってのを余儀なくされるけど、出来て数枚だからな。ガンガン室内干し出来る設備を整えた方がいいなぁ。鉄パイプ買い込むか。(笑)

そうそう、N響の先輩に教わった「夜中に炭水化物を食べないダイエット」を、ここ数日見事に実践中。(見事にって。笑)
僕たち音楽家は、食事時間がどうしても不規則になってしまうんですよね。でもさ、やっぱりストレスは溜めたくないから、食べたい時に食べたい。じゃぁ、食べ方を考えようというこのダイエット法なら、もしかしてイケるかな?と。
エスカレーターは使わない、なんていうのは、かなり前から実践していて、これはね、結構好きなんですよ。駅とかだと、階段とエスカレーターが隣り合わせにあったりするけど、階段を歩いているのとエスカレーターに乗っているのだと、上なり下なり「次の階」に到達するのがそんなに変わらないんですよね。じゃぁ、ちゃんと歩ける健康な足を持つ限りは、歩こうかと。
これはね、ダイエットとか考える前から思ってた。何だか、な〜んか、階段歩くのが好きなんですよね。
そう、で、でもやっぱり太って来ちゃってるのは気になっていて、N響の先輩でものすごく健康的に無理そうになくダイエットした方にお話を聞いて、、、「規則的なダイエットなんて僕らには無理だよ〜。でも、食べるものを考えることは出来るよね? 夜中に炭水化物を摂らない。それだけ。炭水化物以外はおなか一杯食べて良いから!!」って言われ、、、そうか、それなら外食100%の俺にも出来るぞ!!
数日実行して、もう5kg痩せました!!とは言わないけど、、、何というか、朝ものすごくお腹が空いてるんですね。あぁ、お腹にモノが入ってないや、って実感する。ダイエット云々もそうだけど、何だかちょっと健康的な感じがします。(笑)
長〜いプランで、頑張ってみようと思います。

さぁ、明日から9月。
しっかりガンガン頑張りましょう。楽しくね。

嬉しいな。

相変わらず、雨雨じとじと。でも、雷は無いかな、ここらでは。

有楽町の東京国際フォーラムで開催中の東京JAZZという大イベントに、N響が参加。今日はその本番でした。Pianoハンク・ジョーンズ、Bassロン・カーターという、大御所中の大御所との共演。JAZZの世界は全く詳しくないけれど、ホントに大御所なんだなぁ、、、って、演奏しながら感じました。そこに存在しているというだけで、ものすごいオーラと味が出すぎ。うわぁ、人間ってすごいなぁ。
まず、N響だけでの「ガーシュイン作曲キューバ序曲」があり、その後JAZZのスタンダードナンバーをドン・セベスキーが今回用にアレンジした4曲を演奏。正味1時間弱のステージでしたが、非常に貴重な体験をしました。楽しかったぁ〜。

そしてそして、これこそ今日の嬉しかったこと。
日本が産んだJAZZ界の若手トッププレーヤーと言っても過言ではないかな、上原ひろみちゃんとの再会!! 今日のプログラム上、ひろみちゃんがタップダンサーとのコラボで熱演した後、ハンク・ジョーンズらのステージがあり、その後僕らが参加という形になっていたので、、、ん〜、ニアミスではあるけれど(共演は出来ないけれど)、楽屋サイドでひろみちゃんと会えるかもしれない!!と思っていました。
ひろみちゃんとは、やっぱりヤマハ音楽教室時代仲良くしていて、彼女が書いた曲の打楽器を演奏したこともありました。とにかく、今日は「うっわぁ〜。会えたね〜!! 元気だった〜?」と12年ぶりの友達同士的再会。
腕があるからこそだけど、どんどん有名になっていき、ライブ活動はもちろんCDもガンガン、それらの写真ではかなり大人っぽく映っているものが多く、あぁきっとひろみちゃんも変わったんだろうなぁ (良い意味で)って想像していたんだけど、、、全然変わっていなかった!! もちろん、僕が言うのは恐れ多いけど、人間的音楽的成長は必ずあるはずで、でも根底にある「ひろみちゃん」は「ひろみちゃん」のままでした。まっすぐ前を見る眼差しと、ちょっととっぽくしゃべる口調と(笑)。。。
以前、クラシック界の若手ピアニストに君臨する上原彩子ちゃんがN響に来てくれた時の再会も、かなり感動的でした。それに並ぶ嬉しさ。ん、やっぱり「今や大活躍している昔の友達」と再会し、会った瞬間に昔の気持ち(姿は無理だよね。笑)で自然に話が出来るって、本当に嬉しいです。
そう、ここにも何度か書いてますね。昔のヤマハ時代の友達と、今やっぱり音楽上で最高の再会をする。言葉に出来ないくらい嬉しいことであり、僕の最大の糧となります。
ひろみちゃんと会ったのは、彼女のステージが終わった直後。その後僕らのステージがあり、彼女は夜にも別のステージがあって、「あとで写真撮ろうよ!!」って別れたきりになってしまいました。
ん、またきっと会おう。会えるように、僕も頑張らなきゃね。

8月下旬も下旬になって、何だか色々嬉しいことがいくつか重なり、、、ん〜、感じれるようになり、なのかな、、、そのおかげで、矢印が上向きになってきています。正直困憊していた昨年暮れくらいからのトンネルから、ようやく抜け出せそうな予感が。戻ってこい戻ってこ〜い!!(笑)

ホント。

ホント、ここ数日すっごい雨とすっごい雷。
ん〜、最初の内は「気温は低いのにジメジメしてて嫌だなぁ。」なんて呑気に思ってたけど、さすがにこうも続くと「おいおい、大丈夫か?」と心配になるなぁ。リサイタルにご出演いただくソプラノ佐竹由美さんに、ついさっき電話をしたら「キャハハハ、今さっき家が停電になってさぁッハハハハ。懐中電灯がッハハハハ。。。」と、ホントにいつも明るい笑いと共に生きる由美さんでした。(爆)
いやいや、停電って大丈夫なの?って思ったんだけど、ちょっとしたらすぐ復活したみたい。僕の家は、まだ大丈夫そう。でも、あちこちで色んな被害が出ていますね〜。不快指数どうのこうのなんて言っている場合じゃないですね。ちゃんと、地球のこと考えないとね。ホントに。

N響仕事と並行しながら、リサイタル準備の第二次山場真っ直中。ん、落ち着いてしっかり頑張って、しっかりこなしていきましょう。大丈夫大丈夫、ちゃんと進んでいくさ、って言い聞かせながら。(笑)

事務員さん

一向に「夏」が戻ってきませんね〜。ん〜。

今日は、朝から一つちょっとした書き仕事をし、またまた「遅くなってごめんね〜」と言いながら納品(笑)。ふぅっ。。。
その後、明日から始まるN響の、諸々準備と事務仕事。有楽町にある国際フォーラムでの「東京JAZZ」にN響が参加するんですよね。オーケストラだけでの演奏に加え、ジャズメンとの共演ものもあったりします。これの準備がまぁ色々諸々大変で、演奏会が無事に成功すると良いな、と汗だくヒヤヒヤになりながら思うのでした。いや、思っています。(笑)

そして、リサイタルの事務仕事。
お世話になった方々へのご招待やご案内の郵送物を作る作業を、ようやっと開始しました。お手元に届くのがお盆になるのを避けようとは思っていたのですが、、、今となっては、何とか今月中にご覧いただかなくちゃ、とせっせせっせです。
お手紙を印刷する為の洋紙と封筒を500枚買い込んだら、東急ハンズの在庫が無くなりました。買い占め。お店にある分全部ちょうだい!!と言っても定価通りなあたり、明朗会計ですな。(笑)
帰宅後は、プリンターくんが頑張っています。今は差出人欄(僕ね)を印刷中。無言でガンガン仕事してくれるプリンターくんは偉いなぁ。でも、「じゃ500よろしく!!」と言い残して去るわけにはいかず、10枚くらいずつセットしなきゃいけないから見守っていなきゃいけないし、僕も偉い。(偉くない。当然。わかってるって。笑)
見守りながら、リサイタルの曲をちょこちょこ書いています。集中!!ってわけにはいかないけれど、1音符でも、ね。

あぁ、明日早起き出来るかなぁ。。。(笑)
もう少し頑張ったら寝よう。

面白いもので

面白くないけど。(笑)


「昔、小学校の夏休みの宿題で、絵日記に『今日は30℃になりました』なんて書いていたのが懐かしいよなぁ。」なんて、今は平気で言っちゃっていいくらいのお年頃になってしまったわけですが。

今、ホント寒くない?

でもさ。
俺ら(現32歳)が小学生だった頃の夏休み(ちょうど今くらい)は、普通にこうだったんだよな。
へぇ〜、涼しかったんじゃん。30℃になったら、ビックリしてたんだもんね。
よくもかき氷なんて喰ってたな〜。

20年ちょっとで、こうも変わってしまったのかぁ。
今日もしっかりスエット上下を着込みながらのPC。
一箇所だけ開けている窓の外は、本気で秋モードさながらです。
今年の秋は、暑いそうですけど。ホントか?

今のこの気温(東京のね)が普通だった20数年前から、エアコンとか電化製品は色々発達しただろうし、でも発達したからこそ外はぐんぐん暑くなってきてるんだろうし。

鶏が先か卵が先か、、、これのこと?
いや、これのことじゃない。
「暑いんだから、暑くていいじゃない。」
そう考える回路が、特に日本には必要だと思います。

日本の夏は暑いから、南極同然に出来るようにしましょう。
日本の冬は寒いから、南国同然に出来るようにしましょう。
日本の梅雨はジメジメするから、、、
これしてたら、四季ある日本にいる意味が無いよな。
しかも、部屋を寒く出来ちゃうから、外は暑くなっていく。汗でグシャグシャになった人は、ほんの数十分キンキンの部屋で涼み、後は上着を着る。ずっと社内にいる人は、カンカン照りの窓ガラス一枚こっちで膝掛け毛布を当てる。温度差で身体やられる。

夏なんてさぁ、「あっちぃ〜」って言っていればいいんだよなぁ。
結局、家ではこの夏も一度もエアコンを付けずに行きそうです。
家でこんなだから、仕事に出向くと(建物系ね。あちこちホールとか練習室とか。)、寒くて寒くて。荷物増やさすなや、おい。
でも、今寒いって言ってるんだから、俺もいっぱし今時、か。(笑) あちこちの異常なエアコンぶりに少しずつヤラレてるんだろうなぁ。

ね。
もしも、家でエアコン付けていないから、体調こわすんだ、なんて言われたとしたら。
何が正しいんだか、わからなくなります。


あぁ、どうどうめぐりになってきた。寝よう。(爆)
エコを考えよう!!とかって流れなノリよりも、、、
これホントに必要か?ってところを、もうちょっとだけ考えられたら、何だか良いよなぁって思います。
世の中に対して憤ってるぞ〜!!ってんじゃなく、何となくな思いでした。
おわり。

はい、頑張って〜!!

何だか、寒いですね。
慌ててタンスの奥から長袖ものを引っ張り出しました。
こういう時、本当に危ない。気をつけないとね。

オリンピック、終わっちゃったんですって?
って、どれだけ世間から遠ざかっているのか。。。
インターネットのニュースと、N響練習場や飯屋呑み屋でちらっと見るTVだけが情報源だったので、何となくの結果や雰囲気は知りつつも、オリンピックに浸かることが出来ず残念でした。ね、毎晩テレビにかじりついていたかったのに、、、って映るのか? うちのテレビ?(笑)
日本の選手、諸外国の選手、みんなそれぞれ色々あっても、やっぱり選手全員に拍手です。

友達の、というか先輩のN響打楽器植松透さんから頼まれて書いた、金管五重奏と打楽器ソロの為の曲「Dear Stars」の初演が、今日高岡で無事行われたそうです。「行われたそうです」ってのがね、リハーサルから本番まで、どうしても全く立ち会えないという涙なみだの状況。
そう、先日の記事にあった「頼まれ作曲」ってこれのことね。
いやぁ、ホント遅れに遅れの完成で、よくも本番で演奏してくれたなぁ、と彼らのパワーに脱帽。植松さんはもちろん、金管楽器の井川明彦さん、栃本浩規さん、今井仁志さん、吉川武典さん、池田幸広くんも、気心知れた仲で、、、ん〜、きっとものすごく頑張ってくれたんだろうなぁ。いや、「おいお〜い!!」って苦笑いしながらリハーサルしている姿が目に浮かびますが。(笑)
植松さんからの「何とか上手くいったよ!!」というメッセージと、お聴きになったお客様からのコメントとで、心の底からホッ。良かったぁ。
今日高岡で、明日は軽井沢らしい。明日もよろしくね〜!!!!
今度N響でメンバーに会ったら、肩揉み券をプレゼントしないとな。(笑)

今月もあと一週間か。
その、あと一週間でやらなきゃいけないことは、十週間分くらいあります。
(笑)
そう、笑おう。笑ってしまえ!!
笑えているうちに、やっちゃえ〜!!
上記「Dear Stars」の好演を始め、やっぱり僕の周りにはいつも色んなあったかい幸せが転がっています。それをちゃんと認識して感じて、そして喜んで、エネルギーにしよう。
僕にはその方法しかないからね。

よっし。

残暑お見舞いの残暑はどこへ?

ふっきれたわりには、投稿スカスカでごめんなさい。

今日なんか、東京は秋のような気温気候で、横浜での本番に向かう道中も汗ダクにならず、大荷物を持って颯爽と歩けました。(颯爽と、は嘘か。笑) そして、今家では長袖スエット。
え? このまま秋ですか?

さて、ここ最近はというと。
書き書き書き書き。(お前は何屋じゃ。笑)
リサイタルの為の作曲と、別件頼まれ作曲を並行し、とりあえず頼まれものについて、遅れに遅れて完成。一つ肩の荷が降りたぁ。明日あたり初音出しで明後日明明後日本番なのかな? 全く立ち会えないのが残念ですが、僕が信頼し尊敬する演奏者ばかり(みんなN響の仲間)なので、出来上がりが遅れたくせに好演を願う不届き者です。
そして、よいしょとリサイタルの作品へ取りかかっています。

今日は、芸大時代からの師、有賀誠門先生のプロデュースによる「ヨコハマ音の大サーカス」というイベントに出演。片山あをいさんという作曲家の作品を演奏してきました。
片山あをいさんが書かれた「UTA」という曲集の、ほぼ全曲演奏会。全7曲(1番〜7番)ある内、2番だけは今回はどうしても演奏できない状況でしたが、あとの6曲は全てマリンバを中心に書かれた曲ばかりで、有賀先生を始め芸大打楽器OBや現役学生、そして琴やクラリネットなど打楽器以外の演奏家が、入れ替わり立ち替わり登場し演奏。
僕はその中の7番担当。東京都交響楽団クラリネット奏者伊藤圭くんの協力を得て、あをいさんの温かい音楽を演奏してきました。打楽器的なお祭りに飛び込んでくれた(笑)圭くんの、柔和でふくよかなクラリネットとのアンサンブルは、本当に楽しかったぁ。絶対またいつかやろう!!
ちなみに、このイベントは24日まで行われていますが、その24日に「UTA 8」(8番)が初演されるそう。おぉ、どんどん続くんだなぁ。

そしてそして、帰宅した今。
もちろんリサイタルの曲作りに励みつつ、プログラムに載せる曲目解説の執筆やその他諸々の原稿作成との闘い。必然的にず〜っとパソコン。書き書き書き書き。
9月頭からは、サイトウキネンで一週間くらい松本だし。今月中、勝負だ!!


あぁ、あっちの部屋に山積みになっている整理すべき色々は、、、いつ片付くんだろうか。年内は、、、無いな。(おいおい開き直ってどうする。)

ふっきれた!!

みなさん、お元気でいらっしゃいますか?
毎度ご無沙汰のタケシマです。
ず〜っと長いこと、何だか「モヤモヤ」な感じでした。
ちょっと辛かったぁ。長かったし。
ようやっと、「ふっきれた」。

今日は、リサイタルの為のアンサンブルリハーサル。4人揃って長時間のリハーサルが出来る機会は、みんな忙しいだけにすごく限られていて、今日はみんなで大事に出来た一日でした。
今回のリサイタルで世界初演となる4人用の曲は、「タケシマ作曲 crossing」と「ラヴェル作曲タケシマ編曲 道化師の朝の歌」となります。
「crossing」、、、難産なんです。この4人で僕の曲(作曲)を演奏したことはないし、今日までに書き上げなきゃいけなかったのに、どうにもこうにも上がらずで、曲途中までの譜面を配り初音出し。もともと「自分のモヤモヤ」があり、約束を守れなかったこともあるし、曲の感じがこれまでこの4人で演奏したことが無い方向(いわゆる「(最近の)タケシマな曲」です。>お聞きいただいたことがある方)で、かなりナーバスになっていたのですが、、、
あぁ、、、仲間。
あれ? 僕としては「え? これ、このメンバーでやるの?」ってみんなにビックリ(=唖然)されると思っていたのに。もんのすごいパワーと気持ちとテクニックとアイディアで、僕の未完の曲をどんどん「音楽」にしてくれました。正直僕が置いてけぼりをくらうくらい、みんな相変わらず大笑いしながらアイディアを出し合いながら音楽に仕立てていってくれて、その矢印は僕が持って行きたい方向へ自然と向いていて、、、僕がビックリ。ホッとした瞬間笑いが止まりませんでした。
ここで「ふっきれた」んです。あぁ、何をチマチマ考えてたんだろうか、と。
ストレスの実害無きところで「ふっきる」チャンスを得てる。しかも、僕はそんな場に「モヤモヤ」のまんま行こうとしていたわけで。
あぁ、違うよな、違うよな。
ほ〜っ、、、いやぁ、ホントに、ホッ。
ふっきれた。
もう一つの初演もの「道化師の朝の歌」や持ちネタ系のリハーサルも、至極幸せに充実した感じで進み、帰りの車の中では、本心「心ってこんなに軽かったっけ?」って疑うくらい、スッキリホンワカしていました。

マッサージに行ってほぐし癒されたり、バーに行って楽しんだりすることも、僕にとってすごく大切なことですが、、、
音楽って、凄いわ。良かったぁ。。。


「えいっ!!」じゃない力を使って、頑張れそうです。
ん、部屋の景色まで違って見えるところが。。。
おやすみなさい。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »