演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 寝具 | トップページ | いわき、いいね!! »

初いわき

いわきにて、N響リハーサル

福島県いわき市に、素晴らしいホールが誕生しました。
「いわき芸術文化交流館」という大規模な文化施設で、大ホール小ホールと建設中の中劇場に加え、お洒落なギャラリースペースなどもあります。この大ホールのこけら落としで、N響が明日コンサートをします。指揮者はいわき出身の世界的指揮者小林研一郎氏。日本の年末と言えばの「第九」で、合唱団はこのコンサートの為に組まれた、一般市民県民の方々を中心としたもの。町をあげてのお祭りですね。

思っていたよりいわきは遠く(笑)、でも心地よく特急に揺られて旅しました。少し寒いのは予想していたけど、嫌〜な感じのパラパラ雨がものすごい強風によって乱舞していて、ちょっと残念。持っていた折りたたみ傘は、あっという間にクシャッと。旅は晴れてないとね。(笑)
夕方から夜にかけて、真新しいホールで練習をし、さぁ!! どこへ繰り出すか!!
やっぱり魚だろうなぁ。お寿司食べたいなぁ。と、一人でぶらぶら街を歩き、お?!っと見つけたお寿司屋さんに勇気を持って「今晩は〜。」。やっぱりさ、初めてのお寿司屋さんって、緊張するよね。色んな意味で。で、一人呑みにはそこそこ慣れているワタクシ、程なく板さんやお客さんと仲良くなり、福島弁を身体中に浴びながら美味しい「お寿司屋さんの一通り」を楽しくいただきました。

ホテルも綺麗でgood!! 枕もベッドも、良い感じ。うん。(笑 昨日参照)
ゆっくり寝れそうです。

« 寝具 | トップページ | いわき、いいね!! »

コメント

竹島さん、こんばんは。

20日に、他のオケの話で申し訳ないのですが、日本フィルのコンサートに参加した後、喫茶店で楽員の皆様と交流する機会があったのですが、小林研一郎さん、結構楽譜を変えると、楽員の方がおっしゃっていたのですが、N響でも楽譜を変えてしまったりされるのでしょうか? あと、日本フィルでは、予算不足で、チョン・ミョンフンさんに客演してもらえないという話も聴いてきたのですが、N響は2月に呼びましたけど、予算はいかほど(NGワードでしたらごめんなさい)? そういえば、チョン・ミョンフンさんは、メシアンの曲とブルックナーの7番、マーラーの9番を取り上げていらっしゃいましたけが、どれも大編成だったので、演奏は大変ではありませんでしたか? それから、チョン・ミョンフンさん、マーラーの9番の終演後に最前列の聴衆の皆様と握手をしていらっしゃいましたが、楽員の皆様にも熱い方なのでしょうか? 

質問ばかりですみませんが、どうぞ、よろしくお願いいたします。

岩崎さま

たくさんのコメントありがとうございます。

色々なご質問について、、、
えっと、まず、楽譜の変更に関して。
そうですね、「楽譜の変更」という範囲がどこまでかというのは、難しいところですが、、、クラシック音楽は伝統文化であり、言い伝えの途中で、印刷の段階でミスがあったり、伝えた人の主観が入ってしまっていたりなど、色々な様々な事情により、多少の変貌を遂げていたりすることもあります。そして、指揮者などその場の演奏家の解釈や思考意向で、音のニュアンスを始めとする諸々の変更を行うこともあるのは確かです。
ただ、「こりゃぁ、一大事だぁ!!」という規模のことは、あまり行われていないのではないかと。。。 いやはや、「楽譜の変更」の範囲によりますね。

N響にお越しいただく指揮者のギャランティに関しては、申しわけございませんが、お答え出来ません。

チョン・ミュンフン氏の指揮は、熱いですね〜。何度かご一緒させていただいていますが、とても素晴らしい指揮者だと思っております。

それでは。

竹島様、こんばんは。

「楽譜の変更」のお話、参考になりました。ただ、楽譜を多少変更されていても、コンサート歴が2年と少々なので、私にはまだ分からないと思います。ギャランティの質問は、野暮でした。失礼しました。

>チョン・ミュンフン氏

2月の演奏会、本当に感動しました。2月は大曲が多かったので、オーケストラの皆様も演奏後はクタクタだったのではないでしょうか。

大曲といえば、先日の「トゥランガリラ交響曲」も壮絶でした。そこで、ひとつ質問なのですが、当日、終演後に、「オンド・マルトノ」の写真を撮らせていただき、拙ブログ内で、コンサート紹介に使わせていただいているのですが、まずいようでしたら、お伝えください。消去いたしますので。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

横から失礼します・・
楽譜を変える、という意味について。小林さんの、第九のことに「だけ」のこととして御話しします。
これは、おもに「強弱」を頻繁に変更される、という意味かと思います。
具体的にはp(ピアノ)と書かれている(ベートーヴェンによって)場所で、ppp(ピアノ3つで)御願いします!と要求されたりする、ということです。
このことは「変更」というよりも「強調」に思えておりますが、pとppの区別を文字通り命がけで演奏している演奏者には、やや過剰に思えることもあるのではないでしょうか。
また、今日のエディション(出版のこと。音楽学者が膨大な資料を研究して細部まで監修している。その資料の価値評価は統一性への配慮などから、個別の部分はエディションによって異なっている。)では書かれていない、第2楽章第2主題の4ホルン旋律吹奏や第4楽章冒頭のトランペットの「モダン化」(当時のトランペットやホルンには旋律を自由に吹く事はできなかったので限られた音のみで書かれているが、今の楽器なら吹けるので、吹かせる、という判断:ワインガルトナーという20世紀前半の指揮者がそのことだけで1冊本を書いたほど。今日ではオリジナル楽器での演奏も普遍化し、書かれた通りにやるのは当然という気風だが、小林さんはあえて「モダン化」の考えを残した。)など、これも「強調」に類する、「書かれていない音を演奏させる」こと、また、練習の開始前に自筆で書かれた文がコピー配布されたように、「本来は遅くもならないし、停らない」と書かれた場所で一端停る、ことをお求めになる、(これも強調?)というような事柄でした。
楽譜を変える、という言葉は小林さんの第九では上記のようなことでdす。
というのは、ほかの指揮者、ほかの曲にまでハナシを広げた場合にはもっと「楽譜を変える」という言葉の意味は広くなります。エディション(版)を変えて、その版による相当大量の音の(音そのもの、長さ、強弱、スラーなどの場所、様々な記号、表情記号など、場合により繰り返しの有無など全曲の長さになえ影響する)違いを反映する、また作曲家の管弦楽編成の不備や不満を補う意図で音や楽器を追加、削除する、変更するなどはマーラーによる徹底的なシューマン交響曲の「書き直し」、スクロバチェフスキによるブルックナー交響曲の添削など、もっと広範囲、広意義にわたりますし、もっと瑣末で下世話なレベルのことも(不快な)多数ありますが、本件とは別なので省略します。また小林先生の変更についての個人的見解や意見感想も割愛します。長文失礼しました。もぎ

岩崎さま

オンド・マルトノの写真、、、大丈夫ではないでしょうか。一応、確認してみますね。
クラシックを始め音楽をお好きでいらっしゃるんですね。
この記事にコメントをいただいたもぎぎさまは、素晴らしき音楽家であられます。僕が所属するオーケストラの首席オーボエ奏者でありながら、本を書き指揮を振り色々あちこち精力的に活動している方です。是非とも、氏のHPもご覧くださいませ。(ごめんなさい、URLの貼り付けは控えさせていただきます。)
これからもよろしくお願いいたします。


もぎぎさま

もぎぎセンセー!! コメントありがとう!!
コトバ足らずな僕のカキコミに、しっかりと説得力のあるコメントをお寄せいただいて、感謝感謝です。
興味深いお話ですね〜。勉強になりました!!
ありがとう!!

皆様、こんにちは。

茂木様のお名前、プログラムにて確認させていただきました。茂木大輔様ですね。いつも、素晴らしい演奏をありがとうございます。ただ、個人的に、池田昭子様に、ついつい目が行ってしまうのは、気のせいでしょうか(苦笑)。お綺麗ですね。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寝具 | トップページ | いわき、いいね!! »