演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 明日終われば、一段落や!! | トップページ | イライラ。お腹キリキリ。 »

なぎさブラスゾリステン

なぎさブラスゾリステン東京公演 本番

ついにやって参りました。今日という日が。
そして、ついに終わりました。今日という日が。
すごく充実していたし、楽しかったです。
そして、また自分の中に新しい何かが宿りました。


スムーズに起床。昨日の雨で、今日の天気が少々心配だったのですが、本当に気持ちの良い天気で、幸先いいぞ!!です。
今日僕が必要とするモノ達のほとんどは、昨日運搬車に積んでしまったので、大変なことをやる割には身軽に出発。昨日書いたかな、終演後の搬出の手間をなるべく省くために、僕の車を出動させないというプランが成立した為、でっかいコンサートに向かって電車通勤です。何だか、変な感じ。(笑)

13:00からホールを借りていましたが、ホールの警備員さんと一緒に「時計の針が13:00を刺すのをにらんだ」のは初めてかも。(笑) そうか、そうだよね。13:00から借りているんだから、12:30からスタンバイしていたとしても、13:00にならないと開けてくれないよね。(笑)
今回のスタッフ君2人がものすごくテキパキと動いてくれて、3人で汗をかきながらもあり得ない速さで搬入と組み立てが完了。これってね〜、ホント嬉しいんだよね。あり得ない速さで搬入と組み立てが完了したおかげで、予定通りゲネプロ(直前リハーサル)を開始することが出来ました。あり得る速さだったら?と思うと、、、怖くなります。

なぎさブラスゾリステンは、神奈川県逗子市にある「逗子文化プラザなぎさホール」の開館を期に結成され、以来ずっとなぎさホールだけで演奏をしてきました。今日は、東京勝どきの第一生命ホール。いつもと違うホールの響きに慣れるため、予定よりしっかりめなゲネプロをしました。みんなで「今日の音」を探していきます。そして、バタバタばたばたとする内に、開場時間。。。
コンサートによるけど、開場時間ってだいたい開演時間の30分前か1時間前なんです。で、打楽器はね、ホールが開場してしまうと、もう練習が出来ない。「おあずけ」状態ですね。ほら、手に持てる楽器の方々は、開演後ステージに出る直前まで楽屋で練習出来るでしょ。それが出来ないんですよね〜。その切なさ(? 笑)を、今日ほど感じたことは、今までもあまりありません。それくらい、搬入〜ゲネプロ〜開場まで、時間が無かった感じ。
ん〜、でもね、よっし、本番で頑張るぞ!!と。

さぁ、本番。
こちらの不備によるチケット受付の混雑などがあって、10分遅れでスタートになりましたが、舞台袖に集まるメンバーの顔つきが、やっぱりいつもと違う。「なぎさブラス的にはアウェイだけど、自分たちの活動的にはホーム」という何か思い入れがあるのでしょう。僕は、自分も含めそんな顔つきで臨むなぎさブラスメンバーに、心から嬉しくなりました。
本番、、、お客様のあたたかい拍手に助けられ、本当に良い演奏が出来たと思います。お客様みなさんに、お喜びいただけたのではないでしょうか。僕も楽しかったですし、メンバーみんな楽しんでいました。
最後のカーテンコールが終わり、「終演!!」とハンコをついた途端、さぁ!! 搬出だ!!
とにかく、時間内に楽器たちを撤収。そう、「片付ける」ではなく「とにかく逃がす」という方法をとりました。どういう状態であれ、退館時間までにホールの敷地から出てしまおうと。これが功を奏し、またまたあり得ない速さで搬出解体積み込みが完了。よぉ〜っし!!
メンバーで朝まで呑みたいところですが、みんな「明日」があるので、そこそこな打ち上げで打ち止め。忘年会しようよ!!という声が上がり、絶対にスケジューリングしてやるぞ!!(なぎさブラススケジュール係のワタクシ)
電車はまだ動いていたけど、贅沢にタクシーで帰宅しました。心底くたびれたのもあったけど、何だか色々考えたくて。。。


僕は、なぎさブラスゾリステンが大好きです。
みんな、仲良しなんですよ。ちゃんと意見を言い合えある「仲良し」ね。
僕らの活動していく道筋には、大きな壁がたっくさんあります。それを、どうやって克服していくか、感情論だけでは済まない部分もあるのは確かで、でも、メンバーみんながなぎさブラスを好きでいるから、どうしても何とかしたいという想いにかられます。もっともっと色んな事がスムーズに運べばなぁ、ってね。それに何が必要かはわかっているけど、それは簡単に手に入るモノではありません。少しずつみんなで考え合いながら、少しでも多くの方々になぎさブラスを楽しんでいただく場を作っていけたらいいなと思います。

そして。
「なぎさブラス」ほど、僕に出来得るの色んな事を一度に発揮する場はありません。打楽器しながらピアノを弾き、不慣れなドラムに一喜一憂しながら、ソロマリンバしたり。それらに加え、みんなのスケジュール調整とかもかな。
それら全てを僕がやることが、本当に良いことなのかどうかは、、、正直わかりません。わからないけど、何だか「大変なんだったら、もう一人打楽器奏者を入れればいいじゃない」とか「ピアニストを雇えばいいじゃない」っていう方向にいってしまうことに、ものすごくある種の嫌悪感を感じるし、そんなことを一言も言わない「日本を代表する金管楽器奏者達(=なぎさブラスのメンバー)」に最大の敬意を表し、とにかく自分が頑張れる場として、頑張りたい場として、思い存分走り回ることの出来る場として、自分が存在したい。
だって、「したいこと」「出来ること」「してほしいこと」「出来たいこと」が、ものすごく上手に共存する唯一の場であるから。
今日の本番、もちろん楽しかったし、演奏しながら自分で感動したりしていましたが、、、もっと自分はこうあるべきだ、とか、もっとこういう方向で頑張らなきゃいけないんだ、とか、色々考えさせられました。
欲深いんです。はい。

僕の曲「Another Sea」、最高の再演でした。メンバーみんな、僕の曲を愛してくれていることが、背中から聞こえてくる音達に感じられて、マリンバ弾きながら感無量でした。僕は、その気持ちに応えるために、「演奏家」としてもっともっと精進すべきなのだと、今日2度目の舞台を踏んだ曲の「作曲家」として、思いました。


色々な想い深まる帰宅です。
明日からはN響。ちゃんと寝ないとね。

« 明日終われば、一段落や!! | トップページ | イライラ。お腹キリキリ。 »

コメント

竹島様♪

はじめまして。昨夜初めての「なぎさブラス」の演奏会に伺いました。ひょんな事から「なぎさブラス」の存在を知りましたが、なにせ自宅から遠い場所での公演でしたので・・・。勝どきで演奏なさる事を知り、平日の夜にも関わらず迷わずチケットを取りました♪

とにかく金管と打楽器だけであれだけの音を聴かせていただけるなんて実は想像もしていなかったので(すみません!)心底感動して帰ってまいりました。
モーツァルトもショスタコービチもエルガーもみ~んな良かったですが、初めてじっくりと聴いたマリンバに心奪われました。
メンバーの皆様、日本を代表するトッププレーヤーの方々ばかりですが(よく聴き行く楽団の方もいらっしゃいました)そんな包装紙は一切抜きにして、本当に本当に素晴らしい演奏会でした。
そして、マリンバを弾く竹島さんの背中を見つめるメンバーの方々の真摯な視線にも感動してしまいました。

どうぞ今後も都内でのご活躍も期待しております。
そして、ひとりでも多くの方に「なぎさブラス」を知っていただきたいです。

miya さま

初めまして。
なぎさブラス東京公演にご来場いただき、またこちらへコメントいただき、ありがとうございました。
お楽しみいただけたようで何よりです。金管楽器たち、すごいでしょ〜!! あんなメンバーたちが、僕の曲を一生懸命演奏してくれるだなんて、正直夢のようです。彼らの後ろで走り回る僕は、とにかく足を引っ張らないことを最大のテーマに、色んな汗をかきまくっています。
また是非遊びに来てくださいね〜。なぎさブラスの都内での活動の幅を、今後広げていけたらいいのですが。。。 頑張ります。

はじめまして。愛知県に住んでいる者です。
私はアマチュアのTrombonistですが、Percussionも大好きです。
なぜか、竹島さんのブログを拝見させていただくのが日課となってしまいました。(^_^;)
愛知県なのでほとんど生のN響を聴く機会はありませんが、TVのBSなどで楽しませて頂いております。
先日のN響アワーでも竹島さん、ご活躍でしたね。

ところで・・・なぎさブラスゾリステン・・・生の演奏を聴きたくなりました。
ホントすごいメンバーですね。都内といわず愛知県まで足を延ばして頂けませんか?
あと、CDの発売の予定はありませんか?

Trombonist さま

初めまして。愛知県からありがとうございます。
たくさん応援していただいているようで、心から感謝します。N響アワー、、、僕は見ていないんですよね〜。(汗) いや、正直見る時間が無くて。

そう、いつかきっと「なぎさブラス」に遊びに来てください。それこそ金管楽器を愛する方なら、必ずお楽しみいただけるはずです。メンバーみんなが、それぞれ超多忙な生活をしており、数多くの本番を行うということがなかなか出来ないのが現状。奇跡的にスケジュールが合った日に、何とか本番をねじ込んでいる感じです。CDに関しても、かなり前からみんなで話し合っているのですが、なかなかなかなか。
でも、いつかきっと必ず何らかの形でなぎさブラスを楽しんでいただけるよう、みんなで頑張ります。

これからも、よろしくお願い致します!!

きのうのキタラのコンサート最高でしたupマリンバのすばらしい演奏感激いたしましたhappy02また北海道に来てください。これからもがんばってくださいwink

じゅんこさま

初めまして。
18日、キタラのコンサートにご来場いただいたんですね!!
ありがとうございます。

まさか、金管楽器中心のコンサートで、木琴の音が聞けるとは思わなかったでしょう?(笑)
我がなぎさブラスの、楽しくかっこいい金管サウンドが存在する以上、唯一金管楽器を扱えない僕は、隙間産業でどんどん頑張りますよ〜!!
Another sea は、僕のマリンバを披露する場ではなく、僕らなぎさブラスのチームワークを表現する曲です。メンバーのあたたかい気持ちと素晴らしいテクニックがあるからこそ成り立つ曲です。
また、何かの機会でお聴きいただけることを願って。

そうですね、是非また北海道にお邪魔したいと思います。その際は、是非よろしくお願いいたします。

はじめまして。
20日の第4回なぎさブラスの公演 聞かせていただきました。(聞きに行くのは3回目ですhappy01)

私は今、大学で打楽器を勉強しています。
最近少し打楽器を続けることに迷いを感じていたのですが、竹島さんのマリンバの音を聞いて、やっぱり打楽器が大好きだと気づくことができました。
ありがとうございました。

なぎさブラスの温かい感じがとっても好きです。
(池上さんの司会が特に…heart01)
これからも応援しているので頑張ってください(*^-^)

かなこさま

初めまして。コメントありがとうございます。
20日ご来場いただいたとのこと、ありがとうございました。
そうですか、大学で打楽器を勉強されていると。僕の演奏が何らかのお役に立てたなら、嬉しい限りです。
打楽器って、ホント難しいですね。僕も、まだまだ当然勉強し続け考え続けています。音楽に終点は無いですから。
打楽器が大好きであること=音楽が大好きであること、と考えることが出来たなら、スタイルはどうであれ音楽や打楽器に接し続けることは出来ると思います。なぎさブラスのメンバーは、みんな「音楽が大好き」です。音楽が好きだからこそ、自分の楽器を愛し腕を磨きます。きっと、だからこそ、なぎさブラスの音楽はあったかいのかもしれませんね。
是非、また遊びに来てください。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日終われば、一段落や!! | トップページ | イライラ。お腹キリキリ。 »