演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 本番をにらんで、じっと目論む。 | トップページ | 結構フラフラな日記です。(笑) »

考え癖、想い癖、また登場。

茂木大輔の 生で聴く「のだめカンタービレの演奏会」金沢公演 本番

お。背中の痛みが消えた!! 幸先良いね〜!!

15:00からゲネプロ(直前リハーサル)ということで、ホテルの部屋でのんびり過ごしました。いや、「のんびり」とはちょっと違うか。寝過ぎないようにしっかり寝て、食べ過ぎないようにしっかり食べて、、、あ、でも、風呂にはしっかり浸かったかなぁ。(笑) 何とも、本番会場と宿泊ホテルが目と鼻の先という好条件で、それをフル活用しました。素晴らしい環境です。

さぁ、ゲネプロ。
この企画は、毎回「演奏」と「スクリーン(映像)」とが同居します。愛知県春日井のとあるスタッフさん達が、この企画の各地公演の度に色々なスクリーンを制作。もちろん「のだめカンタービレ」という漫画の素材を編集し、マエストロ茂木と共に、生の演奏とのコラボレーションを企てる。ものすごく大変な作業に、あったかい笑顔を忘れずに立ち向かっている姿には、毎回本当に頭が下がります。
僕が演奏するジョリベも、もちろん漫画の中に登場する曲目ですので、曲の流れ(生の演奏)に合わせてスクリーンを作ってくれているわけです。漫画でのジョリベのシーンは、ほんの数ページなんだけど。
なので。ですので。そういった諸々も含めた「ゲネプロ」です。
残念ながら、自分が演奏している最中にスクリーンを見るわけにいかないので、ジョリベ中にどんなスクリーンがどういう風に流れているのかわかりませんが、、、ゲネプロがしっかり滞り無く進んでいくのだから、何の問題がないのはもちろんのこと、きっと面白い何かが起きているのでしょう。そう、僕こそ、この企画の一素材として、ソリスト的な「俺だ〜!! 俺ですぜ〜!!」ではなく、漫画ファン音楽ファンを含むお客様に良い演奏をお聴かせすることに責任を持つべきなんですね。コンチェルトのソリストだけど、全体像としてそうではない。ものすごく興味深く楽しい場です。ホントに。
プリムローズのガーシュインや、ソリストアンコールなど(昨日参照)の進行も問題なし。よっし、本番!!

本番、、、演奏会って、ホント楽しいな。コンサートの最中には、もんのすごい数のコミュニケーションが生まれます。あらゆる関係者同士もそうだし、そこにお客様も加わる。そのコミュニケーションというものが密であればあるほど、良い演奏会に成り立つのではないかなと思います。
お客様には大喜びしていただけたようです。
ジョリベ、、、終わった今考えれば、やっぱり個人的に色々どんどん欲が出てきますが、とにかくオーケストラアンサンブル金沢のみなさんに助けられ、笑顔な演奏が出来たと思います。すごく幸せでした。
プリムローズ・マジックとのアンコール、、、少々手違い的なハプニングが起きつつも、3人とマエストロ茂木とで話し合ったユーモアをお客様に受け取っていただけたようで、「よっしゃ!!」。(笑)
その他の曲達もしっかりとした生命を宿し、素晴らしいコミュニケーションを会場中で共有し合い、大盛況で終わりました。

「楽器搬出と積込が大変だったぁ〜。」とか「大いに打ち上がりました〜。」とかは、いつも通りだし、良い音楽ってホント良いなぁ、なんだけど、、、ん〜、僕はやっぱり「茂木大輔」という音楽家の凄さに、今回改めて感動。この人、凄いわぁ。
ここに改めて明記することは、お互いN響の人間として控えますが、、、本当に面白い人です。茂木さんはね、もちろん日本を代表するオーボエ奏者であることは言うまでもありませんが、色んなコンサートの企画をしたり、指揮もしたり、著書もたっくさん。様々な音楽シーンで「何か面白いことをやってやろう」と目論む彼の心意気は、すさまじく強いバイタリティと、同じくらい暖かいサービス精神によるものでしょう。
茂木さんの企画に参加させていただけて、毎回本当に嬉しいなと思えるのは、彼が目指す何か面白いことに僕が必要なんだと思えるからかも知れません。何か面白いことが起きるぞ!!って予感がするんですね、毎回。
またいつか、茂木さんの企画に乗れることを楽しみに、自分の腕を磨くとしましょう。

茂木さん、プリムローズ、僕で、朝前まで呑み、、、はい!! 終了!! 終わり!!
明日からは、、、え〜っと、、、11/12なぎさブラスだ!!
また、楽しい音楽を。

« 本番をにらんで、じっと目論む。 | トップページ | 結構フラフラな日記です。(笑) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本番をにらんで、じっと目論む。 | トップページ | 結構フラフラな日記です。(笑) »