演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« もっと | トップページ | プチ山場、スタート!! »

やっぱり「秋の夜長」だわ

10/18用リハーサル〜諸々用事

晴れた!! 晴れましたね!!
どうなのよ。晴れているのに、「一回洗濯して干す」という時間が無い。今日も帰宅が遅いから、布団を干して出ることが出来ない。むむぅ〜。。。
でも、でもさ。晴れているというだけで、気分が違うもんです。はい。

昼から晩まで、10/18佐竹由美さんコンサート用のリハーサル。
先日も書いたかな、プログラムは全て新ネタで構成されていて、逆に言うと持ちネタは一つもなく、全ての音作りを0から行っています。すごく難しくて大変な作業だけど、みんなで頑張っています。チーム名こそ無いけれど(内輪てきにはお灸ズね。笑)、結成して3年を超えたアンサンブルなので、何となく音作りの方法などがわかってきた感じ。今回もかなり面白いプログラミングになっていて、その面白い曲達をいかに作り上げていくかをそれぞれが考えていくというのが目下の課題です。自分のことだけを考えるのではなく、それぞれがこのアンサンブルをプロデュースしていくという感覚が一番必要な「今=準備期間」ですね。どんどん面白くしていきまっせ!!


帰宅後の書き仕事は、ちょっと中断。いや、明後日明明後日と全く違ったタイプの本番が続くプチ山場をしっかり超えるべく、色々頭を使って考えていました。考える。嫌いじゃない。

で、ふと。
このブログを振り返ってみたりして。

一年前の僕の活動とは、確実に違っています。
忙しさ? 時間の無さ? ん、もちろんそれもあるけど、それ以外にも色々と。
そんな色々を嬉しく感じながら、「どこを目指しているのかな」「どこに行き着くのかな」なんてことを考えたりして。
今、ガンガンにテンパって生きています。ん〜、例えば、飛行機が、離陸後に厚い厚い雲の中を何とか抜け出してさらなる上空の快晴を目指す(違?)的な? いや、逆かもしれないけどね。正直、何か自分の中に葛藤なりもがきなりがあって、上か下か右か左かもわからないけど 、そこから動こうとしてる感じ。

昨日、「もっと」って書いたけど。
とにかく「止まらない」「どちらにでもいいから、その場ででもいいから、動く」ということを考えたいんだなぁ、と思ってみたりしています。

すんませんです〜。こんな、何だかな日記で。
今の俺。以上!!

« もっと | トップページ | プチ山場、スタート!! »

コメント

音楽やってる人間なのに、音楽の事、
未だに解らぬPierrot的にすん~ごい
馬鹿な質問です・・・。
オ~ケストラの演奏開始に必ずA音(ラ)で
オーボエが吹く基準音。
あれって別にオーボエから開始しなくても
いいのではと思うのですが・・
何故クラリネットとか他の楽器でやんないんでしょうかね・・。
それとも伝統?お決まりのパターンだから?
うぅ~ん、全くナゾー(黄金バット)だなぁ・・。

Pierrot le fou さま

お久しぶりです。お元気ですか?

オーケストラのチューニングの件。
何故オーボエか? 色んな説がありますね。僕も「これだよこれ。」という確固たる理由を知りません。改めて、調べてみたり色んな人に聞いてみたりしたけれど、答えは千差万別です。
きっと「そこにオーボエがあるから」でしょう。
オーボエが無い曲の場合は、他の楽器で済ませるわけで、そうなると「オーボエ=チューニング要員」という公式は成り立たなくなります。
歴史って、面白いですね。

お調べくださり本当に有難うございました!!
個人的には、その、千差万別とやらの意見に、もんの~凄い
興味アリ!!です(笑)
これが常識!!っていわれているやつって、一部は以外にも
ド~でもいい成り立ちから始まっている事ってあるもんで、
だってこれが伝統だから、とか、昔からこういわれてるから
こうしなければならぬ、とか、そんな感じで定着している事も多々あるしなぁ・・・・
その中には、個人的に納得いくこともあれば、行かない事も
あってね・・・(どの業界でも同じカァ??)

Pierrot le fou さま

そうですね〜。色んな事が「だって、昔からそうだからさ。」で成り立っていますよね。
いつだったかな、肉じゃが発祥の地はどこだ?っていう話題がありました。話題? いやいや、TV番組クラスの話。(笑)
数カ所の候補地があって、そりゃぁどこだって「うちが元祖じゃぁ!! 歴史があるど〜!!」とおっしゃる。ん〜、それに答えは無いですよね?

結局、人間社会って「1+1=2」だよ、ってじゃないことだらけなんですね〜。飛躍か? いや、結局そうなりますよね。
そう考えると、1+1=2の方が不自然にも思えてくるから、、、人間って摩訶不思議です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もっと | トップページ | プチ山場、スタート!! »