演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

シトシトでヒンヤリですね。

都響リハーサル〜仕事リハーサル

雨、かぁ。。。 しとしと加減にずいぶんと本腰が入っていること。
都響リハーサル。午前中は僕が関わらない曲の練習だったので、昼休み前くらいをねらって出勤。おぉ、少しだけだけど、のんびりな朝。貴重貴重。
午後からは、今回の演奏会のために書かれた新曲の練習。一度も音を出したことがない譜面って、本当にまっさらで(=書き込みの有無という意味だけでなく)、初めて音が出て音楽になるんだぞ〜!! な雰囲気でいっぱいです。京ちゃんの曲はどれも面白いけど、この新曲もまたまた不思議な香りのするサウンドが魅力的。ん〜、どういう思考回路してるのかな。(笑) 使用する打楽器やバチの選択などを話し合ったりして、この新曲の世界初演に向けてしっかりと準備しました。明後日の本番で、初めて世に出ます。僕も楽しみだわ。

そして、都響後は、昨日と同様高円寺にて仕事リハーサル。
この仕事の詳細は昨日書きましたが、ようやくご案内の準備が出来たので、左の緑の欄「演奏会のご案内」にLinkを張っておきます。
昨日の大笑いリハーサルで考えたプログラムを、今日は頭から通して演奏してみることに。
乳幼児からご来場OKということもあって、1時間プログラムのコンサートとなりますが、想像以上に曲数が多くてビックリ。そう、長めの曲だと子供達が飽きてしまう可能性があるのでね、色んな曲を可愛いサイズにまとめて、、、言うならば、マッチ箱に色んな色のキスチョコを目いっぱい並べました、って感じ。(どんな例えだ。笑)
ソプラノの天羽明恵さんが「お歌のお姉さん役(もちろんお歌は超一流)」を。
ピアニストの松川儒さんは、ご自身のソロの他、天羽さんや僕の伴奏を一手に。
さて、僕は何をするかな。。。(笑)
今回「体操のお兄さん」はありませんが、マリンバ弾いたり打楽器したりの他に、松川さんとピアノ連弾や、天羽さんとのダンス(笑)など、やっぱり色々とお引き受けすることに。セリフの練習もしておかないとね。(爆)
暫定プログラムで一回通してみて、、、何たって笑いが絶えないのは何故だろうか。みんな一生懸命真剣に考えてるからこそ、逆に面白いことが本気で面白いわけですね。いやぁ、ホント、昨日今日でたっくさん笑いました。
本番、僕らが笑い転げてしまうようなことが無いようにしなきゃ!!

今日は、いつまで経っても雨あめアメでしたね。
このヒンヤリ感から、本格的な秋に入っていくのかな。
明日から10月?
うぅ、、、待ってくれ〜!!

なるほど、後、大笑い

都響リハーサル〜仕事リハーサル

何故だか何だか、昨晩は寝苦しかったなぁ。昼間に対して、夜あまり気温が下がらなかった? 湿度が高かった? あれれ、タケシマ内の都合かな?(笑)

さぁ、今日から都響にお邪魔します!!
3日間のリハーサルと1日(1回)本番の、計4日間。エキストラとして都響の公演に参加させていただきます。内容は、、、昨日書いた通り。昔からの友達で現在大活躍中の作曲家望月京ちゃんの個展です。今日は、プログラム全4曲中2曲をみっちり練習。
久し振りにN響以外のオーケストラで演奏し(ソリストとしてではなくね)、しかも現代曲という打楽器的にはある種独特な大変さを伴う内容の公演に関わり、、、何だか、色々考えさせられた時間でした。ものすごく色々考えた。こんなにも色々感じるだなんて、ちょっとビックリでした。
そうかぁ。演奏中にしろ準備の時間にしろ、普段のN響での感覚(=いつもの感覚)とも、先日のサイトウキネンのような寄せ集め系のオーケストラでの感覚(=全員で0から始める感覚)とも、どちらとも全く違って、、、あぁ、オーケストラが違うって、環境が違うって、こういうことなんだぁ、と。
この新鮮な感覚を純粋に感じながら、とにかくしっかりと都響公演のお手伝いを全うしなきゃな、と思いました。わざわざ僕に声をかけてくれたんだしね。
休憩中、京ちゃんとのお互い個人的な久々再会は、「うわぁ!!」「きゃぁ!!」という数秒で終わってしまいましたが(笑 休憩中こそセッティング変えなどの戦いが始まるわけで。)、音正味3時間強の今日のリハーサルで「京ちゃんの音楽との再会」はしっかりと味わえたので、やっぱり嬉しかったな。ホント、京ちゃんの曲って面白い。ひいき目無しに、好きです。

さぁ。リハーサル終了後は、高円寺に移動して仕事リハーサル。
これまたね〜、面白いことになりそうです。
(財)ソニーミュージックファンデーションの「Concert for Kid's」という企画。未就学児の入場がきわめて困難なクラシックコンサート界的事情を踏まえ、逆に0歳から生のクラシック音楽に触れられる場(コンサート)を作っていこうという主旨で、色々なクラシック演奏家達による乳幼児〜小学生くらいまでを主な対象としたコンサート活動を行っています。ひょんなきっかけでお声がかかり、参加させて頂くことになりました。世界中で活躍するソプラノ歌手天羽明恵さん、ピアニスト松川儒さん、打楽器タケシマの3人で、10月と11月に1回ずつコンサートをします。
今日は、その第一回目のリハーサル。曲についてや、細かな内容についてなど色々話し合いながら、実際音を出してみたりして。今回、この3人でどういった音楽を作るか、どういった音楽の場を作るかということを、マネージャさんを含めああだこうだと煮詰めましたが、まぁ何とも初めましてなのに、集合した瞬間から常に大笑いが絶えず、「ん〜、なかなか面白くなりそうだぞ!!」なニヤリがみんなの顔に。あっという間にある程度の内容詳細まで決まり、早くも本番が待ち遠しくなりました。あと2回のリハーサルで面白いモノを作ってみたいと思っています。

帰宅。都響の勉強。書き仕事はお休み。
明日も同じような一日になります。
久々に電車移動な日々ですが、、、雨だけは勘弁〜!!
スカッと晴れていきたいものですね。

ちなみに、今日の天気は「なるほど、後、大笑い」でしたとさ。

ひゃぁ〜。。。

受験生レッスン〜大学生レッスン

うわははは。はしご酒ならぬ、はしごレッスン。
ぎょお〜、、、くたびれ〜。。。
教えるって、ホントにパワーを使うわ。体力気力精神力、、、全て吸い取られて行く感じ。まぁね、「僕の(音楽)でよければ、どうぞ吸い取ってってください。」ってしてるわけだけど。

明日からは、都響(東京都交響楽団)にお邪魔します。ものすごく久々に、打楽器奏者として出演依頼をいただきましたぁ!!(笑) そう、何度か書いているかもだけど、都響には「都響ビッグバンドのピアニスト」として伺うことが多かったんですね。今回、やっと打楽器奏者だと認識していただけたかな?と思いきや、公演内容に理由がありましたとさ。(笑)
今回の公演は、僕が半ズボンを履いていた頃からの友達であり先輩である、日本を代表する作曲家望月京ちゃんの個展なのです。京ちゃんのオーケストラの曲は打楽器パートが大活躍するものが多く、しかも、その打楽器パートに書かれているものはちょっと変わっていて。。。 そう、超創作楽器や超特殊奏法などが目白押し。で、都響の打楽器セクションの方が「どうやら、望月とタケシマは友達らしい。しかも、今回の曲を演奏したことがあるらしいぞ、おい。」ということになったらしく、お声がかかったまでです。
まぁ、何がどうあれ、昔々僕にオーケストラというモノを教えてくれた都響にお誘い頂いたことと、また京ちゃんの曲を演奏する機会に恵まれたことに、素直に喜びを感じ、明日から頑張ってきます。京ちゃんの曲、好きなんですよね〜。

というわけで。
帰宅後は、レッスン三昧で、くたぁ〜ながら、京ちゃんの曲の勉強勉強。
うぅ、、、もう、壊れかけ。。。
おやすみなさい。

ため息は良くないね。

諸々用事〜大学にてレッスン

昨日のドライブ中に苦労した「歌詞思い出し大会」ですが。
ほら、思い出せないことを頑張って思い出すことで、脳が活性化するって言うでしょ? だから、何についても何とか思い出す努力をしようって。
何とか思い出した歌詞たちは、見事全て正解でした。(笑) 昨日布団に入ってから、CDの歌詞カードで確認しましたとさ。

自分のための諸々用事で、昼前には外出。
何とも嫌〜な天気ですね〜。降るの? 降らないの?
こういうとき、僕は決まって「傘を持たずに出発」します。
何て言うんだろう、、、賭というか?
僕が日頃持って歩いている鞄が異常なほどに重いということは、いつだかここに書いた気がしますが、、、なので、まずなるべく持って歩くものを減らしたい。で、降らないといいな、なんていう楽観視的なものではなく、降るなよ〜、降るんじゃね〜ぞ〜、という威嚇なのか強迫観念なのかを、宛無き何かにぶつけてる感じ?
あぁ、でも、「降って来ちゃったら、ビニール傘を買えばいいか。」なんていう気持ちでいるんだろなぁ。何という無駄遣い系思考。。。
小さな折りたたみ傘すら入らない鞄が原因だよね。いつ何が起きてもある程度困らないように色々と持ち歩いてしまうのは、仕方なき性分か。打楽器奏者してるってのも、多少影響してるかなぁ。
そんなこんなで家にたまったビニール傘は、ちゃんとリサイクルに出しています。ちゃんとってどうよ。ビニール傘を買わなくて済む方法を考えようね。タケシマくん。
あ、ちなみに、今日は買わずに済みました。(笑)

夕方から夜までレッスン。くたぁ〜で帰宅。
今日は一日、どうもテンションが上がらず、むむ〜な一日でした。
ん〜、僕は何かを求めているなぁ。何だろう。。。
いや、わかってるんだよね。

明日も頑張りましょう。

疲れるほど考えるって。。。

山形県東置賜郡川西町にて子供向けコンサート

今日の山形は良い天気!!
山形入りは昨夕でしたが、ホールに楽器を降ろし終えた途端に雨がぱらついたり、止んだ後もずっと雲がかっていたり、ちょっと天気に恵まれませんでしたが、本番日の今日晴れてくれたので、関係者みんなでホッと安心。

朝からリハーサルをして、14:00開演。(←こういうの、マチネって言います=昼間本番)
今回のメンバーは、リーダー松川儒さん(ピアノ)、腰越満美さん(ソプラノ)、漆原朝子さん(ヴァイオリン)、真部恵子さん(フルート)、そして僕(打楽器)。またすごい楽器編成ですね。
色々と趣向を凝らしたかなり贅沢なプログラミングで、聴きに来てくれた小中学生たちも大いに喜んでくれていたようです。
終演後は、毎度恒例の居残り系楽器解体&積み込み。現地スタッフの方々にお手伝い頂き、終演後1時間ちょいで全て完了。お蕎麦をいただいてから帰京しました。
350kmくらいの距離ですが、最初の内はぼ〜っと色んな事を考えながら運転。考えなきゃ行けないことの多さに辟易とし、何だか煮詰まってきてしまったので、歌でも歌うか。(笑)
えっと、いつものCDは、、、無い!! 僕的ストレス発散用のCDが無いことに気付き、、、ん〜、いつか家に降ろしちゃったかなぁ、、、仕方なく、うる覚えの歌詞でいくか。あぁ、でも熱唱したいのに出来ないって、もっとストレス溜まるよなぁ。。。 ついてないや。
思い出せない歌詞を何とか思い出そうと一生懸命考えながら歌っていたら、思い出そうと考えることでくったくたになってしまい(笑)、まぁでもそのおかげであっという間に帰宅。良かったのか悪かったのか、、、「脳みそが疲れる」という感覚を、久々に実感しました。

ん〜、日頃いまいちわかっていないこと一つ。
「鍛える」ことと「痛み」の関係。
ジムに行って鍛える。筋肉痛になる。
一生懸命考える。脳みそ疲れる。
良いこと? 良くないこと?
筋肉痛が全く起こらない鍛え方って、あるのかなぁ。
脳みそが疲れない熟考の仕方って、あるのかなぁ。
温泉に入ったりマッサージを受けたりした後に出る「好転反応」って、痛みや疲れを伴ったりするけれど、これは「良いことの前に起こる悪いこと(=結果的には良いこと)」なんだよね、きっと?

う〜む。。。 秋の夜長。(←この時期考え事があると使いやすいフレーズね!! 違)

ちょい旅。

来期NHK大河ドラマ「篤姫」のテーマ音楽録音(N響)〜山形入り

朝の30分って、大きいですね〜。。。(笑)
昨晩は「昨日中にやらなきゃいけないこと」で終わってしまい、まさか今日明日の山形用旅支度なんぞをする気力も体力も残っておらず、眠ることを選択。
ということは、今朝ちょっとだけ早起きしなければならないわけで、、、ちょっと辛かったぁ。1分を惜しみ始める布団の中の自分に、ちょっとあきれたりして。(笑)

朝からN響。大河ドラマのテーマ音楽を録音しました。大河ドラマのテーマ音楽は、毎回N響が担当します。僕は、何回携わったかなぁ。N響エキストラだった時代も含めると、、、相当な数になります。ものすごく印象深く今でも口ずさめるモノもあれば、残念ながらそうでないモノも。今回は、どうだろかな?
指揮者井上道義さんのもと、しっかりみっちり録音。大河ドラマファンの方々、楽しみにしていてくださいね。

さぁ、良い天気だし、気持ちよく山形に向かいますか。
いつものごとくパンパンに楽器を詰め込んだちょっとご老体の我が車で、Let's Go!!
目指すは山形県東置賜郡川西町。福島県の北部?あたりで高速を下り、そこから永遠と国道(山道)を走るルートです。おい、イプ(イプサム=僕の車)、山道だぞ!! 一緒に頑張ろな!!
ものすごく順調に進み、参加出来ないはずだった現地でのリハーサルに、何とまぁ開始時間から参加。おぉ、イプ〜!! 偉いぞ〜!! (休憩しなかった俺も偉いぞ〜!! 笑)

先日ちらっと書きましたが、とある仕事で知り合ったピアニスト松川儒さん率いるアンサンブルの子供向けコンサートに出演します。僕にとっては、初めての地で、初めましてな演奏家とのお仕事となりますが、川西町の関係者の方々が「この町に良い演奏会を」「この町に良い音楽を」と一生懸命活動されているのがヒシヒシと伝わってきたことと、ご一緒する演奏家の方々との色んなフィーリングが自然に楽しく合致したこととで、何だかものすごくあったかい気持ちになりました。
奇跡的に合流出来たみっちりなリハーサル後の「明日頑張りましょうの会(顔合わせという名の晩餐?)」も、田舎ならではののんびりとしたアットホームな雰囲気で、みんなでワイワイ心から楽しみました。米沢牛や自家製ピザを始め、素晴らしいお料理とお酒を堪能。「食材は全て地物です!!」と胸を張って開宴してくださったご夫婦は、本当にあたたかいお人柄で脱帽。肩書き的にすごい方々なんですが、気さくに僕たちを歓迎してくださいました。
明日、みんなで頑張りましょうね!!
あぁ、雲がなければ満天の星空だったなぁ、、、秋風が心地よい半野外パーティでひとつだけ残念だったこと。

米沢のホテルに宿泊。
一人でちょっと散歩しつつ、気安く入れそうなバーは見つけられず。(それかよ 笑)
それこそ、久々におとなしく寝ましょうか。

そろそろ、ホントに秋ですね。

10/18佐竹由美さんコンサート用リハーサル〜諸々用事

今日も早起き〜。ん〜、何とか起きられました!!って感じ。(笑)
えっと、、、そうそう、今日も「休み」の日なんだね。振替休日? 道は空き空きで、快適通勤でした。

先日の書き込み風に言うならば「お灸ズ」のリハーサル。(笑)
本番の詳細は、ようやっと左の緑の欄へ掲載しましたので、よろしければどうぞ。
今回の公演は、作曲も編曲も全てにおいて新ネタばかり。僕もいくつか編曲していますが、若い作曲家による編曲や、作曲界でご活躍中の作曲家なかにしあかねさんの新作(作曲)があったり、かなり意欲的で挑戦的なプログラムになっています。
他に類を見ない楽器編成(ソプラノ、ハープ、チェロ、打楽器)で成り立つ「お灸ズ」、やはり類がない分、自分たちでこの編成ならではのサウンドを作っていかなくてはなりません。今日は、出揃いつつある今回用の曲目からいくつか抜粋して、音探しや音選び、音確認から編曲のし直しなど、「譜面」にまつわる作業に徹しました。
普通、クラシック音楽を演奏する際は、まずちゃんと出来上がった譜面があって、そこに書かれた音符をいかに演奏するかということから始まりますが、、、お灸ズは違います。演奏で使用する譜面自体が出来たてホヤホヤなものばかりですから、お灸ズに関わる僕を含む作編曲家と、僕を含むお灸ズ演奏メンバーが、お互い色々とアイディアを出し合って、必要あらば「音楽をよりよくするための譜面改訂作業」さえもある意味必要になってきたりします。ん〜、全く新しい料理を開発するのと似ているかもしれませんね。
休憩無しでミッチリ頑張った分、良いサウンドに出来上がったように思います。そう、そして、これからがやっと「しっかり練習しましょう!!」となるわけです。

昼過ぎに終了し、さぁ、怒濤の「諸々用事済ませ大会」。
あっという間に一日が終わった。。。 ホント、「あっ!!」。途中雨が降ってきたりしたけど、とにかく全てのノルマを達成出来たので、ホッ。本当はね〜、マッサージに行きたかったんだけど、まぁ、プライベートを充実させている場合じゃないわ。ちゃんと仕事を全てし終えてからね。(いつ「し終える」んだろか。完全に仕事中心な生活。。。泣)
でも、何とか食べに行ったお気に入りのお好み焼き(当然広島焼き!! 笑)で、かなり癒されました。

明日は、山形です。寒いかなぁ。。。
温泉、、、無理か。まぁね、無事に行って、無事に帰ってこよう。
気温的にも、かなり「秋」めいて来始めました。
こういうとき、危ないよ〜!! 寒かったり暑かったりね。
十分、気をつけて。

笑えないけど、笑ってもうた。

N響9月オーチャード定期本番〜仕事リハーサル

おぉ。今日は朝から涼しかったですね〜。
昨日、先輩仲間が「残暑は今日(今で言う昨日ね)までらしいぞ。」なんて言ってたけど、まさにビンゴ。一気に涼しくなりました。はい、みなさん、体調崩さないようにね!!

東京渋谷のオーチャードホールに来るのは、ちょっとだけ久し振りかな。
昨日一日だけの練習で向かえる本番なので、ゲネプロ(本番直前リハーサル)もしっかり念入りに。「ラフマニノフ作曲ピアノコンチェルト第3番」と「ムソルグスキー作曲ラヴェル編曲展覧会の絵」の2曲プログラムです。どちらの曲も大好きなんだなぁ。
今日はマチネ(昼間の本番)だったので、ゲネプロと本番の間は少し短め。短い割に、僕ら打楽器陣は、飯喰って、渋谷の界隈でクレープなんぞいただいて(笑)、お茶もして、、、休憩時間も分単位です。ゲネプロで使った集中力と精神力を、何とか取り戻すべく。おかげで、本番も何とか終えました。(笑)

終演後、楽器屋さんで先々必要な楽器をいくつか購入し、仕事リハーサルへ。
別仕事で知り合ったピアニスト松川儒さんたちとのアンサンブル仕事。本番は明明後日、山形県にて。お〜い、また旅ですかぁ。でも、今回は旅と言えるモノでもないかな。明後日の夜中に何とか山形入りして、寝て起きたらホールに移動し本番して、そのまま帰京だからね。一泊の旅仕事なんぞ、旅感覚を全く覚えない身体になってしまいました。(笑)
前回と今日と2回のリハーサルでもって本番に臨みます。初めましてなアンサンブルですが、ワイワイ何だか楽しくなりそう。

終了後、あり得ないような「すっとぼけ〜」をしつつ、帰宅。
え? いやいや。
まぁ、要約するならば、リハーサルで使った少量の打楽器を、車に積み込むのを忘れたまま帰ってきてしまっただけのことさ。スタジオから駐車場がかなり遠くてね、リハーサル終了後「とりあえず車をもってきま〜す!!」と、スタジオに楽器を置きっぱなしにして車をとりに行って、、、そのまま帰ってきちゃった「だけ」のことです。はい。
30分くらいで帰宅して、気付いた時には大笑いしてしまいました。スタジオに電話して、スタッフの方とまた大笑いしました。

。。。
笑えね〜よなぁ。。。(汗)

明日、引き取りに行きます。
考え事は、あんまりたくさん溜め込まない方がいいですよ? みなさん。(笑)

ネーミングって難しい!!

N響リハーサル〜佐竹由美さんアンサンブルのリハーサル

あれ? 今日、土曜日? (道路が空いていて思い出す。)
ん? しかも、また三連休? (車中ラジオで、高速道路の大渋滞を知る。)

おぉ、、、休みがたくさんあって良いですね〜!! (嫌みひがみじゃないよ!!)
そっかぁ、三連休だったら、やっぱりどっか旅行したくなるよなぁ。また良い天気だしね〜。残暑は今日で終わりだなんて言ってたけど、どうなんだろ。しっかり暑い一日でしたね。

N響リハーサル。今日練習明日本番です。都合上今日一日しか練習がないので、みっちりしっかりやりました。
プログラムのメインは、ムソルグスキー作曲ラヴェル編曲「展覧会の絵」。超が付くほど有名な曲ですね。一応若手の僕ですら、今までに何回演奏したか数え切れないくらい。N響では今年の3月に演奏した以来ですが、N響的に言うならば「以来」より「またやるんだぁ。(悪い意味ではなく)」かもしれない。同じ曲でも、指揮者が違うとこんなにも音楽が違うんだね〜ってことを、やっぱりちゃんと感じました。この曲は、たくさんのお客様に楽しく面白く聞いて頂ける曲だと思うので、例えばこういう曲で「指揮者が違うと何が変わるの?」的な聞き比べなんぞしていただくと良いかもしれませんね。

Nリハ後は、10/18サントリー小ホールで行われる佐竹由美さんのコンサートの為のリハーサル。ここにも何度と無く登場しているアンサンブルですね。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥、打楽器竹島悟史、の4人で構成されるこのアンサンブルは、特に名前を持たないんですよ〜。僕ら4人の間では色々訳あって「お灸ズ」と呼び合っていますが、、、どんな「訳」じゃ!!、、、もちろん正式名称ではありません。(笑)
10/18のコンサートは、「二期会週間」というイベントの一環。佐竹さんが所属する「二期会」が主催するもので、声楽を中心とした面白いコンサートが目白押しです。あぁ、思い返せば、数年前のこのイベントで「お灸ズ」は結成されたんだったなぁ。懐かしいなぁ。
近いうちに、左の緑の欄上「演奏会のご案内」にて、詳細をもって宣伝させていただきますが、今回もなかなか面白い内容となっております。僕は打楽器とアレンジ数曲を担当。僕はお灸ズのサウンドを身をもってわかっているし、お灸ズの面々も僕の書く譜面の雰囲気をわかってくれているので、僕にとってどんどん書き手冥利につきる場となってきました。筆が遅くても許してくれるし!! (笑 正しくは「怒らずにいてくれる」かな?)
もしよろしければ、10/18夜は空けておいてくださいね〜!!
でも、手帳に「お灸ズコンサート」とは書かないでね〜!! (笑)

帰宅。夕飯のことを考えられないくらい頭はパンパンで、、、あ〜ぁ、やっぱり家に着いちゃった。何でもいいから帰り道途中に食べてきてしまえば良かったのに。今日もコンビニです。(泣)


* あ、そうか。
日記を付けそびれていた分の穴埋めばっかりしようとしていましたが、、、それは余裕があるときにするとして、リアルタイムな日記をちゃんとつけていかなきゃね。
というわけで、今後は「穴埋めしつつ今日のことも書く」という、小学生の夏休み日記的手法をとっていく所存でございます。いつかトンネル開通させますので。(笑)

じわじわ

更新を楽しみにしてくれている方々、まだまだごめんね〜。

でも、少〜しずつ穴埋め作業を進めています。(笑)

早く、「リアルタイム」に戻せるよう、努力します。

今最近は、N響しながら書き仕事。

何だか、突然暑かったりしますが、身体に気をつけて元気にいきましょう!!

棚ぼたも一長一短

書き仕事〜仕事リハーサル

どんだけ眠りが深いのか。
かなりの早朝から、電話がジャンジャン鳴っていたらしい。いや、ジャンジャンじゃなくて、ブルブルだったのが良くないのかな。
とにかく「今日の仕事(昼間)はキャンセルです」という電話が、先方のお気遣いにより早朝からジャンジャン来ていたみたい。いつも寝るときには、携帯電話の音声を「ON」にするんだけど、、、昨日はそれを忘れてたんだなぁ。
起きるべく時間に起き、携帯を確認したら、スゴイ数の着信履歴と留守電メッセージ。それらを確認し、今日の昼間の棚ぼたオフが確定しました。(笑)

思いっきり二度寝して、書き仕事をしながら洗濯。残念ながら、掃除をするまでの気力体力は生まれず。ん〜、男一人暮らしに免じて(? 笑)、今日はよしとしよう。
夜、ちょっと用事でサントリーホールに寄ってから、仕事リハーサル。スムーズに終わり、帰宅。

こんな感覚、久々だわ。
「あ、俺、また家にいる。」

明日からN響だから、また早起きなんだけど、、、
起きれるかなぁ。っていうか眠れるかなぁ。(←遅起きすると、その晩寝られなくなる質)

頭疲れ

N響9月C定期本番2日目

昨晩は、布団に入っても色んな考えが頭を巡り、ん〜、でも、ネガティブな感じはなく、寝付きが悪くても楽しかった。(笑) さぁ、今日も頑張るぞ、です。

早起きして、色んな用事を済ませ、N響本番。
ふぅっ、何だか、予想以上に大変な公演だったなぁ。「大変だぁ!!」っていうテンパり系ではなく、何だか色々考えたなぁって感じ。音楽って、面白いです。

ん〜、身体はともかく、頭が疲れているので、今日はここまで。

あ、そう言えば。昔一時期「金縛り」にあいまくっていたなぁ。あれって、なんだっけ。頭が疲れていて、身体が元気だと起こるんだっけ? 逆だっけ? 僕自身お化け系にはあんまり接点が無いので、そういう方向の考え方は出来ないし、しないことにしていますが、、、今日みたいな日は、ひょっとしてヤバイ?

いや、間違いなくぐっすり寝れるわ。(笑)

お祭り後の、いつもな本番。

N響9月C定期本番初日

ん〜、何とか起床。
指揮者プレヴィン氏の音楽感、というか、打楽器観というか?、、、僕にとってはなかなか難しく、苦労の毎日です。数日前のお祭りから普段の生活に戻るには、ものすごく適切な毎日なのかもしれません。「かも」
G.P.と本番の間は、ちょっと一人で気分転換。色々動きましたぁ。そう、ダメだね、喫茶店でお茶することが、気分転換にならなくなってる。(笑)
本番後、軽く打ち上がって帰宅。どうやら、数日前までのお祭りから、今の生活への精神的移行が、実は完了していないみたいで、何だか色々考える夜です。考えるって、ホント楽しい。何かが生まれる気がして。

お帰り〜!!

N響リハーサル〜お帰り!!会

ん〜!! 今回のプログラムでの僕の役割、難しいわぁ。一生懸命考えたり悩んだりしながらの毎日です。本番、うまくいくと良いなぁ。

僕が参加するアンサンブル「Percussion Unit UNZARI」のメンバーである東京都交響楽団打楽器奏者西川圭子さん(通称圭子ちゃん)が、一年間のウィーン留学を終え11日に帰国しました。今晩は、その「お帰り圭子ちゃん会」。
UNZARIの何たるかは、説明すると10年くらいかかるので割愛しますが、、、ん〜、芸大打楽器を卒業しクラシック音楽界で活躍する年齢様々な5人が集まって、遊んだり時々真剣にちょいお馬鹿系ライブをしたり。「仲が良い」というコトバでは済まされないくらいある意味濃密な関係で、それぞれものすごく大切に思っています。あぁ、コトバにするって難しい!!
兎にも角にも、一年間日本を、いや、UNZARIをお留守にした圭子ちゃんが無事に帰ってきたぞ!!ということで、ワイワイ集まりました。おぉ、、、変わった部分と変わっていない部分とで、驚いたり安堵したりでしたが、ウィーンでの一年間がものすごく充実していたということは確からしく、そのことをみんなで喜びました。良かったね〜!!
「UNZARIの夜=秋じゃなくても超夜長」ですが、今日はみんなそれぞれが色んな合間を縫ってということもあり、健全にお開き。いやはや、またみんなでワイワイ楽しく会えて、ホントに良かった。
今後のUNZARIの活動予定? ん〜、まだわからないな。でも、またいつか、ね。

さ、明日明後日N響本番。しっかりいきましょう。

明記明記

N響リハーサル

そう、昨日は「完璧」でした。(笑 昨日を参照)
ぐっすり眠れましたぁ。かなり気分良し。
今日のリハーサルでは、プログラム全ての曲を練習。どれも難しい曲ですが、しっかりみっちりのリハーサルで、指揮者アンドレ・プレヴィン氏が何を目指しているのかを感じ取り、自分がすべき事を考えていくといった作業に徹しました。(僕はね。) ん、なかなか難しいです。

リハーサル後は、ラッキーなことに「棚ぼた的オフ」。おぉ!!
先々のN響公演のための事務仕事他に精を出し、あっという間に夜。あ、オフじゃないね。(苦笑) 僕の「やらなきゃいけないこと」の大半は、オフ時間にこそやるべきことなのかもしれないな。
ん? 本当のオフは、どこに? (愚痴では無いよ、と明記しておこう。)

帰宅〜。書き仕事〜。寝る〜。
あぁ、ちょっと生活考えたくなってきた。。。 (愚痴では無いよ、と明記しておこう。爆)

いつもの、、、か。

N響リハーサル

さぁ。今日からはまたいつもの生活。早起きでN響です。
今日からのN響は、僕の好きな曲ばかりが集まったプログラム。「マ・メール・ロワ」「ピアノ協奏曲ト長調」「ダフニスとクロエ全曲」、、、全てラヴェル(モーリス・ラヴェル、フランスの作曲家)の作品です。
指揮者はアンドレ・プレヴィン氏。僕が言うのもおこがましいですが、もちろん巨匠クラスに入る方です。今までN響には何度もいらっしゃっていますが、僕が氏の指揮の下演奏するのは初めて。楽しみにしていました。今月のN響定期公演三つ(A定期B定期C定期)を指揮される予定で、今回はC定期です。今日は、「ダフニスとクロエ」だけをみっちり練習。ホント、みっちりという感じでした。
一昨日までの環境と、今日からのいつもの環境との「違い」をしっかりと感じ、色々考えました。ん、なるほど、そっかそっか。(詳細は割愛します)

長旅の疲れが抜けきらないだろうことを予測し、今日のN響リハーサル後は何も予定を入れていませんでしたが、これが大正解。とても有意義に過ごせました。今の僕にとって、完璧に「有意義だった」とするならば、あとは早く寝るだけのことでしょうね。(笑)

おやすみなさい。

帰ってきましたぁ。

松本より帰京

昨晩のチャンネルチェンジが上手くいったみたい。
今朝起きた時、もちろんそこはまだ松本のホテルだけど、頭の中は完全に普段のモードに切り替わっていました。まぁ、、、ちょっと寂しい気がしないでもないかもしれないけど、これはホント小さな余韻でしかありませんでした。
よっし!! 帰るぞ!!

長野道〜中央道のドライブも順調。昨日中に帰京した人たちは、中央道他の大渋滞でかなり大変だったみたいだけど、、、今日は、途中一箇所事故渋滞していたくらいで、3時間弱で難なく帰京。良い感じっすよぉ〜。
そうだ!! マッサージへ行こう!!
これまた運良く、ホント運良く予約がとれて、パッキパキの身体をほぐしてもらいました。いや、たぶんほぐれきってはいないだろうけど、、、それくらいパッキパキだったみたい(笑)、、、まぁ、随分違いますよ。身体はもちろん足が軽くなったのを喜びながら、でも長時間しっかりマッサージを受けたことによる疲労とで、、、今日はぐっすり寝れそうだぞ!! という意味で気分良し。(笑)

夕方帰宅し、でっかい声で「ただいまぁ〜!!」と言い、どひゃぁ!!と座ってしまう前に、洗濯洗濯。3回まわせば片付く、、、かな? 眠い目をこすりこすりです。

明日からは、N響仕事。
その他、たまっている諸々仕事もありまくりだぁ〜。
気を引き締めていきましょう。


ただいまぁ〜!!

おやすみ〜!! (笑)

終わった。。。

サイトウキネン オーケストラコンサートBプログラム本番最終日

今年のサイトウキネンも、大盛況の内に閉幕しました。
今日はマチネ(昼間の本番)だったのですが、ステージ上も客席中も、とにかくホール全体が大いに盛り上がりました。何だか、感動的でした。演奏も、、、すごかった。ブルブルきました。
終演後のパーティで「また会おうぜ!!」と言い合いながら、あぁ、今年の夏も終わったなぁ、と。みんな、明日からはまたいつもの生活に戻ります。海外勢のほとんどは、今日中に成田入りなり東京入りなりしていまい、それぞれの国へ帰る準備万端。
僕はといえば、、、もちろん帰京してしまっても良かったんだけど、ここまでの長旅に終止符を打つために(笑)、のんびりもう一泊。久々に自分だけの夜を過ごしました。明朝チェックアウトの為の荷造りを済ませてから、プラリと立ち寄ったバーでゆっくりチャンネルチェンジ。お祭り気分をすぅ〜っと冷ましていきながら、普段のモードをジワジワと起動します。充実感と少しの虚脱感と、、、「さぁ、また頑張るぞ!!」と。

昨日も書いたとおり、毎年毎年「音楽」というものについて改めて色々考えるきっかけとなる、このお祭り。僕にとって、今年もものすごく刺激的な期間でした。参加出来て本当に良かった。これからもまた頑張れそうです。

そして、今回の一ヶ月弱にわたったあちこち旅生活も、明日の帰宅にて終了。
帰ったら、待ってましたとばかり、それはそれは大変な毎日が続きそうだけど、、、うん、ちゃんと頑張ろう。この一月で得た栄養をフル活用して。

お疲れさまでした。

昨日の影響? (笑)

サイトウキネン オーケストラコンサートBプログラム本番2回目

ん〜、、、昨日のパーティ、楽しかったなぁ。
という思いで目覚めた僕は、幸せですね。(笑)

午前中、ちょろっとリハーサルのようなことをし、夜本番。
合間には、昨日のパーティ会場へ楽器を片付けに行きました。
昨日は、僕も楽しく呑んじゃったからね〜。(笑) 昨晩ステファンと話し合って、マリンバの解体と搬出は今日にしようと。もちろん、大正解でした。「ネジってフランス語で何て言うの?」とか「SHIMAは普段これを一人で組み立てたり解体したりしているのか?」とか話しながら、、、ん〜、やっぱり2人いると速いわ。あっという間に完了。昨日の組み立ては「キャッキャ」があったから、4人くらいでも時間がかかったけど。(笑)
お家を貸してくださった井筒さんご夫婦も、昨日の余韻冷めやらぬな感じで、、、ホントに素敵なご夫婦。

で、夜本番。Bプログラム2回目です。
ほ〜ら、やっぱり。一昨日の本番から、一味も二味も深まった演奏になりました。「勢い」が功を奏した一昨日の初日に比べ、今日は「しっかりとわかった感じ」の演奏。わかっているから面白い駆け引きも生まれ、譲ったり譲らなかったりをお互いがし合い、またまた音楽の面白さを感じあえる本番でした。
お祭りオーケストラなので、何よりも「初めまして」を心から楽しめることが重要だし、それぞれが持ち合わせるたくさんの「引き出し」を開けあって新しい音楽を作っていくということへの好奇心が、こういったオーケストラの栄養剤になるんだと思います。毎日毎日本当に「色々な音」がします。スタイルとかノウハウではないんですね。そんな、ある意味「その場限り」な空気は、ライブ感に溢れに溢れ、クラシックというジャンルであっても堂々とあり得ていいのではないかな、と思います。「音楽」ですもんね。

なんて、ちょっと偉そうか。
色々楽しいことがあったり、ちょっと旅生活に疲れを感じながら、、、これから先、自分はどんな音楽人生を送っていくのかなぁ、なんて考えてみたりしています。

秋、ですかね? (まだでしょ)

キャッキャキャッキャ!!

サイトウキネン オフ日〜!!

はい。しっかりすぎるほど寝ました。
寝過ぎなくらい寝たのに、、、ちょっと身体が重いなぁ。
やっぱり疲れが溜まってきているのか、ホントに寝過ぎたのか。(笑)
でも、久々に布団の中で「あともうちょっとぉ。。。」を繰り返したり、1時間以上風呂に浸かってひたすらぼぉ〜っとしたりして、ぐうたらなスタートを満喫。少なくとも、精神的には満たされ。(笑)


さぁ!! 昨日書き残した「楽しいこと」とは。。。

今日は、フランス国立リヨン管弦楽団のティンパニ・打楽器奏者ステファン・ペレグリの40回目の誕生日〜!!
ステファンとは、もう4年くらいの付き合いになります。何せ「オーケストラの打楽器奏者でありながら、ライブ活動はするわ、作曲はするわ、ピアノは弾くわ。。。」という化け物で、それでいてものすごく気さくなナイスガイであったりするところがニクイ人物。ん? 似たようなことしている誰かさんなんて、足下にも及びませんですます。
僕の片言の英語にもしっかり耳を傾けてくれるので、意外にも深〜い話とかをしあっている友達。
またね〜、ジャズボーカリストである奥様カティも、それはそれはメチャクチャ素敵な女性で、、、いや、ホント素晴らしい女性。むぅ〜、ステファンめ〜!!(笑)
ヴァイオリニストのジェニファー・ギルバート(世界的指揮者アラン・ギルバートの妹さん)の関係で、松本でヴァイオリン工房を営むご夫婦の一軒家をお借りしての、大々的なパーティーを決行です!!

【準備編】
夕方前、ステファン、カティ、ジェニファーやその他仲間達と集合し、30分くらいのドライブで到着した井筒さん宅は、少し山の方に入ったあたりの、のどかな土地に建つ素晴らしいお家。パーティ会場になる広いリビングにはしっかりとピアノが置かれています。お、いいね〜。
今日の主賓でありオーガナイザーであるステファンは、さっきも書いたとおり色んな活動をしている音楽家ですが、特にヴィブラフォン(ジャズで活躍する鉄琴)が得意で大好きだそう。ん〜、ヴィブラフォンは無いよなぁ、、、あ、マリンバなら僕の車に積んであるぞ!!
「Oh!! Great!!」
というわけで、みんなでキャッキャ言いながら、僕のマリンバを車から降ろし組み立て。
うっほ〜、僕のマリンバが松本の個人宅で組み立つことになるとは。
うっほ〜、僕のマリンバを多国籍軍で組み立てることになるとは。
汗だくになって組み立て完成。もうテンション上がりまくっているステファンにマリンバを託し、僕はピアノを担当しましょうか。有名なジャズのスタンダードなどで軽くジャブ。あぁ、コトバはいらないね〜。しばらく遊んで、「次は?」「Beer!!」

その頃キッチンでは、カティが中心となってキャッキャしながら切ったり混ぜたり煮たり。おぉ、ここが日本だということを忘れてしまいそうなほど、完全にヨーロピアンな香りが漂ってますね〜。味見しまくりです。(笑)
やっぱりね〜、向こうの方々ってホームパーティに慣れてるんだわ。楽器でお遊びしていた我ら男の子達もちょろちょろ手伝って、たった2時間弱で、わんさか素敵な料理たちが完成。うっひゃぁ、美味そう!! はやく、みんな来ないかなぁ。。。

【パーティ本番】
19:00開宴。メンバーや関係者が次々とご来場。海外勢が多いかな。ん〜、やっぱりホームパーティ慣れしとるわぁ。立ち振る舞いがものすごく自然。かっこいいなぁ、どいつもこいつも。(笑)
シャンパンとカティの料理と素敵なろうそくの火で、みんなが和み始めた頃、
「SHIMA、お前は呑んでないでピアノを弾け!!」とステファンがニッカニカな笑顔で言いやがる。
(そうそう、色々訳あって、僕は「SHIMA」と呼ばれています)
よっしゃ、そんなに言うなら弾こうじゃないの。もんのすごい「ホテルのバー風なピアノ(笑)」とか弾いてやりましたさ。リクエストに応えまくっていたら、やっとこさお酒返してくれたよ。
でもね、驚いたのは。
冗談でウィンナーワルツとか弾いてみたのね。「おいおい〜」みたいな笑いをとれるかと思って。ところがどっこい、みんなサッとパートナー見つけて、自然と踊り出すんですよ〜!! おいおい、落ちがつかないし、終われないじゃないかぁ!! ドイツの有名なマーチを弾けば、歓声を上げて足踏みするし、、、あぁ、文化。羨ましすぎてトホホでした。みんな音楽が好きなのは当然だけど、もう身体の隅々まで音楽なんだなぁ。。。
ステファンとのセッション、カティの美声のお供も楽しく、家中大盛り上がりになって、ちょっとだけ誇らしく思いました。ピアノが弾ける自分で良かったし、車にマリンバ積みっぱなしにしといて良かったし。

さんざんワイワイキャッキャやって、日付が変わる頃お開き。
そして、準備から関わっているメンバーで、はたまたキャッキャ言いながら後片付け。
あぁ、ホントに楽しいパーティだったなぁ。みんなでニッコニコです。

井筒さん、お家を貸してくれてありがとう。みんな大喜びでした。
そして、ステファン。40歳おめでとう!!
お互い「何でも屋」で頑張ろうね!! (笑)


とにかく、「キャッキャキャッキャ」な一晩でした。

嵐にて本番初日

サイトウキネン オーケストラコンサートBプログラム本番初日

今日はちょっと早起き。朝ゲネプロの夜本番。
ゲネプロ(本番直前のステージリハーサル)は公開でした。サイトウキネンコンサートのチケットはものすごく人気があるし、ちょっとだけ高価だったりもするので(笑)、どちらにしてもなかなか容易には手に入らないらしいんですよね。なので、ゲネプロを公開することで、より多くのお客様に楽しんでいただこうと。こちらにとっては、本番が一回増えるようなものではありますが、「きっついなぁ〜。」ではなく「お!! 満席だね〜!! よし!!」が先に立つ音楽家が揃っているので、もちろん本番を控えたリハーサルであることを承知しつつ、本番モードに限りなく近いゲネプロとなりました。ん、何か好きだな。こういうの。

昼から夕方にかけては、ホテルの部屋でしこしこ事務仕事。
そして。夜本番。Bプログラム本番初日です。
もうね、コトバがない。楽しかった。ん〜、こんなに活気のある「幻想交響曲」は正直久し振りかもしれないなぁ。サイトウキネンのオーケストラの魅力は、何よりも「熱さ」だと思っていますが、今日はその魅力が十二分に溢れていたのではないでしょうか。演奏し終わって、まず「気持ちよかった!!」(笑)。今日の音楽を、明後日梁明後日の本番に是非生かしつつ、もっともっと考えよう。絶対みんな色々考えて、どんどんさらに変わっていくはずだ!! 一回ぽっきりの本番公演もそれはそれで盛り上がりますが、やはり本番回数が2回以上あるというのは、やっている側にとってものすごく面白い。どういう方向にしろ、必ず違ってきますからね。だから、N響定期で通常必ず2回本番があるというのは、贅沢なことなんです。

さて、ちょっと心配はしていたんだけど、、、もんのすごい嵐でした。風も雨も元気いっぱい。ん〜、特に風がすごかったかなぁ。何回傘が捲れただろうか。それでも壊れずにいる僕の傘は、1000円ちょっとにして優秀です。 (笑)
って、神奈川県あたり大変なことになっているらしく? 最近、天災が多いですね。。。

さぁ!! 明日は、またまた楽しいことが起こりそうです!!
むふふふふ。。。(笑)

秋じゃなくても夜長

サイトウキネン オーケストラコンサートBプログラム練習最終日

そうですね〜。。。
ぐっすり寝て、みっちりリハーサルをして、ワイワイ呑む。
良くも悪くも?、非常に規則正しい生活を送っております。(笑)

あまりに長いこと東京をお留守にしているので、そろそろ帰京してからの仕事の準備諸々が心配になってきたりしてみたりしています。連絡業務とか書き仕事とかね〜、、、普段それらに追われてアクセクしているので、旅に出ることで解放され(そんな気がするだけか。汗)、精神的には楽になるのですが(そんな気がするだけか。汗)。
ん〜、やれることはきちんとやっておこう。ホテル住まいでもね。

今晩は、サイトウキネンメンバーによる室内楽のコンサートがあり、もちろん拝聴。素晴らしかったぁ。前半は金管四重奏、後半は弦楽四重奏で、どちらもちょっと渋めの選曲ではありましたが、何だか心からリッチに楽しめるコンサートでした。出演者のみなさま、ブラボ!!

明日、明明後日、梁明後日と、オーケストラBプログラムのコンサートです。
約一ヶ月間に渡って行われてきた今年のこのお祭りも、ホントに最後の終盤戦に突入しました。そういう空気というか匂いというかってありますよね。
運動会の大トリ、全校対抗リレーの頃みたいな?(笑)
最高潮に盛り上がっているけど、確実に陽は傾いてきていて、もうそろそろ終わっちゃうなぁ、みたいな?
例えが適当かどうかはわかりませんが、Bプログラムコンサートをみんなで一生懸命頑張って楽しもうという気持ちは、3回のコンサートに向かっていることはもちろん、今年のサイトウキネンも終わるね〜っていう何かにも向かっているようですね。だからこそな今の空気です。
頑張ろね。絶対楽しいぞ!!

仰天パーティ!!

サイトウキネン オーケストラコンサートBプログラム練習2日目

昼前までぐっすりご就寝。今回のスケジュールは、朝ゆっくりな日が比較的多く、ホントに助かっています。(笑)

今日もしっかりみっちりリハーサル。それぞれが、昨日の初音出しで把握したこのオーケストラのサウンド像に、どう絡み合っていくかを考えながらトライしていました。ぎゅ〜っと集まってきている感じ。いいね〜!!
色んな意味で「お祭りだぁ!! 楽しむぞ〜!!」がみんなの心の中にあるから、とにかく熱気活気元気が溢れてます。本番、どんなことになるんだろうなぁ。このBプログラムは計3回本番がありますが、このコンサートをもって今年のサイトウキネンも閉幕となるわけで、、、あぁ、千秋楽とかどんななっちゃうんだろか。楽しみです。

夜は、トロンボーン奏者呉信一さん主催のパーティ。みんなのお父さんです。(ホントはスゴイ人)
呉さんの部屋(ホテル)でワイワイやるというもので、毎年恒例になっているのですが、、、ホント、ものすごい「規模」。
まず、部屋。呉さんは毎年このパーティを開くために、わざわざ数日間スイートを予約。すごいよね〜、太っ腹とかそういうコトバでは済まされない。「ここなら、何十人来ても大丈夫やろ?」って嬉しそうです。
お酒。呉さんが準備してくれたり、またみんなで持ち寄ったりな形ですが、量も質も半端無い!! 缶ビールで乾杯した後は、感嘆の声上がりまくり「超が付く銘柄のお酒各種」をどれでもどうぞ。何をいただくか本気で迷います。
そして、料理。そう、「つまみ」じゃなく「料理」ね。
呉さん行きつけの呑み屋さんやホテルのレストランなどからわんさか届きます。お刺身から揚げ物、スモークサーモンや生ハムメロン、、、想像出来ますか? 一応「部屋呑み」ですよ?
みんな、呉さんのことが大好きだから、まぁ次から次へと入れ替わり立ち替わりメンバーが訪れます。すっごい盛り上がりでしたが、、、ん〜、これまたちゃ〜んと巧く出来ていて、呉さんスイートの隣も向かいも斜向かいも、全てサイトウキネンメンバーの部屋。下の階も大丈夫だし、、、ホント至れり尽くせり。思い存分ワイワイです。
僕は、ホントに心の底から楽しみながら、、、どうしても性分というかなんというか、グラス洗ったりゴミを片付けたりと裏方作業に専念。こういうことしてるのが、また楽しかったりもするんですよね〜。(笑)
呉さん、いや、お父さん。ありがとうでした。ん? 明日もやるって?

旅ならでは、お祭りならではの毎日。
普段東京では味わえない色々を、十分に堪能しようと思っています。

思わず、ただいま。

サイトウキネン オーケストラコンサートBプログラム練習初日

はい!! また松本です。あんた、どこのひと?(笑)

今日からは、Bプログラムです。小沢征爾さん指揮です。
メインは「ベルリオーズ作曲幻想交響曲」。N響では何度も演奏したことがあるけど、今回担当する楽器「1番大太鼓&4番ティンパニ」は初めて。ん〜、同じ曲なのに景色がまた違って面白いぞ。頑張って楽しもう。
世界的作曲家アンリ・デュティユー氏の委嘱作品などもプログラミングされ、、、そう、今回のテーマは「フランス」ですね。

お昼前くらいからセッティングなどをし、一息着いた頃ゾクゾクと「Bプロメンバー」が登場。そして、「おぉ!! 久し振り〜!!」や「初めまして〜!!」のハグをたくさんしました。ん、この瞬間、好きなんですよね〜。「よろしくな。頑張ろうぜ!!」っていう。
さて、今回の打楽器陣は、、、
ライナー・ゼーガース (ベルリンフィル首席ティンパニスト)
ステファン・ペレグリ (フランス国立リヨン管弦楽団ティンパニスト)
深町浩司 (フリーランス)
安江佐和子 (フリーランス)
そして、僕。
ライナーとは、何度かお目にかかっているものの、演奏でご一緒するのは初めて。うわぁ、世界のライナー・ゼーガースと一緒に音楽出来るのかぁ。ん〜、、、すごいことだ。。。

しっかりみっちりリハーサル。3日間のリハーサルで良い音楽を作り上げるために、今日はまずざ〜っと様子を見ながら、今回のこのオーケストラならではの流れみたいなものを確認。そうそう、特に幻想交響曲はものすごく有名な曲だし、オーケストラプレーヤーにとってはかなり「手の内にある曲」であるわけですが、今回寄り集まったお祭りオーケストラで演奏するとなると、「いつものようにね〜。」とはいかないわけで。「いつも」を持ち寄りながら新しいものを作るという、楽しい作業です。

夜は、ライナー始め外国人勢と一緒に多国籍なワイワイ。
あぁ、言葉、、、ことば、、、コトバ。。。
これ、毎年思うのよね。
そろそろ、ちゃんと決断しよう。コトバの勉強するぞ!!

ホテル。数日前まで長居していたのと全く同じ部屋。
荷物を開けながら、思わず。
「ただいまぁ〜。」

何だか「嬉しい」な夜

N響びわ湖ホール本番

昨晩のサプライズで、心身共に超リフレッシュ。
当然、お目覚めパッチリです。

朝ゲネプロ、おやつ時(笑)本番。
うわぁ、お客様たっくさん。びわ湖ホール芸術監督に就任された指揮者沼尻竜典さんを、地元周辺の方々が楽しみにしていらっしゃるんですね〜。良い音楽がたくさん生まれるといいなぁ。

昨日も書いたとおり、このびわ湖ホールは湖畔に建っていますが、、、水っていいですね〜。生活のそばに水があるって、すごく素敵だなぁって思います。N響海外公演に行くと、特にヨーロッパでは多い「川縁のレストラン」に足が向いてしまうワタクシ。ゆらゆらと漂ってたり、さやさや流れていたりする水を見ていると、本当に時間を忘れますよね。いつの日か家を建てたら、庭に小川でも流そうか。(無理)

僕には、色々な音楽の場があって、それがすごく嬉しいし楽しいです。
色々な音楽に出会うということは、色々な人たちに出会うということです。
それは、僕にとって比類無きパワーの源です。
何だか、純粋に嬉しいなな気持ちで満たされている今宵。
頑張ろう。

明日からは、また松本でサイトウキネンです。

ひらめいた!!

N響リハーサル in びわ湖ホール〜???(笑)

寝たぁ〜!! 寝たぞぉ〜!!
ハイ。9.5時間ぶっ通し就寝。こりゃぁ、大きいわぁ。
身体も頭もスッキリ。えっと、ここは、、、そうそう、京都だったね。(笑)
二条城近くのホテルですが、ここから滋賀県びわ湖ホールは電車で小一時間。何ともちょうど良い距離です。リハーサルが14:30からだというのが良かったな。久々にのんびりです。

びわ湖ホールは、ん〜、何年ぶりだろう。定かでないなぁ。
本当に「湖っぺり」にあって、、、建物の半分くらいは湖の上なんじゃないか?、、、まぁ、湿気などなどの問題は多少ありつつも良いホールだし、ご来場いただくお客様にとっては、なかなかのシチュエーションなのではないでしょうか。
今日のリハーサルは、一般のお客様に公開。オーケストラのリハーサル見学なんてあまりないことでしょうし、何がともあれ、びわ湖ホール芸術監督に就任した指揮者沼尻竜典さんの色々な素顔を見れるということで、地元の方々がたくさん集まられました。沼尻さんの襟元にはマイクが仕込まれ、オーケストラのリハーサルで指揮者がどんなことをしているかということを、見学に来られたお客様にわかっていただこうという主旨もあったようです。
地域密着、いいですね。

さぁ。さて。一番上には???と書きました。
夕方にはリハーサルを終え、京都のホテルへ戻り、ちょいちょいPCで事務仕事しつつ、、、
あ?
ここ、京都? 関西?
一気にひらめき、インターネットにより、そのひらめきが現実化可能と判明。
思い切って、財布と携帯を握りしめ、ホテルを飛び出て、いちもくさんに駅へ。
1時間ほどで、完全に現実化しました。

大阪〜!!!!!!!!!!!!!!

ここにも何度か登場している、大阪の行きつけのバー。
今バーカウンターに座って、店員さんみんなと大笑いしている自分。
あぁ、夢は叶うんだぁ。。。 (おおげさな。 笑)
テンション上がりまくりなのに癒しに癒され、あぁ、ホント良かったぁ。
いやぁ、京都と大阪がこんなに近いとは思ってもいなくて、だから僕にとっては「ものすごいひらめき」だったんだけど、、、そんなにたいそうなことじゃないのね。(笑) 普通に通勤圏だっていうし。容易に計画出来たはずのことですが、まぁ、ひらめいたぁ!! 実現したぁ!! すっげ〜!! ということで。(笑)
フル充電完了。今月10まで続く旅仕事を、しっかり果たしましょう。

あぁ、、、良かったぁ。。。
ものすごく気分が良いよ。
おやすみなさい。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »