演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 楽しいってばさ。 | トップページ | あちこち空気の味 »

ん。良かった。

サイトウキネン「武満徹メモリアルコンサート」本番

連日、良い天気に恵まれています。
みんな「暑い暑い」言ってるし、確かに暑いけど、、、
やっぱり東京を始めとする大都市とは質がちょっと違って、僕なんか非常に心地よく。
夜なんか、適度に心地よい風が吹いたりして、いい感じですよ。

さて。おぉ、もう本番かぁ。
昨日までのみっちりリハーサルと昨晩のワイワイ焼き肉(笑)が、何らかの結果を出す時です。

何だかね〜、楽しかったですよ〜、本番。
ワイワイ楽しくしつつも、難曲は難曲だし、難箇所は難箇所だし、みんな真剣にしっかりと曲に臨み、良い音楽が出来あがったと思います。
そして、何よりも「よっしゃ!!」だったのが、、、
ご来場いただいたお客さまやサイトウキネン関係者各位から、「すごく仲良しなアンサンブルだったね〜!! 今回初めて組んだんでしょ?」と言われまくったこと。
焼き肉がどうこうではなく、とにかく初めて顔を合わせた一昨日の時点で、きっとみんなで「楽しく=仲良くやれるぞ!!」っていう空気を出来上げられたんですね。逆に、それがあったから、昨晩の焼き肉が成り立った、的な。(笑)
こういうのってホント大事で、特に僕が何かしら音楽をやる上で大事にしたい要素でもあったりするので、、、難曲ならではの色々諸々なことが正直それぞれあったとは言え、今回の「武満徹作曲スタンザ1」の演奏に携わった6人が、何だか非常に仲良く真剣に楽しんで音楽できたことは、ものすごく嬉しかったです。
メゾ・ソプラノ波多野睦美さん、ハープ篠崎和子ちゃんとの「初めまして」。
指揮板倉康明さん、ギター鈴木大介さん、ピアノ&チェレスタ江口玲さんとの「ひっさしぶり〜!!」。
みんなで尊敬し合いながら、刺激し合いながら、とてつもない相乗効果をしっかり自覚し、良い時間を過ごすことができました。嬉しかったなぁ。

色々な編成の曲がプログラミングされていたので、出演する演奏家の数が今年は特に多い感じ。コンサート最後に出演者全員でラインナップした時には、正直現代音楽のコンサートだとは思えないくらいのたくさんの拍手をいただき、みんなで「良かったね〜!!」になりました。みんなそれぞれ、難曲に立ち向かいました。お疲れさまでしたぁ〜!!
打ち上げは、武満ファミリー(故武満徹氏の奥様やお嬢様ご夫婦など)を中心に、大盛り上がり。そう、いつものごとく、「終わっちゃったね〜。またやりたいね〜。」的。

それぞれみなさん超が付く素晴らしい音楽家であり、恐れ多くも共演させていただいたり焼き肉させていただいたり、何よりも同士として笑い合えたり、、、非常に幸せなひとときでした。まだまだ全然頑張らなきゃなぁ。こんな人たちと演奏できるチャンスや笑い合えるチャンスが巡ってくる可能性がある生活をしているんだもんなぁ。
してるんだなぁ。
し続けたいなぁ。。。

サイトウキネンに来ると、何だかそういう気持ちになることが特に多い。
そう、大いなる「刺激」です。
その刺激を、しっかり受け止めて、200%肥やしにしたい!!
頑張りまっせ。
あと2つの公演に関わっています。
しばらく松本生活です。(途中ちょろちょろ抜け出すんだけど)

« 楽しいってばさ。 | トップページ | あちこち空気の味 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽しいってばさ。 | トップページ | あちこち空気の味 »