演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 共存。それが好きです。 | トップページ | 早寝早起き改め、早起き早寝。 »

今日は「梨の日」らしいね。(by ラジオ)

明日からのN響仕事のための仕込み〜書き仕事

昨日、本格的に暑くなってきただなんて書きましたが、、、今日は暑いんだか涼しいんだかよくわからない感じでした。(笑) 気分的に、まだまだ予備的上着を手放せない感。汗かいて〜冷えて〜じゃ、自分から体調悪くなりにいってるようなもんですもんね。例え着なくとも、何か一枚長袖持参。これ、結構大事なポイントかも。

明日から始まるN響現代曲公演の仕込みをしてきました。明日のリハーサル直前では準備しきれないほどの、どっひゃぁ〜な多種多量の打楽器を準備し、何とか並べてみる。そう、練習場というのは、ホール舞台と同じスペースがあるわけでなく造りも全く違うので、ある意味「練習用の仕込み」が必要になるんでですね。本番ではこう並べられるかもだけど、練習場じゃこうするしかないね〜、みたいな。3日間みっちりリハーサルをするわけで、物理的な妥協もなるべく少なくしないと、練習にならなくなってしまうし、何の為の練習なんだかわからなくなる。。。 色々いろんな問題がありますが、リハーサルも本番も「音楽」であることに変わりはなくて、だからこそ「練習用の仕込み」も大事になってくるわけです。
ホントはね〜、、、ホールでね〜。。。(←あ、これは愚痴ですね。歴とした。笑)

仕込みは何とか無事に終了。小さなトラブルも明日のリハ前には解決するので、まずはホッ。いつだかも書いた気がするけど、打楽器は「使用する全ての楽器をちゃんと揃えて、しっかり並べる」ということが、ものすごく重要です。これが、今日の仕込みでほぼ完了したので、ホッね。
さぁ、明日からのオーケストラリハーサルにしっかり立ち向かいましょう。

今日は一日ず〜っと雨で、何とも「日本だわなぁ。」でしたが、、、そう言えば、今年って「水」は大丈夫なのかな? テレビを観ない僕は、インターネットやラジオのニュースを頼りにしていますが、とりあえず大丈夫そう? 今のところ、深刻な水問題の話題は聞こえてきませんが。今はどちらかというと、政治系ですね。自然界的ニュースより、人間界的ニュース。お金いっぱいもらって日本を動かしてるんだか、動かそうとしてるんだか、動かそうとしながら・・・なのか、、、、とりあえず、人間として綺麗(=クリーン)じゃないことはやめようね。考え方うんぬん思想うんぬん価値観うんぬん、色々あろうけどさ。って、世間をよく知らないワタクシが申しております。失礼。

さ、明日は早起きだ。頑張って寝て、頑張って起きよう。(笑)

« 共存。それが好きです。 | トップページ | 早寝早起き改め、早起き早寝。 »

コメント

竹島様、N響の現代曲コンサート良い演奏会になる様祈っています。打楽器ですと、弦楽器や管楽器より出番が少ない分、プレッシャーが大きいと思いますが、竹島さんはどのようにプレッシャーを克服されていらっしゃいますでしょうか?例えば、ドボルザークの「新世界から」第四楽章でシンバルの出番など非常に難しいと思うのですが如何でしょうか?

横尾 さま

ん〜、難しい質問ですね〜。っていうか、答え方が難しい。

あくまで「僕の考え」でお答えしますね。

やっぱり、どう考えても「とある一曲の中の出番の多い少ない」で、気持ちは変わりませんね。「新世界より」にしろ、ブルックナーの交響曲にしろ、逆に叩き続けなラヴェルボレロにしろ、、、ましてや先日のハープ&マリンバのようなものにしろ。
曲中1個でも1,000,000個でも、「音」は「音」ですからね。そこに向ける意識は、同じです。出番が少ないからこそ、この音は絶対に外さないようにしようっていうような崖っぷち的観念は、持たないかなぁ。
オーケストラのみんなが、その曲中ず〜っと作ってきてくれた流れや空気に乗っかっていないと、僕が出す一発の音は必ずアサッテだし、流れや空気に音はなくとも参加していないと、その一発の音は逆に怖くて出せません。だから、音がない時間も必ず音楽に参加しています。それが、小一時間だろうとね。
「音を出すこと」だけじゃなくて、「音楽を作ること」が役割だと思っているので。

で、答えになってるかな。
あくまで、「僕の」意見でしたが。
今度、呑みましょう。(笑)
上記のようなこと、りさちゃんもしっかり考えを持ってますよ。そういうところの息も合っているので、楽しいデュオが出来ています。はい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 共存。それが好きです。 | トップページ | 早寝早起き改め、早起き早寝。 »