演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 2006年度、終了。 | トップページ | ったく。 »

四月の一日(いっぴ)だわぁ。

ARCUSファミリーコンサート本番

なるほどぉ〜。
昨日は「新年度とか関係ない」的なカキコミをしましたが、、、そうか、「4月」となると、やっぱり身体のどこかが反応しますね。今日、4月1日になってみてわかりました。新たなスタートですね。

ARCUSファミリーコンサート。13:00〜と15:30〜と二回本番でしたが、どちらも満員でみなさん大喜びでした。ふぅ〜っ、良かったぁ。
タイコのお兄さん役は? どうだっただろう。会場のみんなが、大笑いしながら一生懸命話を聞いてくれたり一緒に演奏してくれたり(手拍子で演奏に参加してもらったのね)していたので、、、ん〜、何とか無事に役を全うしたかな、ということにしておきましょうか。(汗)(笑)
前回に引き続き、司会というかご案内役として、テレビ朝日アナウンサーの坪井直樹さんが駆けつけてくださり、演奏会をより一層盛り上げてくださいました。 ん〜、すごいなぁ、プロだなぁ。いや、そりゃぁ見事です。ご自身もオーケストラが大好きだそうで、「超」頭のお良ろしいお大学にお在籍してらっしゃった時には、実際にオーケストラで演奏されていたんだとか。そうかぁ、だからこそ、オーケストラを実際に体験してらっしゃるこそ、あんなにも見事にお話を紡ぐことが出来るのね〜。ちびっ子達やお父さんお母さんが普段あまり聞き慣れないクラシックというものを、うま〜い具合に調理して言葉にしてくれたので、とても良い時間を作れたのではないかと思います。
感謝感謝です。

色々あって、打ち上げには参加せず、のんびりドライブしながら帰ってきました。本番会場は横浜だったので、まっすぐ帰ってきたら車で1時間ちょっとかな。でも、3時間くらいかかった。っていうか、かけた。(笑) 脳みそも身体も思いっきり使いまくった本番だったので、クールダウンをちゃんとしておかないとね。
高速を走っていると、眼下のあちこちにピンク色の木々が華やいでいたりして、思いの外「春」を強く感じました。これ、遠いお花見かな?(笑) ラジオからは「マジっすか?」っていうくらい大規模なお花見渋滞と思われる渋滞情報が流れてきたり、都内一般道を走ればそこここの公園で宴が繰り広げられていたり、、、あぁ〜、みんな楽しんでるのね〜。桜って、偉大だね。どんなご時世になっても人を楽しませる魅力を持っているんですね。
帰宅して、しばしぼ〜っとして、ちょっとだけ一人打ち上げ。一人でぼ〜っと出来る店で思い存分ぼ〜っとしてきました。(笑) ん。まぁリセット出来たかな。

そしてそして。
明日は、休み〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!! うっきゃぁ〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!
さっき急に決まったんだなぁ。あぁ、嬉しいなぁ。ため息ついちゃうよ。
さ〜て、どうするかなぁ。寝て起きたら日も暮れていました、ってはしたくないなぁ。でも、えぇ〜、明日休みなのに今晩目覚ましセットする〜? あぁ、どしよ。あぁ、どしよ。
書き仕事を進めるか、事務仕事を片付けるか、、、おいおい、休んでないよ、それ。
まぁね、でもね、どっちかはちょっとでもやらなきゃいけないからね。「今日は休んだなぁ。」って思えるくらいの休み時間を作りながら、その「自宅で出来ちゃう仕事」にちょっと手を付けるとするか。

あ、花見しちゃう? え、それ良くない? 明日は平日だし、空いてるかも!! うんうん、近くに桜あるしね。

一人で会話してどうすんねん。(泣)

« 2006年度、終了。 | トップページ | ったく。 »

コメント

今後コメントは演奏会のことだけにしよう・・・って自分に言い訳しつつ。アルクス、楽しかったですよー♪とくにタイコのお兄さん(まぎれもなく「おにいさん」でした☆)、いい味出てました。あのまま、教育番組ができそう(((^0^)))
ファミリーコンサートって銘打たれてましたが、単なる子連れOKじゃなくていろいろ工夫されていて、大人も十分楽しめる内容だったんじゃないかな。坪井アナの「上手ですね~」発言(誰に向かって言ってんだよっ)と、タイコのお兄さんの手拍子フェイントには完全にやられました(クヤシー!)。客席がアンマリ受けてるんで、ほかの奏者の方々もお兄さんのほうをチラチラ見てましたね。
あの長丁場を2回も、本当にお疲れさまでした。ゆっくりお休みになれるといいですね。

エフェ さま

そうでしたね。お越しいただけるとのことでしたね。お楽しみいただけたようで何よりです。ご来場ありがとうございました。
そうなんですね。ファミリーコンサートというと、どうしてもお子さま重視になりがちですが、ARCUSの場合はそうではなく、お子さまをお育てになっている親御さま宛にもメッセージを伝えようとしています。「クラシックコンサートに行きたいのですが、まだ子供が小さくて。。。」というお声をよく頂戴します。それは、子供たちにクラシックを聴かせたいという親心はもちろん、親である自分たちもクラシックに触れたいな、という想いがあってこそですよね。
そんなこんなで、ああいった企画になりました。
打楽器ってね、こう言っちゃぁなんですが、所詮三の線なんですわ。今日も、弦楽器管楽器は、面白おかしくしながらもクラシックの高級感をちゃんと匂わせておられるので、そうなると「皆様の味方、庶民の味方、タイコ、タイコ、タイコでございます〜!! 皆様の清き一票を〜!!」とせざるを得ないんです。あ、いやいや、どう来たって庶民の味方であることには変わりありませんが。(笑)

子供だから楽しい、大人だから楽しい、というある意味差別化した考えの下ではなく、み〜んな楽しいよね、っていう音楽をどんどん配信していきたいなって思います。そのための努力は惜しみません。

いつもありがとうございます。そんなに制約を作らず、いつでもコメントくださいね。僕にとっては、音楽を育てるための貴重なご意見ですから!!

いや、あの、ほっとくと際限なくコメントつけそうなので、ある程度自己規制かけとかないと・・・。なんか触発されてしまうんですよね。

三の線だなんて~御謙遜♪音量も音程もホールで合わせてみなきゃわかんないでしょうし、音のスピード感とか硬い音柔らかい音・・・質感、って無限の選択肢があるのに必要なのはたった1打なんて。気が遠くなりそうな細やかなコントロールが必要ですよね。その上多種多様な楽器を使いこなさなきゃなんて・・・。想像できない。
4月はN響の演奏会に何度か足を運ぶつもりです。ご雄姿拝見できるといいなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2006年度、終了。 | トップページ | ったく。 »