演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« パッキパキのちホワホワ〜。 | トップページ | 演奏会のご案内、とかさ。 »

eco、かぁ。

仕事リハーサル〜書き仕事。

今日の東京、夕方に突然「雨ザンザン雷どっかんバリバリ」な瞬間がありました。で、ちょっといきなり寒かったよね。2月下旬の陽気だって。
やっぱりさぁ〜、気候がおかしくなってますね〜。あちこち桜の花は既に散り始めたりしていて、今年の桜もあっという間だったなぁと思っているしりから、2月下旬の頃のように冷えたりする。
季節の変わり目、身体には十分に気をつけましょうぞ!!

書き仕事。目下の課題は「7/16なぎさブラスコンサート用新作」。大好きななぎさブラスゾリスデンで、僕の曲を演奏してくれることになっていて、う〜む、なんか良い曲書けるかなぁと、多少作曲家的脳みそを稼働中。金管十重奏+タケシマパート(打楽器&ピアノ)っていう、なかなか魅力的でありつつ制限もしっかりある編成。僕の曲を知る仲間が口をそろえて言う「タケシマワールド」を、ねらうことなく書き込むことが出来たらいいなぁ。まぁ、笑いどころ泣きどころは「ねらう」んだけどね。(笑) 金管楽器って、無条件に「かっこいい」っすからね〜。その、かっこよさを、またメンバーの持ち味を最大限に出せる曲を書いてみようって、日々書き書き。どんなやろか。

今日、車で移動中にラジオを聞いてたら、「天ぷらを揚げた油を再利用」というエコをテーマとする番組にありつきました。はぁ〜、なるほど〜、そだねそだね。
再利用をすること自体はそんなに難しくないんだけど、各家庭で天ぷらを揚げた後その油をどう処理するかが問題なんだって。固めて捨てる人もいれば、鍋から排水溝に「ま、いいか。」をしてしまう人がいたり。。。 そうかぁ、リサイクルの技術が発達しても、リサイクルの材料がうまく集まらないと、結局環境汚染の歯止めにはならない、かぁ。天ぷら油に限ったことではなく、なんか考えさせられるひとときでした。
これだけ便利な世の中になってね、やっぱり全てはエコ的に間違いでしたって振り戻ることは、正直難しいと思うんです。だから、発展や前進の過程により一層エコをしっかり取り入れることが、これからの課題になるでしょうね。
人間というエゴの強い生き物は、今まで人間以外のあらゆるモノに対してエコを考えてきたように思いますが、そろそろ「人間自体をエコの対象にする」時期が来たんでしょう。その意味は、人間の考え方の、日本人の考え方の改新。
でね。何となく、何となくですよ、この国は今ちょうどそんなテンションな気がするんですけど。こういったことを「うんうん、やってみようよ。」っていう空気になりそうな、なれるような気がするんですけど、今の日本。
だって、「もったいない」っていう感覚を持った人種ですもん。世界的に注目されているらしいですよ、「もったいない」という感覚。「もったいない=ケチケチしてる」なんていう間違った考え方は、もうそろそろ終わりにしましょうよ。ね。そっから始めてみません?

何だか、思いもよらず、社会的なテーマに行き着いてしまいましたね。ガラにもなく。(笑)(汗) ほろ酔い気分で、考えが巡りました。さっさと寝なさいよ。

« パッキパキのちホワホワ〜。 | トップページ | 演奏会のご案内、とかさ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パッキパキのちホワホワ〜。 | トップページ | 演奏会のご案内、とかさ。 »