演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 初雪は春到来のお印? | トップページ | ん、何だか嬉しい。 »

ため息多し。

N響リハーサル〜ライオンキング。

何だか、色んなため息をたくさんついた一日でした。
ため息つくと幸せが逃げるぞぉ〜、なんて言いますね。(笑)
でも、たくさん呼吸して、新しい空気をたくさん吸い込もう!!
ふはぁ〜〜〜〜。

話には聞いていたけど、、、今朝目の前に!!
今朝はN響リハーサルの曲順の都合で、普段より1時間ほど遅めの出勤でした。N響練習場に電車で行くときは、JR山手線に20分ほど乗るんですね。まだまだラッシュな時間帯でありましたが、僕の前に座った女性は何やら鞄をごそごそ。あ、化粧直しかな、と予測はついたのですが、、、これがまた超本格的。ご自分と僕の間に手鏡をかざし、まずは色んな粉を何度もたっくさんパタパタ、口紅も登場、続いてビューラー(だっけ?)で睫毛をくるんくるん、あらら、また粉登場? 色鉛筆で目塗るの〜? とまぁ、詳しくはよくわかんなけど、、、すげ〜なぁおぬし。いつもそんなに持って歩いてんの?(そこカヨ。笑) 10分あまりで変貌を遂げ、颯爽と降りて行かれました。
ん〜、恥じらいとか何とかうんぬんは、結局人それぞれだし、まぁ置いといたとしても、、、いやぁ、自分に正面向いて化粧する女性に出会う(遭遇する)とは思ってもみませんでした。だって、家じゃぁ鏡に向かってでしょ? 人に向かってしないよね。ビックリしたなぁ。そして、ちょっとだけ引い、、、た。。。(ごめんなさい。)
いや、きっと忙しかったんでしょうね。ちょっと寝坊しちゃったとか? 着るモノはバッチリ系だったけど。
で、「どうして電車で化粧をしちゃいけないの?」って言われてしまうと、実は説得力と確固たる理を持って言葉を返すことが出来ない。
というわけで、「ビックリしたぁ。」にとどめておきます。(笑)
これだけでも、ため息ですわ。

さ、寝よう寝よう。明日はため息が少ない一日になりますように。

« 初雪は春到来のお印? | トップページ | ん、何だか嬉しい。 »

コメント

はじめまして。去年秋ごろから愛読させていただいてます。演奏も何度か聴きましたよ!1月オールプロコのときの冴え渡るマリンバ(違ったらごめんなさい)の音色が印象的でした。
電車でお化粧してるお嬢さんたち、たぶん見知らぬ人はモノ(=意識のない物体)なんでしょうね。「旅の恥はかき捨て」みたいな行動は品がなく恥ずかしいこと、って感覚自体がもう古いのでしょうか。
それにしても、竹島さんのようにお若い方でもやはり奇異に感じられるのですねぇ。ってなんだか音楽と関係ないところに反応してしまってすみません。また静かな読者に戻ります。

エフェ さま

初めまして。
いつもお読みいただいているとのこと、本当にありがとうございます。いつでもコメントをお待ちしておりますので、これからも是非ぜひ「遊びに」きてくださいね!!

そうですね、、、古い新しいでは決してなく、女性にとって人前でお化粧することが、もしかしたら恥ずかしくないことなのかも、と考える角度があるのかどうか。
僕自身、特別不快に思ったわけではなく、ただあまりに見慣れない光景にビックリしたというところです。例えば、24時間どこのコンビニエンスストアでもそこそこの化粧品が買えるということ自体、文化を変えつつあるのかもしれませんね。
このご時世、何が正しいか、個々に委ねられているとすると。。。
ん〜。

これからも、よろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初雪は春到来のお印? | トップページ | ん、何だか嬉しい。 »