演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 現代音楽 | トップページ | 頭グルグル。 »

3月を実感

受験生レッスン〜仕事リハーサル。

3月になりましたね〜。とうとう。
何によって改めて思い知らされたかというと、、、「道路工事」。(苦笑)
この時期になると、ホントいっきなり増えますよね。年度末だからね〜、国的?都的?区的?な予算のなんちゃらかんちゃらの都合でしょうね〜。全くなぁ〜。。。
いや、きっと「必要」な工事だろうからね、いつかはやらなきゃいけないことだし? でもさ、今の時期に突然あっちこっちが工事の必要に迫られるって、どういうこと? それさぁ、たった今気付いて、今しかやるべき時が無いほど切迫した工事なの?
いやいや、工事をしていただくこと自体には、文句は言いませんよ〜。車が走りやすくなったり、人が歩きやすくなったり、ガスや水道がより安全に使えるようになるんだろう為の工事だろうから。でも、こうも一斉に「よ〜い、どん!!」みたいに始まり出すと、、、むむ〜。何でこんなに渋滞を増やすのだ?(笑)
工事の皆様、まだまだ寒い夜間にご苦労様です。

以前、3月頭はどっぷり休むぞ宣言なんぞしておったみたいですが、、、他人事のようだな(笑)、、、「どっぷり」くんは知らない間に去っていましたぁ。(笑)
まぁ、それでも、普段よりは多少隙間が多い3月のスケジューリングを作れた様な気がしますが、やっぱり一日一度はどこかへ仕事なりしに外へ出て行くという生活は免れなさそうです。音楽的に「僕」を必要としてくれているところがこんなにもあるのかぁと、それはそれは嬉しいし光栄なことで、、、音楽があるからこそ生きている自分としては、「ん〜、どっぷり休みはまた今度!!」という結論に達しました。
とりあえず、3/3には遠い昔(笑)僕を音楽の道に導いてくれた故郷であるヤマハジュニアオリジナルコンサート(JOC)関連の本番。3/6〜3/8は広島でレッスンやら講習会やらコンサートやら。3/11は左の「演奏会のご案内」にある神奈川県逗子市での本番。その後N響仕事と続きます。花粉症になんか負けていられるかぁ!!
でも、合間合間に時間を見つけて、念願の大掃除、、、いや、大いに必要に迫られている大掃除(泣)を決行せねばなぁ。。。

そうそう、先ほど帰宅中に車内でラジオを聞いていましたが、、、「卒業」なシーズンですね〜。
卒業がおめでたいことだと捉えるのが極々一般的な考えですが、それは何か大変なことから解放されるというところから来ているのかな? よく頑張ったなぁ、みたいな。うんうん、そうだよね、きっと。
でも、卒業って、ある意味「別れ」でもありますよね。卒業時に流す涙って、ある意味「卒業出来て良かったぁ。」という感動からよりも、「みんなと別れるんだぁ。」的な寂しさから来ると思いませんか? 楽しかった学校生活が終わってしまうことへの名残惜しさみたいな。あ、学校の「卒業」に限定してるか?(笑)
おめでとう、良かったね、と声を掛け合いながら実は寂しがっているような、ちょっと矛盾しているようでいながら間違いなく心に正直な感情。卒業式で一人すすり泣きをしてしまうと、卒業生から先生から保護者から在校生まで涙腺がゆるんでいってしまうような感覚、ものすごく人間的で何だかとても好きです。
ラジオ番組に電話で参加した中高卒業生達は、それぞれの将来の夢を熱く元気に語りながらも、しっかり想い出に浸っていて、やっぱり今は想い出が勝っているようで、その声を聞いているだけで何だか感慨深くなりウルっときてしまいました。
卒業生!! がんばれよ〜!!

« 現代音楽 | トップページ | 頭グルグル。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 現代音楽 | トップページ | 頭グルグル。 »