演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 心、穏やかに | トップページ | 四月の一日(いっぴ)だわぁ。 »

2006年度、終了。

ARCUSリハーサル〜なぎさブラス打ち合わせ

今日は、ものすごい風でした。一日車移動であっちこっち走り回りましたが、国道沿いとかにあるファミレスの背の高〜い看板が、腰抜けになってしまったかのようにグラグラ揺れたりしていて、ちょっと怖かったなぁ。時期的に枯れ葉は無いけど、やっぱり色んなゴミも舞っていました。
そして、夜中の今もビュンビュン言ってます。

明日本番の、ARCUSファミリーコンサートのリハーサル。演奏する曲自体の練習もみっちりやりましたが、今日はそれに加え、「お客様参加コーナー」という企画の段取りなども打ち合わせました。そう、僕が「タイコのお兄さん」に変身する場です。題材となる曲目は「おもちゃの交響曲」。弦楽器とたくさんの色んなおもちゃで演奏する、歴としたクラシックの曲です。この曲は、聞いているだけで面白い曲なので、これに「お客様が参加する部分を作る」というのが意外にも難しい。ああでもないこうでもないと、頭の中でぐるんぐるん廻っています。明日、お客様に楽しんで頂けるよう、考えつくします。

その後、なぎさブラスの打ち合わせ。ご協力いただけるかもしれない音楽事務所の方と、色々なお話をしてきました。参加している自分が言うのも何ですが、なぎさブラスは本当に面白く素晴らしいアンサンブルです。今後どうやって活動していくといいのか、アドバイスをいただきながらみんなで話し合ってきました。

ARCUSも、なぎさブラスも、自主的に集まって活動しているアンサンブルです。いわゆるお仕事とは違って、自分たちの「気持ち」次第で、どうにでも転んでしまうわけです。良い方にも悪い方にも。
この「気持ち」を、いつまでも絶やさずにどんどんふくらませていくには、どうしたらいいか。その方法論は、ARCUSとなぎさブラスでは、大いに違ってきます。
どちらのアンサンブルでも、また他のどんなアンサンブルでも、結果的に「何でも屋」を仰せつかっているタケシマと致しましては、「何でも屋」なりのある種接着剤的な役割をどう果たすかがポイント。コミュニケーションですね。これがうまくいくと、素晴らしい音楽が次々と生まれていきますが、うまくいかんと、、、胃が痛くなるんですわ。(笑)
だから、やっぱりコミュニケーションが自然にとれる音楽家が好きです。そんな人たちを一緒に何か出来るんだったら、何でも屋タケシマは何でもやりまっせ〜!!

今日で3月も終わり。そう、2006年度も終わりなんですね〜。
新年度、新学期、新入生、新入社員、、、何かと「新」な季節。桜も満開なことだし、良い2007年度をスタートさせてほしいですね。
え? 俺?
いやぁ、N響は9月が年度始めだし、それ以外の仕事でこの時期の「新」を感じるって、、、あ、教えてる大学がそうか。お誘いいただく仕事の内容や曲目には少〜しだけ季節感が反映されたりするけど、スケジュール的にどうこうっていうことは実際あ〜〜んまりないのでね。この時期「新」に賑わう街を感じながら、「新」な気分をちょっと味わうかな、って感じです。
明日から4月。
あ、明日、あんまり嘘ばかりついてちゃだめだぞ〜!!(笑)

« 心、穏やかに | トップページ | 四月の一日(いっぴ)だわぁ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心、穏やかに | トップページ | 四月の一日(いっぴ)だわぁ。 »