演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« ん、何だか嬉しい。 | トップページ | よいしょ。 »

0〜55

仕事打ち合わせ〜恩師送別?会。

昨晩遅めだったものの、ちゃんと朝起床。偉いなぁ〜、って当然です。(対自分)
僕は、やっぱり「カレンダー通り」という定期的リズム生活を送っていないので、ベッドに入る直前に、必ず翌日の予定を頭の中にすりこむんですね。そうしないと、パッと目が覚めたとき「今日は、何するんだっけ?」ってなっちゃうんです。土日祝祭日の意味は「道や電車が空いていて、店が混んでいる日」であって、「のんびり休日〜。」では無いですから。(笑)

(財)SONY音楽芸術振興会の「0才からのクラシック」というシリーズに参加することになり、打ち合わせをしてきました。そもそも昨年9月に行ったリサイタルがきっかけで、お声をかけていただきました。
ただただ聞きやすくわかりやすいクラシックを聴かせる、というテーマではなく、そこに色んなスパイスやアイディアを混ぜ合わせて面白く楽しいステージを展開する、という、ちょっと込み入った企画モノ。言葉で言うのは簡単で安易な感じがしますが、全くそんなことはないんです。ああでもないこうでもないと話し合ってきました。幼稚園生までのコンサートは経験がありますが、もっともっと小さな子たちを相手に音楽を伝えるというのは、色んな意味で一筋縄ではいきません。とりあえず、10月〜11月で3回の公演に参加する予定で、今回初めてご一緒するピアニスト松川儒(まつかわまなぶ)さん、担当スタッフの方々とああでもないこうでもないと、2時間くらいみっちり話し合いをしました。
その3回の公演は、世界的ソプラノ歌手天羽明恵さん、ピアニスト松川さん、打楽器タケシマの3人でステージを作り上げます。もちろん、この3種楽器の為に書かれたクラッシックの曲は極々少なく、演奏家とスタッフのアイディアの出し合いが必須となります。そう、僕にとってはいつもの事ながらお得意?の「何でも良いけど、何か出来ないかな?」のパターン。(笑)
ちょっと面白そうな企画なので、楽しんでみたいと思います。詳細決まり次第、ご報告しますね。

で、次。
僕が、芸大に入る前、本格的に打楽器を始めた頃から今も尚お世話になり続けている恩師松倉利之先生が、この春から大分の音楽短期大学の教授に就任されることになり、しばらくの間生活の拠点を大分に移される松倉先生をお見送りする会を弟子有志で行いました。
松倉弟子というのは、クラシック打楽器界に限らずあちこちに本当にたっくさんいて、なかなか全員で集まることも容易でなく、今日のお見送り会は、弟子の中でも「師匠と弟子でありつつ、先生の母校である芸大の、先輩と後輩の間柄になった人たち」と、「先生が長年所属した芸大オーケストラ(芸大が所有するプロオーケストラ)で一緒だった人たち」が集まっての有志の会とすることになりました。
「マッチ」と慕われる松倉先生、、、あ。由来がジャニーズ近藤マッチじゃないということだけは、弟子として申し上げておきます(汗)(笑)、、、単身赴任で大分へ。みんなで「ついに教授っすかぁ〜? スッゲ〜!! やったぁ!!」と言いながらも、あぁいつでもそばで相談にのってくれるという状況ではなくなるのかぁ、と、やっぱりちょっと寂しくなりました。
松倉弟子が集うことは極々たまにありますが、その度に思うことは「本当に色んな人がいるなぁ。」ってこと。特に、クラシック界ではどうしても、良い意味でも悪い意味でも、まぁ色んな意味で先生のキャラクターや音楽の方向性が弟子に反映され、習った先生らしさというものを引き継ぐような「師匠・弟子」というカラーが出てきますが、マッチ弟子、、、いや、松倉弟子には、正直そういったある意味での統一感が無い。本当にそれぞれなんですね。先生の、個々それぞれのそれぞれをそれぞれ伸ばすという意向が見事に反映されているのではないかと、こういう席でも改めて感じたりします。僕は常に、松倉先生に出会えたことを、心の底から感謝しています。
今日集まった弟子や関わり深い人たちは、とにかくみんなマッチが大好き。みんなでマッチを尊敬しマッチを称えマッチをコケにして(笑)、、、マッチも奥様も爆笑苦笑失笑含め大喜びで、大盛り上がりな会になりました。
松倉利之先生のあたたかいお人柄が、大分に新しい音楽を吹き込むことを心から期待します。いつか、弟子大勢で大分の単身赴任マンションに爆竹持って押しかけるぞ!!(笑)
ちなみに、東京を中心とした先生の演奏活動は、まだまだこれからも続行とのこと。ペース配分は変わるかもしれないけど、我が師松倉利之の演奏活動、いや音楽活動は続きます。続いてくれなきゃ、困るわ!!

0才に伝えられるクラシックを考えたり、50代半ばで新たな音楽活動を歩み始める先生を囲んだり、演奏仕事はなくも何だか充実した一日でした。
31歳の僕は、、、そりゃぁもう、頑張るのみ!!

« ん、何だか嬉しい。 | トップページ | よいしょ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ん、何だか嬉しい。 | トップページ | よいしょ。 »