演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« やっぱり我が家。 | トップページ | 3月を実感 »

現代音楽

紀尾井ホールにて現代音楽(室内楽)の本番。
(詳細は左の緑の欄「演奏会のご案内」に。)

昨日のニンニク攻撃、効きましたぁ! 朝のんびりめの起床でしたが、頭も身体もスッキリ。よっし、作戦成功。(笑)

現代音楽、、、もちろん「現代に生まれる音楽」の意ですね。
クラシックの現代音楽というのは、難しい和音が鳴ったり、難しい拍子やリズムが次々と並んだり、メロディの存在がわかりにくかったり、常識をはるかに越えた楽器の奏法を用いたり、たりたりたりたりすることが少なくなく、もちろんそうでない曲もたくさんありますが、人間の普段の生活にはなかなか浸透しにくい分野であることは確かです。世の中にこれだけ色々な音楽が存在し、それぞれの音楽同士がコラボしあったりしている中、もはや「ジャンル」や「スタイル」で区別することは難しいですが、クラシックの現代音楽は常に新しい何かを見つけにいくという方向性が強く、先に書いたような特徴が強く出てくるんでしょうね。
語弊を恐れずに言うならば、一般的に言う「クラシック」でも、200年前に書かれた曲と100年前に書かれた曲とではスタイルやアイディアは全く異なります。新しいものが一般的に受け入れられるまで、やっぱり時間がかかるんですよね。今「現代音楽」とされている曲たちも、100年後200年後にどうやって存在するのか、個人的にはとても興味深いです。

今日のコンサートでは、6人の今を生き活躍する邦人作曲家の作品が演奏されました。面白かったですよ〜。6人それぞれが、ホントに「それぞれ」で。リハーサルを聞いていて「あ、この人の作品、やってみたいなぁ。」「こんなアイディアがあるのかぁ。」と思えたり、僕が参加した曲では作曲家や共演者とみんなで意見交換して音や空気や作ったり、非常に面白く楽しい仕事でした。
N響でも現代音楽を採り上げるコンサートはあるし、他の仕事で現代音楽のソロやアンサンブルに触れることはたくさんありますが、僕は基本的に好きなので(笑)、これからも接し続けていきたいなと思います。

何だかちょっと気分の良い夜、一人打ち上げ中に携帯から投稿です。(笑)
明日から3月ですね〜。春爛漫、花粉大暴れ、マスク安売り大歓迎。

« やっぱり我が家。 | トップページ | 3月を実感 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱり我が家。 | トップページ | 3月を実感 »