演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« てへ!! | トップページ | 春一番に想ふ。 »

ち、近くない?

夕方から受験生のレッスン。

日が暮れる直前まで寝ていられるはずだったんですけどね〜。(笑)
起きちゃうんですわ、これが。
朝ちゃんと起きちゃって、色々雑用をこなしつつ仕事の譜面を作ったり何なりしてる間に、日は傾きました。こんな余暇の過ごし方って。。。 「休みは寝よう!!」って歳でも無いのかなぁ。盆栽でも育ててみるか。(爆)
いやいや、やっぱりね、早起きが続いていると起きちゃうもんですよ。目覚まし時計クンはしっかり休暇をとっていても。「月〜金は早起き、土日は遅起き」っていう規則正しい生活してませんからね〜。
まぁ、やらなきゃいけないことが少しでも減っていけば、「早起きは三文の徳」なのですな。

さて、今日の話題。「人と人との距離」
あ、何も「人間関係上のコミュニケーション術」とか「人間同士の精神的な距離感の悩み」とかそういうことではありません。(笑) その人と人とが会話をするときの「物理的な距離」の話。
誰かと会って話をするとき、その人との物理的な距離感で気になったことってありません?
僕の周りには、ごく少数ですが、異様なほど近距離に迫ってコミュニケーションをとる方がいらっしゃる。近いんですよ、距離が。え? それって内緒話ですか?みたいな距離。その方々には何の他意もなく、ただ人とコミュニケーションをとるときの距離を、無意識のうちに近めにとるんですね。
特別不快でもないし、セクハラっぽくもないし(なんのこっちゃ 笑)、「あ、近いな、この人。」くらいの事なんですが。
でね。今日コンビニに寄った時のこと。
コンビニには珍しく、店員さんが一人しかいなく、レジ前にものすごい行列が出来ていたんです。だって、並んでから会計が済むまで5分以上かかったんだもん。すごいでしょ?
で、僕の後ろに、小学生か中学生かくらいの女の子二人が並んだんです。何だか、ぶつかるんですよ。なんだろ?と思って後ろを振り返ると、一人の女の子がものすごい近距離にいる。別に僕を意識している(おいおい)とかでは全く無く、隣のお友達とのおしゃべりに熱中しているのですが、何せ近い。レジ会計が一人済み、列がちょっとずつ前に動いたので僕も前進すると、女の子も前進し同じ距離に立つ。
あのさぁ、最近痴漢とか痴漢冤罪とか、すごい騒がれているでしょ。だから、こちらこそ避けようとするんだけど、避けても避けても近距離に。(汗)
その子に他意が無いことを何度も目で確認しつつ、何で店員が一人しかいないんだよ!!とイライラしつつ、たったの5分ちょいをヒヤヒヤ過ごしました。
ちょっと思い出したのは、混み混み時間の電車をホームで列を成して待っている時のおばさま達のそれ。一歩でも早く電車内に入って空席を探そうとする準備態勢戦闘態勢。(笑) 前に並んでいる人の背中におでこを付けんばかりの勢いですよね、あれって。で、前の人は何だろ?って後ろ振り返るけど、ご当人には何の罪悪感も無い。みたいな。
いや、今日の女の子や、僕の周りの近距離者に対して、罪悪感を持てと言う気は全く全く無いけれど、、、ちょっとドキっと、何だよ?って思うんですよね〜。

これって、やっぱり生まれながらの癖というか、育った環境で変わるんですかね〜。人と会話するとき、いや会話が無くてもいい、人と人との心地よい物理的な距離の計りかた。

ね? 全然重たいテーマじゃないでしょ? 微笑ましいというか何というか。
みなさん、どうですか?


« てへ!! | トップページ | 春一番に想ふ。 »

コメント

うん。顔と顔との距離(頭と頭というのか)とかって相対する人と合わないと落ち着かない。
近すぎると嫌よね~。自分の吸う空気が素直に吸えなくなる気がして苦手。電車乗るときはまさにそうだわ!わたしは鞄を後ろ目に持ったりするよ(^^;)うしろの人よけ。
満員電車に乗ると、その「保ちたい距離感」はすべてパーになるんだけど・・・・。

chiyuki さま

あはは!! 満員電車は無理だわ。(笑)
そ、だから、その人と会話するとかっていう、意識的にコミュニケーションをとろうとする時ね。ホント、距離感って面白いよね〜。
あ、アンサンブルするときとかも思わない? 楽器を配置するときの「無意識」な距離の取り方。意図的なのは別だけど、初っぱなそれぞれが無意識にセッティングした後、「もうちょっと離れる?」とか「もう少し近い方が良くない?」とか、ね。よくやるよね。そんな距離の取りあいを自然に出来る人って、やっぱり合ってるんでしょうし、「へ〜、そうなんだぁ。」な人からはその距離感の感じ方を学んだりするし。面白い。ん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« てへ!! | トップページ | 春一番に想ふ。 »