演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 復活〜!! | トップページ | 刺激で充電 »

呼吸

昨日も冒頭に書いたとおりの事情で、投稿が遅れました〜。
書きためておいたものを、コピペ。(公開日時は修正で。)

------------------------------------------------------------
12/6。今日も昨日に同じ。N響リハーサル〜大学レッスン。

早起きって、やっぱり辛いけど。今なんか、寒しいさ。
まだ眠たがったている身体に「ほらほら、もう起きろよ〜!!」って諭す(?)のも、なかなか楽しいものです。あ〜ぁ、一人モンを謳歌しすぎてるよぉ〜!!(泣)(笑)

昨日と同じような生活、同じようなくたびれ具合?な感じですが、今日はちょっとだけタケシマガソリン(なんだよ、それ)を注入したので、少し回復め。(笑)

今日は、大学のレッスンで「呼吸」について考えました。僕の柱の一つです。
いっぱい吸って、いっぱい吐きました。
いっぱい以上吸ってみて、あり得ないくらい吐きました。
吸った空気を、身体のあちこちに入れてみて、
身体のあちこちに滞った空気を、吐ききってみました。
頭がジンジンしてきたり、窒息しそうになったりしました。

あ。あ!!
空気を身体の隅々まで感じた学生は、何か見つけたようでした。
声も姿勢も顔つきも奏でる音も、変わりました。
良かったぁ。

打楽器って身体使うでしょ。使うんですよね〜。
その身体を動かすためのガソリン「酸素」を体内に注入する為の作業である「呼吸」について考えることは、絶対的に必要不可欠なプロセスなんじゃないかな、と思っています。
あくびをするような呼吸で、感極まっていてもたってもいられないような身体の動きって、実際出来ませんよね。
打楽器を叩きまくって練習しまくって、だけが、上達する方法ではないんです。


あ。
あのぉ。何の「宣伝」でも「勧誘」でもありませんから!!(笑)

« 復活〜!! | トップページ | 刺激で充電 »

コメント

そうですか・・・打楽器でも呼吸と言うのは大事な要素なのですね・・。それは、楽器を奏でる方々なら誰しもが考える事なのでしょうかねぇ。
「歌うように奏でろ!!」とは、よく耳にする言葉ですけれども、結局最終的には、『歌う』と言う事に集約されるのではないのでしょうか?

コレは私の持論ですが、歌の上手な方は、楽器もお上手だと思います。

自分で声に出して歌ってみる事、それは自分の身体の中に、しみこませる作業と同等ですからね。そして、声にすることは、必然的に呼吸も関係しますからね。大切な事なのだと思いますよ!!!

Pierrot le fou さま

そうですね。歌うことも大事ですね。
歌うことももちろんですが、「話すように演奏する」「普段あらゆるモノに触っているように打楽器に接する」ということも大事だと思っています。
「歌」という音楽に限定したことではなく、日常生活で何気なく出来ている動作や感覚を、そのまま音楽にもってくるべきだと思います。
何も、特別なことしてるわけじゃないですからね。音楽するって。

一応言い回しに語弊があったかもしれないので、付け加えて述べさせて頂きますと、『歌う』という作業自体、唯フレーズをなぞって歌う事なら、誰だって出来るのでしょうが、本当に『歌う』と言う事は、『訴える』、すなわち『語る』作業なんですよね。
それは有る意味、役者が台詞をあたかも自分の経験のように述べていく事と同じ事だと思うのです。
あらゆる音楽には、必ずドラマがあります。その音楽を生み出す過程で
作曲家が自分の思想や経験を取り入れて作る訳ですよね。
奏者はそういった思想を、まず自分の経験として受け止め演奏する必要があると思うのです。それは、ある意味、役者が台詞を自分の経験として述べていく事と同じだと思います。
そういった点を考えるならば、メンタルと楽器は一体にならなければいけないのだと思います。

『歌』は3分間の芝居だと言います。
芝居をする為には、自分自身が声楽技巧をニュートラルにしなければ、
芝居できないのは当然です。
それは、即ち、楽器と一体化しなければ、出来ない事ですから。
結局は結びついている事なんですよ。

Pierrot le fou さま

僕が大学でレッスンしていることの大半は、曲を仕上げていくということではなくて、音を出すって、打楽器を叩くって、どういうこと?というところ。それが考えないで作品を演奏しても深められないと思っています。
ある曲を演奏するためにどうしようか、ではなく、まずは「普段の日常生活」と「音楽するということ」を別に考えるのをやめてみようよ、というテーマです。
楽器を目の前にした時点で、悪い意味で「別の人間」になってしまう人は、意外に多い気がします。
方法論じゃないんですね。

若しかしたら、私の勘違いだったかもしれませんね・・・
竹島さんが仰りたいのは、つまり、『音楽』をする以前の、
『基礎』や『土台』の事なのでしょうね・・。
例えるなら『彫刻を作る為の石を削るとは、どういう事か?』って所でしょうか?勿論、歌だって歌う以前に、『声を出す事』『発声』は永遠の課題ですし、クラッシックバレエだって、踊る前の足を出す作業(所謂バーレッスン)とも関連してるかな??
つまり、結局、身体を使う作業は、基礎を突き詰めると、『深い』んでしょう。
大変だけど、つきつめるのとつきつめないのとでは、絶対違いますよね。

やっと解りました・・竹島先生!!!

Pierrot le fou さま

先生だなんて、、、とんでもない。またまた。(笑)
僕も、探しながら考えながら悩みながら、です。音楽家誰しも、そうでしょうね。答えなんてないんだから、常に歩き続けるんですよね。
でも、ホント打楽器の演奏の根本って、普段の生活での身体の動きと変わらないんですよね。管楽器に代表するような「演奏ならではの特別な身体の使い方(唇をふるわせるとか、唇を巻き込むとか)」って、あんまり無いんです。
だから、日常生活で打楽器が上手になるんですよね。それを、教えてあげたい。
打楽器って基本的に音がでかいモノが多いし、楽器の数も多いし、図体がでかいモノも多いので、色んな条件的に、「楽器触る時間がなかったので、うまくいきませんでした。」っていうこともあり得るっちゃあり得ますが、実はそうではないんだと思ってるし、自分でも実感しています。

基礎っていうより、考え方なのかな。

ま、演奏うんぬん、音楽うんぬんは別としても、自分の身体をよく知って隅々まで自由に使えるようになったら、絶対に楽しいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 復活〜!! | トップページ | 刺激で充電 »