演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 罰が当たった? | トップページ | 今日は、藤沢より »

逗子ズッシリ

今日は、なぎさブラスゾリスデンのリハーサル in 逗子。

行ってきましたぁ〜、逗子へ。
十分通勤圏内だし、そんなに遠いことは無いんだろうけど、、、ん〜、旅でした。(笑)
大きなレンタカーに楽器満載で、青空と太陽の下ちょっとしたドライブ。高速道路をひた走り、横浜ベイブリッジなんて通ってみたりして、気持ちよかったなぁ。

僕は、神奈川生まれ神奈川育ち。大学寮に入ることで神奈川を離れ、以来10数年東京生活が続いていますが、、、今でも、仕事や何やで神奈川県に入ると、何かホッとするような感覚があります。なんでしょうね〜、これ。「神奈川県」という名が付けば?、僕のふるさとと遠く離れていたとしても、何だかふ〜っとなる、というか。
僕にとって「いいとこ」なんですね、きっと。

みっちりリハーサルしましたよ〜。くたびれましたぁ〜。
運んだ打楽器の搬入や綿密なセッティング、ピアノの練習もあり、リハーサル開始の3時間前に逗子入り。リハーサル終了後も、打楽器の保管場所への移動や何やらで居残り。他のメンバーに比べ、ものすごく長い時間逗子に居ました。リハーサルの前後に一番時間をたくさん要するのが、打楽器ですね。リハーサルが始まる前に一汗一仕事、リハーサルが終わってからもう一汗一仕事。いつもTシャツを余分に何枚か持ち歩いています。(笑)

このなぎさブラス、僕以外のメンバーはみんな金管楽器なんですね。当たり前ですが。
これ、面白いモノで、楽器によってリハーサルの進め方やペース配分が全然違うんですよ。金管楽器の方々は、何と言っても「唇」や「口」を酷使なさっているわけで、体力や集中力といったもの以外に、意識をしなければならない部分が、身体の中にあります。なので、正直、打楽器の僕が「あれ、もう休憩?」って思ってしまう時でも、彼らなりの正当な理由があるわけです。タラタラやっているのとは全く違う。多めの休憩や、曲の練習中の雑談にも、ちゃんとした意味があるんですね。音楽やってらっしゃる方は、わかると思いますが、、、面白いですよ〜。

逗子在住の素晴らしいトランペッター神代修(くましろおさむ)さんが中心となり、逗子なぎさホールや逗子市文化事業協会のご協力があっての「なぎさブラス」なので、逗子を中心とした活動が多いですが、、、いつか都内で演奏会が出来たらいいなと思っています。
金管楽器の方々のこんなにもな超絶技巧、なかなかお目にかかれません。今回は、モーツァルトフューチャーということもあり、速い音符の曲が多いんですね。トランペット、チューバのピストン。ホルンのロータリー(ピストンもロータリーも、音を変えるボタンみたいなやつね)。トロンボーンのスライド(音を変えるために腕を伸ばしたり縮めたりして動かしてるやつ)。これらが、わけがわからないくらい超高速で動きまくり過ぎちゃって、、後ろで「ド〜ン」とか「シャ〜ン」とかやっている僕が少々間抜けな感じ。(笑)
あ、でも、僕もピアノがあるのでね。それで許して!!

何がともあれ、楽しいアンサンブルです。是非みなさんにも聞いていただききたい!!


というわけで。
今日の夕食は、何としてでもコンビニ製じゃないものを、と思い、、、朝も昼もコンビニでしたが、、、何とか意地で?とあるお店で食べてきました。よって、こんな時間。

あぁ〜、、、ぎょえ、、、頑張るぞ!!

« 罰が当たった? | トップページ | 今日は、藤沢より »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 罰が当たった? | トップページ | 今日は、藤沢より »