演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« Merry Christmas!! | トップページ | せっせせっせ。 »

タケシマ映画祭(笑)

Chirstmas、みなさんいかがお過ごしになられましたか?
東京は今、ちょっと雨がぱらついていますね。まぁ、ホワイトにはならないか。

今日は、夕方にレッスン一つ。久々にの〜んびり寝ました。
ホント、僕は寝ていろと言われたら、いつまででも寝ている質で、、、なるべく起きたくない。(笑) 目が覚めても、そのまま布団の中でゴロゴロして、本を読んだり考え事をしたりしているうちに、またうつらうつらしてきて、二度寝。なんて幸せなんだろう、、、ってね。(笑)
逆に、のどが渇いたりトイレに行きたくなったりして、布団を一回出てしまうと、ゴロゴロ欲は一気に消え去ります。
とまぁ、ぐうたら癖暴露はほどほどにして。

昨日借りてきたビデオ数本の中から、昨晩は映画を2本見ました。
「天使にラブソングを」と「天使にラブソングを 2」。もう、何度となく見てる、お気に入りの一品です。(買えばいいのに。笑)
ん〜、やっぱり良いなぁ。久々に涙腺もゆるみ、心が浄化された気がします。
って、このタイトルは、「洋画コメディコーナー」に置いてあるんだよね〜。まぁ、笑いどころ満載だし。でもね、音楽をやっている人間だからなのかわからないけど、泣き所もたっくさんあるっす。なんていうか、嬉しさとか感動とかを覚える小さなポイントがたくさんあるんですよね。僕にとっては。

僕は、感動したりして涙腺がゆるむポイントが、他人よりちょっと浅めなのかな? よく「なんで〜?」って聞かれるのは、「ミセスダウト」で泣けてしまったという逸話。僕から言わせると、「なんで泣けないの〜?」なんだけどね。
僕の好きな映画は、、、ドキュメントだったり、人生モノだったり、結構「考えさせられる系」「後々重たい系」だったりします。コメディも、ごり押し系じゃなければ比較的好きかな。
非現実的なものや殺し合い系、甘すぎる恋愛モノは苦手です。はい。

家で映画を見るときは、まず部屋中真っ暗にし時計とかも目に入らないようにして、まず現実逃避の体制を整えます。(笑) で、台詞や音楽などの「音」をもれなくしっかりと聞き取る為にヘッドホーン装備して、どぷどぷ〜っと浸ります。あとは、お酒が少々あったりなかったり。
映画館で映画を見るのがあんまり好きじゃないんです。何だか気が散っちゃって。また、今の流行りかもしれないけど、画面も大きすぎるんだよね〜。迫力はあるけど、集中力や説得力に欠けるというか。
なので、自分の世界に入り込みまくりで全くOKな「自宅」で映画を楽しむのが好きなんですよ。

ん? 寂しそう? そんなこと、全くないよ〜!!(笑)
ホント、僕の映画の楽しみ方なんです。完全にドラマに入り込む。余韻もすべて。

さぁ、今日はどれ見ようかなぁ。。。
みなさんは、どんな映画が好きですか?

« Merry Christmas!! | トップページ | せっせせっせ。 »

コメント

私の場合、最近の映画よりも、大昔の映画が好きです。
邦画なんかでは、小津安二郎監督なんかいいですね・・。
『東京物語』『晩秋』
後は溝口健二監督の『赤線地帯』『雨月物語』等
後は黒沢明の『羅生門』『七人の侍』などなど・・・。

洋画ならば数え切れない程ありますが、取り分け
ヨーロッパ映画の方へ行ってしまいます。
ヌーヴェルバーグ系ならば、ゴダール作品
『気狂いピエロ』『女は女である』『アルファヴィル』等
フェリーニ作品なら
『道』『カリビアの夜』『魂のジュリエッタ』『82/1』
後はクロード・ルルシュの『男と女』等

どちらかといえば、私の映画の趣味は、
アーティスティック路線へ行きがちなのだけど、
最近、改めてルキノ・ヴィスコンティーの『ヴェニスに死す』
を見直したら、本当に素晴らしかった・・・。
初めてこの映画を見たときは、何てつまらない映画だろうと
思っていたのだけど、やっぱり年の功というか、年齢を経て
初めて理解出来る感情ってあるんだなぁと思うのです。

映画とは・・・そんな奥深さを持っています。

Pierrot le fou さま

おうおう。たくさんのタイトルありがとう。
いつか見てみよう。

面白いよね。
映画って、「生」じゃないんだよね。「ライブ」じゃないんだよね。
音楽はやっぱり生だと言いつつ、生じゃないもののすばらしさをこれだけ感じることの出来る自分を幸せに思います。
良い物は良い。それだけだ。

スタイルやジャンルやカテゴリーなどという、あらゆる「枠」にこだわらず、良い物探ししようね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Merry Christmas!! | トップページ | せっせせっせ。 »