演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« まだ出先〜!! | トップページ | 普通めな日曜日 »

もおつあるとぉぉぉぉ。

ふぅっ。帰り着き〜。ただいまぁ。
今は、12/2 26:00くらいかな。12/2の日記です。


今日も長い一日でした。
朝からレッスン一つやって、昼からピアノさらって(!!)、夕方からライオンキング、その後友達に楽器を貸してもらいに行って、、、今、やっと帰宅〜。呑んできたわけじゃぁございません。(泣)
これから夕飯です。あぁ、またコンビニ飯だなぁ。食べながらで失礼します。(笑)

ピアノさらって、、、に突っ込みを入れときましょか。

あ、まず、「さらって」ですが、、、あの、「人さらい」の「さらい」じゃないですよ〜!!
僕ら音楽業界、特にクラシック界でかな、「さらう」=「練習する」となります。ピアノを「さらおう(盗もう)」と思っても、そうそう簡単にできることじゃありませんからね。(爆)
以前にもちょっとふれましたが、12/13のなぎさブラスのコンサートで、ピアノコンチェルトのソリストを演じなければならなくなり、、、演じるって言わないか、、、猛特訓しております。

今年はモーツァルトイヤー。モーツァルトという大作曲家の生誕250周年にあたる今年、音楽業界では「モーツァルト!! モーツァルト!! モーツァルト〜〜〜!!」の連呼連呼、モーツァルトの大安売りを実施中。(笑)
12/13に開催予定の、なぎさブラスゾリスデン第二回演奏会でも、ご多分に漏れずモーツァルトを大フューチャーします。
弦楽器やピアノとは切っても切れない縁を持つモーツァルトが書いた数々の曲を、なぎさブラスという金管楽器と打楽器とピアノから成り立つアンサンブルで演奏するというわけで。なかなか面白いことになりそうです。

面白いことに、、、?

そう、モーツァルトの書いたピアノコンチェルト(ピアノソロ、オーケストラ伴奏)を、なぎさブラスで取りあげてくださっちゃって、ホント、くださっちゃって、ピアノソロを担当することに勝手になっちゃっていて、ホント、なっちゃっていて、、、さらっちゃってるわけです。

きっとみなさんもどこかで耳にしたことがあるであろう、とても有名な曲。ピアノコンチェルト第20番から第2楽章をお届けします。
このコンチェルト、3つの楽章(小分けにした曲?)で成り立っていますが、今回はプログラムの都合により、第2楽章だけ抜粋。とてもとても綺麗な曲です。

一応、細々とながら、ピアニストとしても活動はしているのですが、、、コンチェルトだなんて、久々だなぁ。最近は、アンサンブルやオーケストラの中のピアノや、何かソロ楽器の伴奏ピアノを担当するということが多かったので。も〜、特訓特訓です。

昔、ピアノをバリバリ弾いていたころと何が変わったって、、、「手の形」。
今は、バチを持って叩いたり、素手でそのまま叩いたり、重たい楽器を運んだり(笑)することが自分の活動の真ん中にあるので、必然的に昔とは「手の形」が変わってるんですね。分厚く、というか、ごつく、というか、、、決してピアニストの手じゃない。(爆)
特に、モーツァルトが書くピアノ曲というのは、指先をコロコロ細やかに運ぶテクニックを使うものが多いので、、、
ん〜? え〜? と、自分の手のひら指先をにらみながら、せっせと特訓です。
で、また、このなぎさブラス演奏会でも、このコンツェルト以外の曲は「打楽器奏者」ですからね。通販で「手だけ激やせダイエット10袋入り」を購入するわけにもいかんのですわ。

でも、まぁね。またとない機会ですし。頑張ります。
モーツァルトがボージャルドにならないように。


ふぅっ。食べ終わりました。(笑)
今日は、風が強くて、落ち葉がカラカラ舞ってました。車から降りて買い物しながら、踏んでみたりしました。何だか、ものすごく「季節」とか「時間」とかを感じます。次に暖かくなったときには、また生き生きとした葉っぱをつけるんだろな。
カラカラ落ち葉の中のポイ捨てゴミ、ホントにホントにいらない。

« まだ出先〜!! | トップページ | 普通めな日曜日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186300/12911822

この記事へのトラックバック一覧です: もおつあるとぉぉぉぉ。:

» 近衛秀麿―日本のオーケストラをつくった男 |大野 芳 [本・書籍のポータルサイト 本のことならこのサイト!]
日本で最初の本格的職業指揮者であるとともに、日本の交響楽史を切り開い た音楽家、近衛秀麿。長らく日本の西洋音楽史の影に埋もれていた近衛にとって、本書は初の評伝となる。 [続きを読む]

» 吹奏楽ファンサイト ネットで探す吹奏楽に関連するものたち [吹奏楽ファンサイト ネットで探す吹奏楽に関連するものたち]
吹奏楽が大好き!!ビッグバンドから小編成のバンド、関連するCDやDVD、書籍やグッズを集めました。 [続きを読む]

« まだ出先〜!! | トップページ | 普通めな日曜日 »