演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 夜中練習 | トップページ | ヌ〜ヴォ〜!! »

考える

今日は、大学でレッスン。
僕のレッスンは、カウンセリングみたいだって言われるんですよね。(笑)
今の学生は、色んな意味で本当に忙しく、じっくりみっちり練習するという一番大事なことが、出来ないでいたりするんです。まぁ、正直どうなのよ、とも思いますが、学生ならではの事情もあるでしょうし、学校行事でてんやわんやということであれば、一概に文句も言えない。(笑)
で、そんな忙しい最中に、難しい曲にチャレンジしようとすると、どうしても「何となく」な演奏になってしまいがちなんですね。「考える」ということを忘れてしまって、または「考える」という時間がなくて、ただただバラバラ弾き飛ばして終わってしまう。
でも、結果的には「考える」という作業をすることで、練習時間も短くて済むし、完成度の高い演奏に行き着くと思っています。
だから、「考える」ってどういうことかなぁ、と教えてあげてるんですね。
っていうか、「考える」について、一緒に考えてる、といった感じ。
曲について、考える。
音について、考える。
楽器について、考える。
フレーズやメロディーについて、考える。
和音について、考える。
テクニックについて、考える。
イメージについて、考える。
自分について、考える。。。

今日も、たくさんしゃべりました。(笑) 結構、体力も気力も消耗するんですよね。
でも、ある3年生の子が、「考える」について何か見つけたらしく、一ヶ月前とは全く違った演奏をするようになっていて、それはそれは本当に嬉しかった!! これを忘れないでいてくれるといいんだけど。。。

そして、レッスンすることで、僕もまた「考える」楽しみが増え、結果自分自身の糧にしていくまでです。

ん〜、今日は真面目。(笑)

« 夜中練習 | トップページ | ヌ〜ヴォ〜!! »

コメント

うちの会社の専務(直属ではない人で研究者肌のメキシコ人)の口癖も「考える」。
戦略は人に相談する前に熟考する。等々。。。
まあ、それより落として、万人向けに言うと、
データを見て感覚で計表を作成するよりも、まず、イメージでどうなるか「考える」それは他の人が見ても見やすいか「考える」。色々な角度から考えて、自分でヨシッと思ってから作成した方がやり直すムダが省ける。
慣れている業務で、忙しく後ろから追い立てられるように働いていると、"早くやらなきゃ"と「考える」を飛ばして作業しながら考えることが多いんだけど、一旦止まって「考える」から始めるのが一番近道なんだと。(考える時間が長すぎるとアウトだけどね。。。)
ちょっと話はそれているけれど「考える」は大切だなと思ったのでコメントしました。
私生活なら「怒る前に考える」とか?(昨日、母親とそのことについて話した。笑)

それにしても、竹島君はいっぱい考えそうだよね~。

yukoちゃん。

いっやぁ〜。超同感なお話、ありがとう。
そう、そのまんま、そのものです。
ちょっと、yukoちゃん、今度学生のレッスンしてくれない?(笑)
あ、専務か。。。

では、後ほど〜っ!!

なんだかレッスン聴講に行って見たいなぁ・・・
おk?

さとおっちゃん。

こっちらこそ、さとおっちゃんのレッスン(授業?)を拝観したいわ。
そろそろ、呑まね?(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186300/12691209

この記事へのトラックバック一覧です: 考える:

« 夜中練習 | トップページ | ヌ〜ヴォ〜!! »