演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 何を伝える? | トップページ | 何喰おう。 »

なぎさブラスゾリスデン

今日も、昨日と同じく、楽しい仕事リハーサルでした。

そう、楽しい仕事リハーサルって、何やのよって言われそうですね。
「なぎさブラスゾリスデン」という、金管十重奏+タケシマで成るアンサンブル。
金管十重奏というアンサンブルは、トランペット4本、ホルン2本、トロンボーン3本、チューバ1本で編成されます。「なぎさブラス」では、その金管十重奏に、「タケシマパート」という打楽器とピアノとを曲中にでも行き来するマルチなパートをプラス。まぁ、専門用語で一番近い言い方だと「金打十一重奏」となるのかな。でも、ピアノも入るしな。ん〜、といったところです。

オーケストラでは、1人のプレーヤーが担当する楽器の数は少なめ。1人1楽器ということが多いかな。また、トライアングルを演奏した10小節後にタンバリンを演奏するといった「かけ持ち」をすることもありますが、それでも、1人10楽器ということはまずありませんね。
逆に、打楽器のソロの曲というのは、何種類もの楽器を自分のまわりに並べて、あちこち手を伸ばし、全身を使って演奏するというものが大半です。

僕も、打楽器が関わる色んなスタイルの曲を演奏してきましたが、自分のまわりに打楽器を色々並べた中に「ピアノ」まで組み込んだのは、このアンサンブルが初めてです。

「なぎさブラスゾリスデン」の第一回演奏会は昨年の暮れでしたが、下記の楽器達を並べまくって演奏しました。

ティンパニ4つ、シンバル2つ、大太鼓、小太鼓、銅鑼、スタンドに付いたタンバリン、スタンドに付いたトライアングル、スタンドに付いたカスタネット、譜面台3つ、一番大きいグランドピアノ。

想像できます? (笑)
これらを、曲の中でかけ持つんです。右手で小太鼓、左手で大太鼓とシンバルを演奏して、数小節後にピアノ弾いて、またすぐティンパニに戻って、、、っていう具合です。

そして、僕の前には、金管楽器の方々が、自分専用の椅子一つ、自分専用の譜面台一つ、自分専用の楽器一つで、優雅にずらっと並んで。。。
 後ろで、あっちゃこっちゃ身体を動かして汗かいて頑張ってるっつ〜の!!
 忙しすぎて、椅子に座ってる暇なんて無いっつ〜の!! (笑)
「なぎさブラス」の為に、作曲をしてくれる方、編曲をしてくれる方が数人いらっしゃいますが、また面白がって僕のパートを忙しくしてくださるので、身体も頭もフル回転。ん〜、痩せるかなぁ〜。

でもね。その、金管楽器の方々というのが、それぞれあちこちで大活躍の若手スーパープレーヤーだらけ。すっごい音しますよ〜!!
なのでね。器用貧乏ゆえ、足を引っ張らないようにせいぜい頑張らねばな、と、せっせと動き回って演奏するまでです。

12/13に、神奈川県逗子市のなぎさホールで、第二回の演奏会があります。
そう、「なぎさホール」にちなんで、「なぎさブラス」なんですね。
今回は、第一回に比べ、楽器かけ持ちの忙しさはほどほどですが、
何と言っても、未だ目玉が飛び出てる企画?は、、、

「ピアノコンチェルト」

ピアノコンチェルトのティンパニパートを担当する訳じゃないんですよ。
ピアニストっす。。。

ったく、もう!! はいはい、頑張りますよ。(笑)


あ、昨日のお話に関する僕の見解は、近いうちにここに書き込みますね。
まだまだ、ご意見お待ちしております!!

« 何を伝える? | トップページ | 何喰おう。 »

コメント

こんばんは。以前、名無しという名前(?)で一度コメントさせて頂いた者です。
昨日のお話について。
同じ事を伝えるのにも色んな言い方や方法があって、どれが間違ってるという事は無いけれども、どう伝えるかによって受け取る側の気持ちは大きく変わるものですね。難しい事は分からないですが、打楽器音楽っていわゆる「現代音楽」って言われる事が多いですよね。だけど一方で、雨乞いや豊作を祈る音楽として昔から打楽器が使われてたのも事実で、それは必ず神様や誰かに何かを伝える、っていうコミュニケーション手段の一つだった。普段は音大で勉強している私ですが、そういう意味での音楽を出来る人ってあんまりいないと思います。上手いだけの人と魅力的な演奏が出来る人の違いって、音楽でコミュニケーションが出来るか出来ないか、と言うことも関係あるのでしょうか。
私が言いたい事、ちゃんと伝わったでしょうか?長々とすみません。是非意見聞かせて下さい。

なぎさブラス、いいなぁ~~。
今をトキメクお兄様たちがたくさんいらっしゃるじゃない~~~。
う~~~~~、魅力的ぃ~~~~。
神代さんのホームページでも見ました。
行きたいなぁ・・・・・。
もう、とにかく、おもしろそう!!!これにつきる。
ドライブがてら、行くかなー?

・・・・・でも、逗子、かぁ・・・・・、逗子、ねぇ~~~~。
ん~~。まよいちゅう。
次の日なんにもなかったらなぁ~~~。

酒井さま

そうですね〜、難しいところですね〜。
僕のリサイタルを聞いていただけたら良かったな。(笑)
また、似たテーマで、何度かこのブログに書いているので、良かったらお時間ある時に読んでみてください。
誰かの為であろうが、自分の為であろうが、そこにちゃんとした説得力をもって創り上げられる音楽に、嘘はないでしょう。
そして、現代音楽と一括りにされる、ちょっと難しめな音楽にも、ちゃんとしたメッセージや主張が明確に提示されているモノも多々あります。
言葉って、何のためにありますか?
僕は、その言葉の一つとして「音楽語」を話しているので、話していたいので、言葉について考えるのと音楽について考えるのとを、全く同じに捉えています。
でも、本当に人それぞれです。答えはありませんね。


chiyukiさま

そう、逗子なんですよ〜。逗子のホールで生まれたアンサンブルなんでね〜。
神代さん、ホント素晴らしい兄ちゃんです。。。 昔、怖くて恐くてコワくて、目があったら殺されると思っていて、、、いや、思ってない思ってないよね〜、みなさん!!、、、(汗)、、、でも、本当にあったかい兄ちゃんです。ちょい悪親父目指してるみたいっすよ〜。あんな真面目でいい人が、ちょい悪って。でも、わかる。
ホント、すごい音がするアンサンブルです。良かったら是非!!

わかります。
私が入学した時はお名前の通り、「神様」のような存在でしたので。
本当にあたたかい方という感じですね・・・・。Gdオケ2年目にして、ジワジワ浸透してきました。演奏も、なにもかも、素敵な方だ~~~。
うわ、行きたくなってきた!どんどん行きたくなってきた!なぎさブラス!

chiyukiさま。

来て来て〜!! (笑)
それこそ、メンバーには、chiyukiさんの学生時代を共にされた方も多いですよね。新日フィルや読響の方もいらっしゃるし。ほとんどお知り合いじゃないですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186300/12596452

この記事へのトラックバック一覧です: なぎさブラスゾリスデン:

« 何を伝える? | トップページ | 何喰おう。 »