演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 送別会 | トップページ | 鬼って笑う? »

おめでとう!!

ただいまぁ。楽しい送別会でした。(さっきのカキコミ参照)
美味しい中華で、N響弦楽器セクション有志の演奏があったり、ステージスタッフ仲間が作った爆笑?秘蔵映像があったり、微笑ましく盛り上がった楽しい会でした。
もちろん?二次会に流れ込み、今さっき帰宅。

今日の主賓、館岡吾弥クンとは、十数年の付き合いになります。
あ、名前の読みは「たておか ごや」。美術家であるご両親が、有名な画家「ゴヤ」にちなんで命名。すごいでしょ〜、すぐに覚えられる!! (笑)
初対面は、東京都交響楽団(都響)。僕が、オーケストラのエキストラのお仕事させていただくようになった頃、吾弥クンは都響のステージスタッフとして働き始めました。お互い大学生で、仕事場では下っ端のペ〜ペ〜だったので、何かと仲良くしていました。
そして、数年後吾弥クンがN響ステージスタッフの仕事をし始め、直後に僕がN響に入団しました。

僕ら打楽器奏者は、例えばオーケストラの演奏会でも、色々様々たくさんの楽器を使うので、ステージスタッフとの連携は必須。気遣いの鬼である吾弥クンとは、ホントに「あ・うん」の呼吸で仕事が出来ました。
現代音楽では大活躍の打楽器。N響での現代音楽系演奏会では、ものすごいテンションとパッションとをもって打楽器のセッティングをしてくれました。複雑で忙しくて大変なの、好きだったよね〜。(笑)

前述の黒川大亮クン(N響ステージスタッフ→音楽事務所。同級生の良い仲間。)が、N響の仕事を辞めた時も感じたのですが、、、
いなくなって、いなくなりやがって、すっげ〜困るし、すっげ〜寂しいし、、、でも、自分をより一層生かせるであろう仕事場に移っていく姿は、すっごく潔くかっこいい。仲間ならではの些細な心配とかはあるけど、心から応援します。

吾弥クンは幼少からヴァイオリンを学び、大学生の頃ヴィオラに転向し、今もバリバリ勉強中。素晴らしい腕前です。また、親御さんの血を受け継ぎ、絵心も超達者。
今後、吾弥クンの人生がどうなっていくのか、色んな意味でかなり見物?! (笑)

まぁ、今後も密接な付き合いは続きます。
気の合う若手演奏家で自主的に結成した室内オーケストラ「ARCUS」では、一応吾弥クンはステージスタッフ、僕は打楽器担当ですが、僕は出番が少ないため、ステージのセッティングを手伝ったりもします。
なので、あぁ、もう会えなくなっちゃうんだぁ、というジメジメした感慨はないけど、やっぱり、N響で彼と仕事できなくなってしまうのは、寂しいわけです。

ん〜、色々考えるなぁ。
僕の周りには、色んな刺激を与えてくれる仲間がたっくさんいて、幸せ極まりない。

« 送別会 | トップページ | 鬼って笑う? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186300/12652204

この記事へのトラックバック一覧です: おめでとう!!:

« 送別会 | トップページ | 鬼って笑う? »