演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« ARCUS | トップページ | シャンシャンどうする? »

健康かぁ。。。

今日も昨日に引き続き、ARCUSのリハーサル。そして、その後レッスン。

もう、ホントに寒くなりましたね〜。体調管理、しっかりしなきゃね。

僕は、ほぼ毎日、ビタミンBとビタミンCをサプリメントやドリンクで摂っていますが、、、ん〜、ホントは食事で摂った方がいいんですよね〜。何をどれだけ食べたらいいのか、全く見当も付きません。(笑)
そして、もし仮に、毎食バランスの取れた食事をとることが出来たとしても、適度な運動や、規則正しい生活、ストレスを溜めず、休養もしっかりとって、、、ってしないと、健康になれない的脅しに似た訓辞が多いですよね。(笑)

これ、全部完璧に実行出来ている人って、いるの?(笑)
そして、そのお方は、やっぱり超健康なんでしょうか。。。

あ、ひがみねたみ?じゃありません!!

« ARCUS | トップページ | シャンシャンどうする? »

コメント

私は笑顔と健康が取り柄だといろんな人に豪語しているのにも関わらず、極めて偏食な人間です。スナック菓子だけ食べて一日を終えた事もありました。
そのツケが今になってきているのでしょうか、激太りになったのです。以前の体重から約10kgも太ってしまいました・・。
それ以降、食生活にはかなり気を使うようになりました。今更遅いのではと、大半の方々がお思いになるだろうが、以前のような生活を今後も継続していったら、恐らく早く命を落としかねないので・・。
以上の教訓を胸に秘め、最近心がけている食生活は、朝、食べる時間が無い時でも、メカブとグレープジュースは喉に流し込みます。
メカブは体脂肪を溶かし、グレープジュースは下半身太りを解消するとの事です。半信半疑ながらもやってみると、日ごろの体調も良く、確か
に体脂肪率も減ってきているような気がします。(飽く迄も気ですが・・)さらに、メカブは胃の中で膨れるせいか、暴飲暴食を抑える効果もあるとの事です。

カロリーメイトやウィダーインゼリー等、食事代わりのものや、カプセル等で栄養分を補うというのが、近年お決まりの食生活だそうですが、そんな栄養の取り方は、手軽ではあるけれども、やはり、自然食品(海のもの、山のもの)から比べたら、健康維持としては難しいのでは?と
最近思いますね。

理想的健康生活をやりつつ゛ける事は、飽く迄も理想であって、殺伐とした現代社会を生きる為に、私達はしばし、身体を酷使してでも遣り通さなければいけないシチュエーションに立たされる事が多いですよね。

でも、そうはいっても、結局「病は気から」という言葉にもあるように、各々の気持ちの持ちようが、病気になるか、健康的に生きれるかに
分かれるのではないのでしょうかねぇ。
煙草を吹かす事の大好きな癌患者に、煙草を禁煙させるよりかは、煙草を吹かす事によって、ストレスをなくす事の方が、よっぽど健全に生きられたりって事もあるのですからねぇ!!!!!(笑)

むずかしいね。でもさ、まんべんなく完璧な栄養を適量とる、なーんてさ、できないよ。動く量も頭使う量も日々違ったりするんだし・・・。
心がけるのは、30過ぎたら炭水化物は8分目、油は控えめ。野菜は多め、あとはつまみ食べたり、肉魚は必ず口に入るでしょ、そんな感じでは?
色をイロイロ食べる、ぐらいに思ってればある程度良いと思うよ。
健康オタクな方やスポーツ選手は良いとして、どれもパーフェクトなんてありえないと思うな。人間、少しぐらい「負の部分」を負ってないとね~(笑)

Pierrot le fou さま

そだね。。。
僕は、「ガソリン用食事」と「心から楽しむ食事」とを別けて考えることで、何とか乗り切っているような気がします。
「病は気から。ストレス溜めずに食べたいときにちゃんと食べよう」は大賛成。
ただ、それに甘えすぎたり、いっつもストレス感じちゃってるとなると、、、やばいよね。(笑)
僕は、あんまり「自主的お菓子摂取」をしないので、お菓子系は大丈夫かと思われますが、、、「タケシマガソリン(別名「アルコール」っていうらしい?)」の過剰摂取には、自主的に気をつけた方が良さそうです。(笑)


chiyuki さま

そう、気をつけられることから気をつけよう、しかないですね。今まで気をつけてこなかったんだから、まず気をつけることから。
一人暮らし、キッチンは楽器だらけで「キッチンってどこ?」な生活を送る身としては、少なくとも、多くの外食の中にその意識を投入していくことから始めるほか無いかも。

でも、そう。
どれもパーフェクトなんてありえない。。。
栄養をパーフェクトにとるという「手段」的角度から処方をしたところで、それによって自分に何が起こるかが明確にわかっていなければ、何の意味も持たない、、、生活にも演奏にも通ずる意識ですね。
手段だけパーフェクトにしたって、身体や気持ちが伴わなければ意味はなく。
身体や気持ちだけパーフェクトにしたって、手段を知らなければ意味はなく。

ん〜、深いぞ。
とりあえず、夜の暴食を抑えることから始めようかな。
と、今思い当たり。。。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186300/12811234

この記事へのトラックバック一覧です: 健康かぁ。。。:

« ARCUS | トップページ | シャンシャンどうする? »