演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 健康かぁ。。。 | トップページ | ぐぅ。 »

シャンシャンどうする?

今日は、昨日と全く同じスケジュール。
朝からARCUSのリハーサル、夕方からレッスンでした。

あ、そうか。途中、お世話になっている楽器レンタル屋さんに立ち寄りました。
Professional Percussionという会社、僕の家から車で20分くらいのところにある日本を代表する打楽器レンタル業者で、ここ10数年色々な形でお世話になってきました。これからもずっとだな。
質の良いレンタル楽器の量はきっと世界の5本指に入るはず。その他、演奏家のわがままいっぱいの楽器制作や修理をも、二つ返事で引き受けてくださる頼もしい味方です。

街中あちらこちらで、X'mas色が強くなってきました。
そうだよね〜、あと一ヶ月だもんね〜。
僕ら音楽業界も、そろそろ「何かしらX'mas的」なシーンが増えてきます。
その為の楽器の仕込み、というか、とある相談に乗っていただくため、Professional Percussionに立ち寄りました。

そう、X'masの音楽と言えば?、僕ら打楽器奏者の楽譜に、ほぼ必ずと言っていいほど登場する「鈴」。
あの「シャンシャンシャンシャン」って鳴るやつね。トナカイの首に下がっているのかな。
12月に2つの大きな本番がありますが(詳細は後日ね)、その両方で、やっぱり「鈴」が大活躍します。
「鈴」には、ホンットたくさんの種類がありますが、一応「楽器」として製品化されているモノは意外にもそんなに多くありません。その中で、最も代表的なのは、すりこぎ棒(ゴマや山芋を擂る棒ね)に、大粒の鈴をたっくさん付けた感じの「スレイ・ベル」。右手に持って、高々に「しゃら〜ん」ってゆらりと振ったり、スレイ・ベルを持った左手の手首を、右手のげんこつで叩いたり(幼稚園にある鈴を叩くのと一緒)して、使います。

で。

X'masの「鈴」ですから、やっぱり「シャンシャンシャンシャン」ですよね。
そうなると、上記の後者にあたる「左手に楽器/右手はげんこつ」という奏法を選択します。なので、必然的に、両手を使って演奏することになります。
普通は。普通はね。
でも、12月の2つの本番で演奏するどちらの曲も、「鈴」が出てくる部分は、少なくとも片方の手がふさがっているんです!!
両手で演奏するからこそ「X'mas的な鈴」なのに、片手もしくは両手を使えない。
さて、どうしよう。というわけです。

もちろんね。「こんなの出来ません。無理なので、鈴は無くしましょう。もしくはテープで。」って言うことも出来るかもしれないけど、、、なんか、さぁ、、、なんか、ねぇ?(笑)

というわけで、Professional Percussionのスタッフさん達にお願いして、打楽器用スタンドや打楽器用部品、打楽器用じゃない用パーツや楽器的じゃない用手段(笑)を総動員して、何とかできないものかと一緒に考えてもらいました。
今回の「鈴」に限らず、こういうことっていっぱいあって、、、いつも「この無茶、何とかならないかなぁ」と相談に乗ってもらいます。
そんな今までの話し合いぶりを、例えば今日の件に置き換えて例えると、、、

「ゴムで吊した鈴を、げんこつの手で叩くのは?」
「げんこつの手には、すでに他の楽器を持ってるんだよね。」

「あ、足が余ってるよね。」
「あぁ、でも、そっちの足を楽器演奏に使っちゃったら、立っていられなくなるよ。」

「頭に鈴を付けたら?(笑)」
「あぁ、悪くないけど、、、
そうすると、他の部分を演奏するときに、どうしても影響するなぁ。(真面目に答える)」

みたいにみたいに、みたいなことを、真剣に考えてくれるんです。
それは、楽器制作をも手がけるだけのノウハウがあるからということはもちろん、機材や部品が恐ろしいほどたっくさん揃っているからであって、僕のような「何でも屋は何でもやりまっせ」的演奏家には、とても嬉しい環境なのであります。

今日の結論は、「足をうまく使う」に至りました。
演奏中に、重心をとる足を左右左右に細かくずらしながら、重心ののっていない方の足で、何とか「シャンシャンシャンシャン」とやる。

うぅ〜。筋肉痛必須。

でも、少なくとも、本番中に「足がつる」ことがないように、今日からジム通いと朝晩1時間ずつのジョギングとストレッチと食事調整をしま、、、、、、せん。(笑)
練習練習。

大変だし、「なにやってんだろ」が頭をかすめたりしないわけではないですが、、、
こういうこと考えるのも、実のところ楽しい。
だって、、、
「シャンシャンシャンシャン」ってX'masじゃん!!


盛り上がってる場合じゃない。
明日は、ARCUSの本番です。
どんな演奏会になるのやら。。。

« 健康かぁ。。。 | トップページ | ぐぅ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186300/12824549

この記事へのトラックバック一覧です: シャンシャンどうする?:

« 健康かぁ。。。 | トップページ | ぐぅ。 »