演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 何喰おう。 | トップページ | あ〜ぁ。 »

考えるって楽しいぞ!!

結局、30分ほど歩く隣町にある焼鳥屋さんに行ってきました。(笑)
静かに眠る住宅街を、のんびり歩いてきました。
星がきれいでしたぁ〜。明日はきっと晴れですね。
あ、余談ですが、明日オフになったのだ〜!!
どうしよどうしよ。(笑) まぁ、洗濯掃除は必須だな。


さて。
たくさんの方から「何を伝える?」の質問に対するご意見いただきました。このブログにコメントをいただいた方、実際会ってお話しした方、メールをいただいた方、本当にありがとう。
念のため、またここに質問内容をコピペしておきますね。詳しくは、11/6のカキコミ「何を伝える?」をご参照くださいませ。

------------------------------
ファーストフードのドライブスルー。車内からスピーカーマイク越しに店員さんに注文しています。
どうやら、ポテトが出来ていないらしく、ちょっと待つことになりそうです。
そのアナウンスは、どちらが気持ちいい?

①「ただいまポテトを揚げておりますので、少々お待ち頂いてもよろしいでしょうか。」
②「揚げたてのポテトをご用意しますので、少々お待ちくださいませ。」
------------------------------

圧倒的に「②が気持ちいいなぁ。」というご意見が多かったです。
な〜る〜ほ〜ど〜。
いやぁ、僕もずっと色々考えてみて、答えなんて見つかるはずがないけど、、、今も考えながらのカキコミ、、、色んなシュチュエーションをイメージして考えるのが楽しいです。

僕はですね、、、①がいいんだなぁ。
まず、ファーストフードのドライブスルーというのは、そもそも「車から降りずに!!」とか「待たずに買える!!」とか、とにかく利便性を追求した結果のサービスですよね。だから、揚げたてであるかどうかは、やっぱり二の次かも。そりゃ、揚げたてなら尚良しだけど、、、「尚」良しなんですよね。
で、本来、ストックより揚げたてを出すということは、料理店として考えると大前提なのでは?と。でも、そこで、ファーストフード店として、ストックでもなるべく揚げたて感が出るような機材を導入したり、食材の研究をしたり、調理のペース配分をしたり、してるわけですよね。
そしたら、それでもポテトが無くなった時には、ポテトが無くなったことをまず伝えて欲しい、と思うんです。揚げたてをわざわざ用意してくれてるわけじゃないからね。
そして、②は「揚げたて出すから、ちょっと待ってよ。」なんですよね。もしかして待てない側の選択肢が無い。まぁ、ホントに待てなきゃ、「待てね〜から、ポテトいらね〜よ。」って言うまでですが、ね。①のように「今、ポテトが無いんだよ。どうする?」って方が、コミュニケーションとしてはスマートというかシンプルな気が。

11/6に利用したドライブスルーで、②の対応だったんです。
「あれっ?」と思いました。会話になってない。。。
「○×ハンバーガーのポテトのセットをお願いします。」
「揚げたてのポテトをご用意しますので、少々お待ちください。」
ね? ちょっとずれてない?

ポテトが無いから、ポテトを作る間待って欲しい。これを、シンプルに伝える。
これが、一番大事なことだと思います。
ポテトがないから、揚げたてを作る、、、ちょっとニポンゴおかしくない?

そういえば、近からずとも遠からず、昔こんなことがありました。
先輩達と呑みに行って、先輩が「アジの押し寿司」を頼んだんです。そしたら、注文時には把握してなかったんだろうけどアジは無かったらしく、アジが無いことを言ってくれればいいのに、「アジが無くなってしまって、サバの押し寿司をお持ちしましたので、どうぞお召し上がりください。」と、美味そうなサバ寿司を持ってきてくれちゃったのです。
違うよね? まずは、アジが無いということを伝えないと。
先輩は、少しだけ申し訳なさそうに、でも一蹴しました。

力説してる風ですが、全くそんなことないんですよ〜。(汗)(笑)
①も②も、丁寧な言い方だし、全体的には「お客様の為感」が出てますしね。それがよくわかるので、全くどっちでもいいのですが、、、ちょっとだけ気になったんです。伝えるって難しいなって。

「揚げたてですよ〜!!」ってのも、サービスしてる感があるよね。
でも、待って。
高級レストランの常連で、裏メニューの特別デザートを出すってのとは、全く意味合いが違うんだから。
「揚げたてですよ〜!!」の本筋に何があるか。
ポテトを切らしているのか。
ポテトのストックはわんさかあるのに、なのか。


音楽って、自分のメッセージを伝える、という瞬間がたくさんあります。
自分の伝えたいメッセージを、まずシンプルに明確に伝えるには、どうするべきか。どういう言葉(音など)を選ぶべきなのか。
状況うんぬんは別として、自分の中の「随」や「芯」や「核」がブレない為の方法を、しっかり考えなくてはならないな、と思いました。
そう、ファーストフードで買い物という気軽で何気ない行為の中にも、音楽に結びつく大きなヒントが隠れていたりするんですよね。


考えるきっかけをくれたファーストフード店、ありがとう。
便利だから、また利用するからね〜!! (笑)

« 何喰おう。 | トップページ | あ〜ぁ。 »

コメント

拝見させていただきました。
なるほど!その見解はまさに正直ですね、
僕も実際に時間が無いときにドライブスルーに行きますから、
その時の状況では、嬉しいけど…
じゃあ待つわ。といいくか、じゃいらないとなるか。。

とても面白い議題でした。
ぜひ、また投げかけてください!

ハシモトさま

ん、正直というか何というか。
打楽器を演奏する基本の「叩く」って動作、あまりに簡単な動作ですよね。誰にでも出来る。
だからなのか何なのか、特に学生達は、すぐ「かっこつけよう」とするし、不自然な動きで「魅せよう」とするんですよね。クネクネしてみたり、妙に腕を振り上げてみたり。
でも、残念ながら、出したい音や表現したい音楽のことを最優先に考えた上でそのことに集中し、それに逆らうことなく身体を無駄なく自然に使って音を出した時こそ、その音は一番まっすぐだし、結果姿もかっこいいんですよ。絶対に。
無駄な装飾はいらない。表現したいことをまずちゃんと表現しようよ、というお話でした。賛否あろうとも。

あ、すごい見解の違い。性格の違いが分かるなぁ。笑笑
私、結構妥協しがちな性格(無理して妥協するわけではない)で面倒くさがりだから、注文して再度質問されると困っちゃうの。
アジなかったからサバにしました。「おー、気が利くね、ありがとう」ってなっちゃう。しかもサバは作りたてで新鮮です。とか言われたら、もうお店の思うツボ通り喜んでしまう。笑
ないのでどうします?って聞かれると、もう一度考え直さないといけないでしょ。そのあたふた感が好きじゃない。
なので「揚げたて出すからお待ち下さい」って言い切られた方がラク。
まあ、私が知り合いのお店にしか食事に行かなくて、シェフのことを信頼しているってことが大前提だけどね。

んー。竹島音楽を聴くためには、そういう見解にも目を向けなければならないね。
なるほどなるほど。面白い話でした!

yukoちゃん。

あはは。見解の違い!! そりゃぁ、性格違うもんね〜!!
yukoちゃんの意見も面白い。あ、そうかぁ、と思ったし、あ、yukoちゃんならそうだろなぁ、と、キャラ知ってるだけに他意なく納得。
いやいや、僕の音楽を聞くためにわかって欲しいなぁ、なんてメッセージじゃないんだわ。僕はこう思ったなぁ、みんなはどうなのよ、的な軽〜い感じ。

まっすぐで素直なコメント、ありがとよ〜。
最近、ヴォーヴィー行ってる?(笑)

宣誓!竹島音楽を聴くための妥協はしませんっ!笑

VIVO、最近ご無沙汰なんだけれど、ボジョレーカウントダウンには行くよ~(・∀・)/ 
会えたら♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186300/12613398

この記事へのトラックバック一覧です: 考えるって楽しいぞ!!:

« 何喰おう。 | トップページ | あ〜ぁ。 »