演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 鬼って笑う? | トップページ | 考える »

夜中練習

昼間からレッスンして、今一時帰宅。
これから、なぎさブラスのリハーサルです。

これから?

そう、21:00-25:00の夜中練習!!

メンバー全員、超多忙なので、こんな時間にしかリハーサルが入れられないんですね。うぅ、キッツキツだけど、何だかちょっとだけワクワクする。(笑)

では、行ってきま〜す。

« 鬼って笑う? | トップページ | 考える »

コメント

自分が心から愛する分野に対しての仕事の充実感は、例え周りの人達が、「それはキツイのでは?」と考えているような時間帯であれ、体力を惜しまず注ぐ事が出来るから不思議ですね・・。

近年、若年層、団塊の世代共、自殺者が急増しているようです。はたまた最近のニュースで騒がれている話題の中には、自殺予告の手紙が、差出人無記名で送られたり・・。

そういった彼等に共通する事とは一体なんなのでしょうか?

色々な見解が有ると思うのですが、私の見解としては、将来に対する展望が見えなくなると言う事が、一つの原因だと思うのです。

もし、自分自身、こう有りたいという信念を、切に願うような人々が、
沢山いたならば、こんなにも自殺者が急増はしないと思うのです。

でも、それは時代の風潮にも関係していると思います。
今の時代、本当の意味で不景気が回復したとは言いがたいと思います。
いや、寧ろ、貧富の差が、より激しくなったのではないのでしょうか?

なのにも拘らず、便利さはどんどん発達していき、多大な情報を瞬時にキャッチする程に成長してしまったのです。
昔では考えられない位、仕事に対する情報も、懇切丁寧に説明してくれる機関や、テレビ番組が制作される位です。

唯、そういった便利さゆえ、本当の意味での思いやり、人間関係の作り方が疎くなっていった事も事実です・・。

最近のマスコミやジャーナリストは、そういった点をしきりに強調していますが、私はそれよりも、自殺していく彼らに、「生きている間、色んな分野で成功した人達の伝記を読んで、大きな夢を持つ事が、如何に大切な事なのかを考えて欲しい!!!」と声を大にして言いたいのです。

私も音楽が有ったからこそ、今があると思います。

私も昔から虐められていた人間でしたし・・・。

音楽が私の人生の盾になってくれたのです。

どうか、皆 真剣に考えてください!!!!

せっかく与えられた命なのですから!!!!!!

Pierrot le fou さま。

ほうほう、でっかいテーマになっている!!
ん〜、いじめの問題は、本当に複雑だと思います。
大なり小なり、いじめの無い社会って存在しないんじゃないかなぁ、って思ってしまうほど、あちこちに散らばっていますよね。深刻なニュースも多いし。
いじめって、人が集まるから起こることが多いわけですよね。
人と人とのコミュニケーションの「短所」として、いじめというものが存在するならば、それを緩和する為に「音楽」は必ず役に立てると思います。
音楽家として、何かメッセージを送れると良いですね。
いじめる側にも、いじめられる側にも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186300/12672235

この記事へのトラックバック一覧です: 夜中練習:

« 鬼って笑う? | トップページ | 考える »