演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 終了!! | トップページ | 歳、かなぁ。。。 »

竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!"

9/27 26:30過ぎ。

リサイタルが終わって、既に24時間以上経ちました。
少〜しずつ気分も落ち着いて来て、余韻は後ろ髪ながらも、身も心も普段の生活のテンションに戻ろうとし始めています。
雨もない、静かな夜です。

終演後から今まで、たくさんの方から嬉しい声をいただきました。
顔文字いっぱいの興奮メールから、厳しい叱咤激励のお言葉。。。
僕が今、嬉しいお言葉も厳しいお言葉も、全てを納得して、真正面から受け取れる、のは、自分が全ての責任をもって、体当たりしたからだと思います。

「音楽」というものには、必ず付随する「楽しむ」という気持ち。
例えば、葬送の曲であっても、それを誰かに伝えるという行為自体には、コミュニケーションという前向きな気持ちが働くわけです。悲しみに200%うちひしがれているとき、それを「音楽で伝えたい」と思った時点で、0.00001%でも、前向きな何か(直接的に「楽しむ」ではなくも)が働いているはずです。

今回いただいたお言葉は、「楽しかった!!」というものが大半でした。
マリンバの超絶技巧がどうだとか、あの楽器の調整が良かったとか、そういうことではなく、2時間半弱のひとときを、無条件に「楽しいな」と感じて過ごしていただけたようです。

本望です。


大学受験の浪人時代に、アルバイトを経験しました。
一つは本屋さん。一つはファーストフード。
音楽大学を受験しようとしている僕にとっては、音楽とそんなに関係の深くない職種です。
この時を思い出しました。

僕は今、音楽家であり、常用語は「音楽」なわけです。
だから、昨日のように、またN響他の普段の活動のように、音楽でもって色々な人たちとコミュニケーションをしています。そして、自分の感情を発信しています。
アルバイトをしていたときも、僕は、その仕事を通して、何か人とコミュニケーションをとろうとしていた気がします。
色んな本の名前を覚えたり、「いらっしゃいませ〜!!」って声を上げたり。
これは、やらなきゃいけないからやるのではなく、やりたいなと思うからこそ、心からやるわけですよね。

やりたいことをやっている、というのが、プロなのかもしれない、と思いました。
上手下手ではなくとも、上手い方がいい。
美味い不味いではなくとも、美味い方がいい。
勝つ負けるではなくとも、勝った方がいい。
お金を稼ぐから、それで食べてるから「プロ」だという見方も、間違いではないかもしれないけど、
僕は、自分のやっていることを自分の言葉として発し、充実したコミュニケーションをとることができることこそ「プロ」という域に達するのではないかと思います。

「プロ」は「ステータス」ではない。

「プロ」というものに関して、色々な見解や考え方があるのは重々承知の上、
自分が、もっともっと色んな音楽を表現する、大きな人間になれるよう、努力します。


この余韻に浸り、記録用に録ったビデオを見ながら色々思いだしたりして、良かった点を見つけ、悪かった点を見つけ、必ずや、これからの自分の人生のガソリンや治療薬にしていこう。


秋の夜長は、まだ続きます。

« 終了!! | トップページ | 歳、かなぁ。。。 »

コメント

すばらしいコンサートでした。ありがとう。
音でのコミニケーションは下手な言葉より
ずーと多くの心が伝わるように感じます。
客席との一体感がヒシヒシと伝わって来ました。
継続こそが進歩なり、初心忘れるべからず!です。がんばれ!!(つきなみ?)

ブログを開くたびに、「行きたかった~~~!」って改めて思います・・・
いつか記録用のビデオを見せてもらいたいです・・・ってあつかましいかしら?!
何かの活動で東北に来る事があったら、是非連絡下さいね。
待ってま~す!
おばさん達にも会いたいです。

クラシックとは一味違う、何か新感覚の音楽を聞かせて頂きました。本当に充実したひとときをありがとう。普段は音響を・・・とか思って結構後ろの方に座るのですが、演奏者の、リズム奏者の全身で表現する呼吸を聞いてみたいと思い、前から3列目の中央に座ってみました。
静けさの中にもいつもビートがあって、激しさの中にも落ち着きがあって打楽器の楽しさを自分なりに実感しました。終演後楽屋の方に行けなくてごめんなさい。いつかお時間ができましたら色々なお話を聞かせてください。今後の活躍を心から応援します!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186300/12067679

この記事へのトラックバック一覧です: 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!":

« 終了!! | トップページ | 歳、かなぁ。。。 »